小型のギター呼ばれているハワイアン楽器「Hricaneウクレレ テナー 26インチ」を購入してみた〜初心者用だけどなかなか良さげじゃない〜

ハワイアン楽器 Hricaneウクレレ テナー 26インチ

音楽好きな人ならば、楽器が弾ける方も多いことでしょう。そんな自分も学生時代からギターを弾いたり、大学生時代には仲間とバンドを組んでドラムを叩いたりしていました。社会人になってからもしばらくバンド活動を続けたりしていて、今ではそれも良き思い出となっています。

主にローリングストーンズ、ビートルズ、エリッククラプトン、クリーム、フー、ジミー・ヘンドリックス、エアロスミス、辺りを中心にコピーしたり、学生時代にはオリジナル楽曲なども作ったりして演奏していました。

そんなこともあって今でも音楽や楽器には思い入れが強いのですが、今でもたまに楽器を弾きたくなるんですよね。エレキギターは持っているのですが(Gretsch)なかなかアンプに繋いでまで弾くことは少ないので、手軽に弾ける感じのウクレレが一つ欲しいなーと思っていたんです。

そんな時にAmazonタイムセールでこちらのウクレレ「Hricaneウクレレ テナー 26インチ」がお値打ちに販売されているのを発見。見た目や評判もなかなか良さそうなので購入してみることに。こんな感じのダンボールに入って到着。配送時には更に大きなダンボールに入っていました。ちゃんとした専用箱に入っていおり、梱包もしっかりとした感じで安心感があります。

スポンサーリンク


ハワイアン楽器 Hricaneウクレレ テナー 26インチ

こちらが今回購入した「Hricaneウクレレ テナー 26インチ」。こちらは一番小さいサイズのテナー26インチ。こんな感じのウクレレ専用ソフトケースに入っています。ソフトケースも思っていた以上にしっかりとした作り。

ハワイアン楽器 Hricaneウクレレ テナー 26インチ

背面はこんな感じ。ちゃんと両肩で背負えるよう両サイドにストラップが付いています。背中に背負えるのは両手が空くので嬉しい。底面(縦)には滑り止めも付いています。

ハワイアン楽器 Hricaneウクレレ テナー 26インチ

正面下方には小さな「収納ポケット」も。こちらの中には「クロス」「保証書(英語表記)」「予備ストリング(1本)」が入っています。

ハワイアン楽器 Hricaneウクレレ テナー 26インチ

蓋を開けるとこんな感じ。中もちゃんと丁寧に包装されています。ソフトケースは中が柔らかい素材になっていて、想像以上にしっかりとした印象。

ハワイアン楽器 Hricaneウクレレ テナー 26インチ

こちらが「Hricaneウクレレ テナー 26インチ」。サイズ「縦26インチ(54cm)× 横8.6インチ(最大値18cm)」と小ぶりサイズ。

ハワイアン楽器 Hricaneウクレレ テナー 26インチ

全体はこんな感じ。ほんとミニギターという雰囲気。素材は「トップ、サイド:マホガニー材」「バック:ハワイアンコア材」「弦数:4弦」「フレット:16」。仕上げは「艶消し仕上げ」になっていて、見た目も自然の木を活かしてあっていい感じ。

ハワイアン楽器 Hricaneウクレレ テナー 26インチ

中央をアップで。通常ギターの6弦を見慣れているので、ちょっと不思議な感覚。ベースのギター版っていう感じかな。

ハワイアン楽器 Hricaneウクレレ テナー 26インチ

フレットはこんな感じ。一番小さいサイズのテナーなので、フレット数は16。サイズが大きくなると、フレット数も増えていきます。自分は気軽に手に取れるサイズ感が良かったので、こちらのテナーを選択することに。

ハワイアン楽器 Hricaneウクレレ テナー 26インチ

こちらがヘッド部分。弦の巻き方などはギターと同じ。初期状態ではチューニングされていないので、まずはチューナーアプリなどを使ってチューニングをしましょう。詳しくは専門サイトなどを見ると色々とアドバイスが掲載されているのでそちらをご参考に。

ウクレレのチューニング方法

ハワイアン楽器 Hricaneウクレレ テナー 26インチ

背面はこんな感じ。シンプルながらもマホガニー素材を活かした自然で美しい仕上がり。

ハワイアン楽器 Hricaneウクレレ テナー 26インチ

アップで見るとこんな感じ。この価格帯のウクレレとしては、なかなか高級感がある方ではないでしょうか。

ハワイアン楽器 Hricaneウクレレ テナー 26インチ

サイドから見るとこんな感じ。サイドにもマホガニー材を使用。適度な厚みがあって、身体にもしっくりと馴染みそう。

ハワイアン楽器 Hricaneウクレレ テナー 26インチ

中央分には音を響かせるための大きな穴が空いています。中にはHricaneロゴも。縁のハワイらしい飾り模様も素敵。

ハワイアン楽器 Hricaneウクレレ テナー 26インチ

立てて見るとこんな感じ。ギターと較べると頭でっかちで愛らしい雰囲気。


・「Hricaneウクレレ テナー 26インチ」を弾いてみた〜


チューニングをしてから、軽く弾いてみました。テナーということで高音が響く軽やかな音色。ギターとはまた異なったハワイアン楽器らしい爽やかな音色が心地よい。またサイズも小ぶりなので、気軽に手に取ることができていい感じ。

弾き方についてはギターとは若干異なりますが、ギターを弾ける人ならばそんなに難しくはないはず。ギター6弦からウクレレ4弦になるので、押さえるコードも数が少なくなり比較的簡単。

Cメジャーなどはギターだと3箇所押さえますが、ウクレレだと1箇所のみ。下記の「ウクレレコード一覧」を参考にしてコードをあれこれ鳴らしてみましたが、ギターとの違いが面白くて思わず時間を忘れてしまいました。

楽器.me ウクレレコード一覧


・6秒簡易ビデオも撮ってみた〜


やはりどんな音が鳴るのか?生音を聴いてみたいですよね。ということでiPhoneXにて6秒間の簡易ビデオを撮ってみました。簡単なビデオですが、どんな音色なのか雰囲気だけは感じてもらえるかと思います。


・「Hricaneウクレレ テナー 26インチ」まとめ〜


初心者向けのお手頃ウクレレながら、なかなかしっかりとした作り。音色も軽やかで悪くないですし、家で気軽に爪弾くには程良いサイズ感。初心者が初めて持つウクレレとしては、必要十分なのではないでしょうか。しかもしっかりとした作りの専用ソフトケースも付いているので、気軽に持ち歩くこともできます。

楽しいウクレレ生活、満喫しちゃいましょうか。(^_-)-☆

スポンサーリンク




コメントは受け付けていません。