[今週の気になる] Apple Special Event 2019 開催!例年とは志向が異なったAppleイベントに〜Apple Arcadeに要注目!個人的な雑感など〜

Apple Special Event 2019
(画像Appleサイトより抜粋)

2019年3月26日、今年も恒例の「Apple Special Event 2019」が開催されましたね。例年通りだと新しいガジェット類(ハードウェア)が発表されるのですが、今年は先にガジェット類を小出しに発表。イベントでは新しく始まる予定のサービスを中心に紹介されました。

これは今までのイベント経緯からしたら異例で、ある意味想定外の出来事。突き詰めると、Appleが思い切った路線変更を図った結果ともいえます。これまでのMacやiPhoneを中心としたハードウェア主流の企業から、ソフトウェア(オンラインサービス)を中心とした企業へと方針展開を図る、という強い意志表示が垣間見えます。

もちろんMacやiPhoneなどハードウェアの取り扱いを止めることはないでしょうが、これまで以上にサービスに比重を置いてくるようになるのは間違いありません。オンラインサービスという意味では、GoogleやAmazonなどが一歩先にいっている印象がありますが、その牙城にどこまでAppleが食い込めるのか今後が見ものでもあります。

大手が揃ってオンラインサービスに比重を置いてきたことで、今後は益々企業間でのサービス競争が激しくなりそう。利用者としては各企業がお互いに切磋琢磨して頂いて、サービス内容から価格までより良くなってくれれば言うことありません。

Apple Special Event 2019

詳しいサービス内容全般については、Appleサイトなどを見て頂くとして、今回気になったサービスをピックアップしてみることに。まずは「Apple TV+」から。

このチャンネルでは、Appleが作成するオリジナルコンテンツを配信。スティーブン・スピルバーグを始めとした有名監督達が勢揃いして、様々なドラマを作っていくそう。ちなみにApple TV +は、Apple TVアプリで視聴可能。広告なしでダウンロードしての視聴にも対応するとのこと。

海外の映画やドラマ好きとしては、この新しいサービス「Apple TV+」は気になるところ。月額課金制になるのでしょうが、秋まで価格などの詳しい詳細はわからないみたい。日本でも登場するらしいので期待したいところですが、まずはサービス価格と詳しい内容が先決ですよね。今秋の発表を期待して待ちたいと思います。

Apple Special Event 2019

そしてもう一つ気になったサービスが、こちらの新ゲームサービス「Apple Arcade」。先日、Googleがゲームストリーミングサービス事業への参入を発表しましたが(Google Stadia)、Appleも新しいゲームサービスを立ち上げることに。

ゲームをより発見しやすく楽しむためのサービスということで、ゲーム好きとしてはこれは嬉しいですね。定額を払って加入するサブスクリプション形式のサービスで、ローンチ時に100のゲーム・タイトルを提供するとのこと。Appleサイトを見てみても、なかなかのクオリティを伴ったゲームが各種揃っています。

また一番の大きな特徴としては、ゲームはすべてAppleArcadeでしかプレイできない限定タイトルになるということ。ここでしか遊べないというのは、ゲーム好きな人にとって大きなアドバンテージになることは間違いありません。

またAppleArcadeは専用のアプリは登場せず、アーケードはアプリストアの下にタブの一つとして追加されます。定額サービスとして、アーケードに加えられるタイトルは全てフルプレイ可能。またダウンロードしてオフラインでもプレイすることもできるとのこと。

ダウンロードが可能ということで、オフラインでも利用可能になるので、色んな場所で色んなデバイスを通して遊べるようになります。iPhone、iPad、Mac、Apple TVなど環境に合わせて遊べるのは嬉しい。デバイスを切り替えても同じゲームを続きからプレイできるようなので、自宅のみならず外出先や宿泊先などでも遊べるようになるみたい。

コナミ、LEGO、セガ、そしてFFシリーズ生みの親でもある坂口博信氏の名前も。今年秋に100以上のゲームと同時にローンチされる予定とのこと。これは今後のゲーム内容に期待せずにはおれません。ちなみにこちらも月額料金は発表されませんでした。サービス開始予定の今秋まで、心待ちにしておきたいと思います。

Appleが新ゲームサービス「Apple Arcade」を発表したことで、日本のゲーム業界にも激震が走ったことでしょう。これからのゲーム業界には果たしてどんな展開が待ち受けているのでしょうか?音楽や映画、書籍などのように、デジタル配信や定額制サービス(サブスクリプション形式)が主流になっていくのでしょうか?

今後もゲーム業界から目が離せなくなりそうです。(^_-)-☆

Apple

スポンサーリンク




コメントは受け付けていません。