一台二役!超絶便利なモバイルバッテリー搭載急速充電器「Anker PowerCore Fusion 5000(5000mAh モバイルバッテリー搭載 USB急速充電器)」を試してみた〜その使い勝手はどんな感じ?

Anker PowerCore Fusion 5000(5000mAh モバイルバッテリー搭載 USB急速充電器)

スマートフォンからタブレット、ゲーム機器からノートPC(ラップトップ)まで、充電式のガジェット類は日々増えていくばかり。そんな時に必要になってくるのが充電器やモバイルバッテリー

これまでにも充電器やモバイルバッテリーを日々活用している方は多かったと思いますが、旅行先に両方持ち歩くのは荷物も増えるしちょっと面倒だったりもしますよね。そんな時に一つあると超絶便利なのが、こちらのモバイルバッテリーを搭載した急速充電器充電器「Anker PowerCore Fusion 5000」

こちらが外箱。ANKERのロゴマークが描かれたしっかりとした作りの外箱に入っています。

スポンサーリンク


Anker PowerCore Fusion 5000(5000mAh モバイルバッテリー搭載 USB急速充電器)

蓋を開けるとこんな感じ。中身もきちんと梱包されていて好印象。

Anker PowerCore Fusion 5000(5000mAh モバイルバッテリー搭載 USB急速充電器)

中身を取り出してみました。「Anker PowerCore Fusion 5000」「Micro USBケーブル(約59cm)」「トラベルポーチ」「取扱説明書(18ヶ月保証)」が入っています。トラベルポーチがあるのも嬉しい。

Anker PowerCore Fusion 5000(5000mAh モバイルバッテリー搭載 USB急速充電器)

こちらが「Anker PowerCore Fusion 5000」本体。サイズ「7 x 7.2 x 3.1 cm」重量「189g」とモバイルバッテリー搭載にしてはコンパクトサイズ。カラーはブラックを選択。(他にホワイト、レッドもあり)

Anker PowerCore Fusion 5000(5000mAh モバイルバッテリー搭載 USB急速充電器)

こちらが裏面。つや消しのブラックなので、手垢がつきにくいのもいい。

バッテリー容量:5000mAh
入力:AC使用時 5V=2A
出力:AC使用時 5V=2.1A (最大合計x2.1A) / バッテリー使用時 5V=3A (最大合計3A)
対応デバイス:iPhone,iPad,iPod,Android,他 ゲーム機などUSB充電機器

Anker PowerCore Fusion 5000(5000mAh モバイルバッテリー搭載 USB急速充電器)

iPhoneXとサイズ比較をしてみたところ。厚みは若干ありますが、モバイルバッテリー搭載急速充電器にしてはコンパクトなサイズ感。

Anker PowerCore Fusion 5000(5000mAh モバイルバッテリー搭載 USB急速充電器)

こちらが充電口。2ポート設計で同時に2台の機器を充電可能。またAnker独自技術のPowerIQとVoltageBoostにより、あらゆるUSB機器にフルスピード充電が可能とのこと。

5000mAhのバッテリーということで、iPhone8=1.9回、Xperia XZs=1.2回、Galaxy S8=1.2回の充電が可能。多くのスマートフォンで1回以上のフル充電が可能となっています。

Anker PowerCore Fusion 5000(5000mAh モバイルバッテリー搭載 USB急速充電器)

こちらがプラグ側。折りたたみ式プラグを採用しているので持ち運びにも便利。一台二役ということで、旅行などへの荷物も減らせて一石二鳥。充電する時はそのままコンセントに差し込んでやればOK。

Anker PowerCore Fusion 5000(5000mAh モバイルバッテリー搭載 USB急速充電器)

こちらが正面。中央には「LEDインジケーター」と「充電開始ボタン」が付いています。USB機器が繋がった状態では、まずその機器から充電。その後PowerCore Fusion本体の充電を開始します。

Anker PowerCore Fusion 5000本体を充電する場合には、他の機器との接続を切るか、充電開始ボタンを押します。約30秒後に本体充電が開始されます。

Anker PowerCore Fusion 5000(5000mAh モバイルバッテリー搭載 USB急速充電器)


・Anker PowerCore Fusion 5000を充電してみる〜


それでは実際にAnker PowerCore Fusion 5000を充電してみましょう。折りたたみ式プラグをそのままコンセントに差し込んでやればOK。すぐにLEDインジケーターが点灯し始めました。入力電圧は「AC100〜240V」microUSB「5V」とのこと。

microUSB入力ポートからの充電も可能ですが、コンセントと入力ポート両方を同時に使用するのは危険なので、絶対に止めましょう。

Anker PowerCore Fusion 5000(5000mAh モバイルバッテリー搭載 USB急速充電器)


・iPhoneX を充電してみた〜


それではiPhoneXをUSBケーブルと繋いで、実際に充電を開始してみましょう。USBケーブルを繋ぐと警告音とともに充電開始。

Anker PowerCore Fusion 5000(5000mAh モバイルバッテリー搭載 USB急速充電器)

iPhoneXの画面を見て見ると、電池マークに稲妻ラインが付いており、無事に充電ができている模様。それでは実際に充電スピードはどのくらいなのか?10分おきに時間を計測してみることに。

・iPhoneX 残量70%から計測開始

10分後 → 75%
20分後 → 82%
30分後 → 88%
40分後 → 92%
50分後 → 95%
60分後 → 96%
70分後 → 98%
80分後 → 99%
90分後 → 100%

という計測結果になりました。30%充電するのに約一時間半近くかかったということで、凄く速いとは言い難いですが、間違いなく充電することはできました。最後の方はより充電に時間がかかるので、残量0近くから充電した場合にはもっと急速に充電できるかもしれません。

急速充電という意味ではちょっと物足りなさを感じましたが、こちらの一番のメリットは、モバイルバッテリー&急速充電器一台二役という面にあるので、そういった点では十分満足できそう。


・Anker PowerCore Fusion 5000 まとめ〜


とにかくモバイルバッテリー&急速充電器一台二役というのが一番のメリット。旅行などへの手荷物が少しでも減らせるはありがたい。ちなみに機器充電用のケーブルは各別途必要になるので、そちらを持っていく事もお忘れなく。

これから旅行などのお出かけ時に、大活躍してくれそうです。(^_^)v

スポンサーリンク




コメントは受け付けていません。