名鉄瀬戸線高架下に新しく誕生したお洒落スポット「SAKU MACHI 商店街」店舗で購入した「手作りビーフカレーパン」や「特製チーズ食パン」を味わってみた〜

SAKU MACHI 商店街

地元名古屋名鉄瀬戸線の停車駅の一つ「清水駅〜尼ケ坂駅」の高架下に、今年3月29日に新しく誕生したのが「SAKU MACHI 商店街」。先日、ちょうど桜並木が満開の時に訪れたのですが、すでに多くの人でにぎわっており、新しいお洒落グルメスポットになりそうな熱気が満載。

桜並木のお花見がてら、名鉄瀬戸線高架下に新しく誕生した商店街「SAKU MACHI 商店街」を見学してきた〜これはお洒落グルメスポットになりそう〜

スイーツ、焼き立てパン(食パン)、和スイーツ、駄菓子、お惣菜、お弁当などを中心に現在「尼ケ坂駅」寄りに7店舗がオープンしており、2020年春頃には「清水駅」寄りにも新しく店舗がオープンする予定。

ということでその中の店舗の一つ「Delica Kitchen」でパンを購入してきたので、ご紹介してみたいと思います。こちらのお店は、KITTE名古屋店や近鉄パッセなどに店舗を構える「お弁当・お惣菜・焼き立てパン」のお店。

スポンサーリンク


SAKU MACHI 商店街

こちらが「手作りビーフカレーパン(150円)」。自分が訪れた際には残り2個となっていました。サイズもお皿一杯になるくらいのビックサイズ。見るからにカリカリに揚がっていて美味しそう。軽く電子レンジに入れてから(入れすぎ注意)トースターで軽く焼きます。

SAKU MACHI 商店街

半分にカットするとこんな感じ。手作りビーフカレーパンというだけあって、ごろごろ具材が中から見え隠れ。このボリュームでこの価格はお値打ち感がありますね。

それでは一口頂きます。パン生地の表面はサクサクカリカリ、中の生地はモチっと柔らかくて食感が素晴らしい。中からはこれまた歯ごたえのあるごろごろ具材がお目見え。カレーの風味もしっかりとしていて専門店カレーの味わい。これで1個150円は超お値打ち、こりゃ旨い。贅沢をいうともう少したっぷりカレーの量が欲しかったところ。(その分価格を上げてもいいので)

SAKU MACHI 商店街

こちらが「特製チーズ食パン(400円)」。最近は食パン人気で、どこも食パン専門店には大賑わい。こちらSAKU MACHI 商店街には「つばめパン&MILK」という食パン専門店も入っています。

こちらの特製チーズ食パン、一斤ほどのサイズながら手に持つとずっしりと重量感があります。1個ずつきちんと包装されているのも嬉しい。

SAKU MACHI 商店街

袋から取り出してみました。袋から取り出しただけで、チーズの香りが辺りに漂います。食パンの表面にもチーズがぎっしり。これはチーズ好きには堪りません。

SAKU MACHI 商店街

一切れずつにカットしてみました。ずっしりと重たいはず、中には細切れになったチーズがこれでもかと入っています。サイズの割に400円はちょっとお高いかな?と思ったのですが、このチーズの量を見て納得。

SAKU MACHI 商店街

トースターで軽く焼いていきます。そのままでも美味しそうですが、軽く焼いた方がよりチーズと生地の旨みが際立ちそう。

SAKU MACHI 商店街

いい感じに焼き上がりました。見た目からして美味しそう。見た目が美味しそうな料理(食べ物)はまず食べたら美味しいことが多いので、この特製チーズ食パンも期待できそう。

SAKU MACHI 商店街

パンそのものの風味が味わいたいので、バターやマーガリンなどは付けずにそのまま頂きます。パン生地はサクッサクで柔らかく、噛む度に甘みが染み出してきます。そこにチーズの濃厚な風味が加わり至極の味わいに。まさに旨味が倍増する感じ。

これまでにもチーズ入り食パンは色々と食べてきましたが、こちらの特製チーズ食パンはなかなかハイレベル。この美味しさならば、1斤400円出しても十分納得がいくのではないでしょうか。

SAKU MACHI 商店街」桜もちょうど満開ということもあり、この日も多くの方々でにぎわっていました。スイーツ、焼き立てパン(食パン)、和スイーツ、駄菓子、お惣菜、お弁当などを中心に現在「尼ケ坂駅」寄りに7店舗がオープン。その中には保育所「ぽっぽ園」などもあります。

2020年春頃には「清水駅」寄りにも新しく店舗がオープンする予定みたい。お近くの方はぜひ一度立ち寄られてみてはいかがでしょうか。(^_-)-☆

SAKU MACHI 商店街

スポンサーリンク




コメントは受け付けていません。