名古屋のシンボル「名古屋城」城下町をイメージした「金シャチ横丁」の「宗春ゾーン」を散策してみた〜

名古屋城 金シャチ横丁

尾張名古屋は城で持つ」と言われるくらい、この尾張名古屋には様々なお城(城跡)が存在します。その中でも名古屋のシンボル的な存在なのが「名古屋城」。一時は観光客も下火だった模様ですが、「本丸御殿」の建築&完成を機会に海外からの観光客などもぐっと増えて、最近では多くの方々でにぎわっている様子。

名古屋城巡り「本丸御殿」の豪華絢爛ぶりに驚きの連続!名古屋おもてなし武将隊にも会えるよ〜

そんな名古屋城に隣接して昨年2018年3月に新しくオープンしたのが「金シャチ横丁」。名古屋城の城下町をイメージ、地下鉄「市役所」出口から名古屋城にかけて「宗春ゾーン」「義直ゾーン」という城下町が創られました。「うまし名古屋を馳走せん」という文言通りに、名古屋を代表するような飲食店がズラッと立ち並んでいます。

オープンから1年余り、近くを通ることは何回もあったのですが、週末などはいつも人で一杯、なかなか立ち寄る機会がありませんでした。先日たまたま市役所方面を訪れる機会があったので、散策がてら覗いてみることに。

地下鉄「市役所7番出口」を出るとすぐ「宗春ゾーン」への入り口が広がっています。大きな「金シャチ横丁」という立て看板も作られていて、名古屋城への動線もわかりやすくていい感じ。

スポンサーリンク


名古屋城 金シャチ横丁

その目の前には「NAGOYA」と大きく書かれたデザイン文字モニュメントも。緑の木々に赤黄が映えてお洒落。

名古屋城 金シャチ横丁

「金シャチ横丁」入り口の立て看板。お城のお堀脇に沿って、ずらっとお店が立ち並んでいるみたい。

名古屋城 金シャチ横丁

こちら「宗春ゾーン」は新風起こす東門、新風・変化のエリアということで、新鋭の店舗が中心。新しい名古屋の食文化を描いた晴れ舞台ということで、気になるお店がずらっと横並びに立ち並んでいます。

こちらに見えるのが「SHIROMACHI GRILL」。グルテンフリー食材使用のスローフードイタリアンバル。地元の酒蔵さんと協力、日本酒を使ったカクテルなどを中心に、スーパーフードや野菜をふんだんに使ったヘルシー&スローフードのお店とのこと。

名古屋城 金シャチ横丁

ちょうど新緑の季節になり、緑の木々が新しい町並みに映えていい雰囲気。

名古屋城 金シャチ横丁

こちらが「あんかけ太郎」。名古屋名物の一つでもある「あんかけスパゲッティ」のお店。あんかけスパ老舗としては「ヨコイ」が有名ですが、その伝統を引き継いたこちらのあんかけスパも見逃せません。

名古屋城 金シャチ横丁

こちらが「bistoro 那古野」。今回自分的に一番気になったのが、こちらのお店。渥美半島産「保美豚」料理と多彩な洋食メニューが中心。コースから単品まで、お値打ち価格でランチ・ディナーが頂けるみたい。

名古屋城 金シャチ横丁

こちらが「立て看板」。コースメニュー「宗春コース」「家康コース」など2千円前後からあるみたい。単品メニューも「煮込みハンバーグ」や「オムハヤシ」など、千円前後のリーズナブルなものが中心。こちらのお店はぜひ近々食べに行きたいと思います。

名古屋城 金シャチ横丁

こちらが「フジヤマ55」。濃厚つけ麺、二郎系ラーメン、台湾まぜそばのお店。「日本の本物のラーメン・つけ麺を名古屋から世界へ!!」という意気込みで頑張ってみえるとのこと。台湾まぜそば、気なります。

名古屋城 金シャチ横丁

こちらが「saien」。毎朝一番仕入れるシーフードと有機野菜中心のカフェ&バー。「金シャチ横丁ソフト」なども店頭で販売されているので、これからの季節(春夏)人気になりそう。

名古屋城 金シャチ横丁

こちらが「創作串揚げ つだ」。新鮮食材と巧みな技による創作串揚げとワインのお店。こちらも気になったお店の一つ。ミシュランも認めた技を受け継ぐ、新鮮な食材、調味料まですべてにこだわった、おしゃれでおいしい創作串揚げ店とのこと。

「串コース(昼限定:串8本・あられ揚げ茶漬・デザート・エスプレッソ) 3,200円(税別)」からあるみたい。夜にゆったりとワインを呑みながら創作串揚げを味わう、とかいいですね。

名古屋城 金シャチ横丁

こちらが「CAFE DINER POP OVER」。ジェラートやスイーツ、本格的な肉料理なども取り揃えたカフェ&レストラン。氷温熟成の厚切ステーキ、肉料理や自家製パンが自慢とのこと。「低温熟成サーロインステーキ ¥1,830円(税込)」とかも肉好きには堪らない一品。

名古屋城 金シャチ横丁

こちらがお堀周り。新緑の季節を迎えて、お堀周りも緑が鮮やか。

名古屋城 金シャチ横丁

この日も好天に恵まれ、多くの方が散策に訪れていました。とくに外国人の方が多かった印象。直接タクシーで乗り付ける方もみえて、名古屋の観光名所の一つになっていることを実感。

名古屋城 金シャチ横丁

こちらから奥に行くと「義直ゾーン」そして名古屋城正門へと向かう道となります。義直ゾーンには「なごやめし」として有名な名古屋の伝統的な老舗が立ち並んでいます。こちらもまた折を見て訪れたいところ。

名古屋城 金シャチ横丁

金シャチ横丁」町並みもとってもお洒落な作りで、名古屋城への動線としてはなかなか上手く作られていますね。これまで”名古屋城近辺には飲食店が少ない”というのがネックの一つだったのですが、金シャチ横丁という城下町ができたことで、増々名古屋城の魅力が増した気がします。

今回は残念ながら散策だけだったので、次回は必ず何処かのお店に立ち寄りたいと思います。(^_^)v

金シャチ横丁

スポンサーリンク




コメントは受け付けていません。