愛知県岡崎市乙川(おとがわ)沿いに咲き誇る「河津桜(葵桜)」を見学に行ってきた〜さすが葵桜と呼ばれているだけのことはある〜

愛知県岡崎市乙川 河津桜(葵桜)

そろそろ春本番、3月から4月にかけては各地で桜が咲き誇り、日本中がお花見でにぎわう季節。お花見といえばソメイヨシノ(染井吉野)が中心ですが、一足早く咲く河津桜もピンクが濃くてソメイヨシノに負けじと綺麗。

地元駅前にも1本河津桜が植えられており、先日も写真撮影をしてきました。今年も大勢の方が地元の河津桜を見学に訪れていて、みなそれぞれにお花見を楽しんでいた様子。

「河津桜 2019年」地元駅前に植えられた早咲の河津桜が満開!今年は例年よりも少し桜の開花が早いみたい〜

そんな早咲きの河津桜ですが、意外と地元ではそんなに数が多くないみたい。色々と調べてみたところ、愛知県岡崎市乙川(おとがわ)沿いに「葵桜」と名付けられた河津桜スポットがあるということ知り訪れてみることに。岡崎市といえば言わずと知れた徳川家康などの多くの三河武士たち生誕地として有名。数年前にも「岡崎城」を見学してきました。

岡崎巡り「岡崎城」家康公生誕のお城見物に行ってきました〜岡崎公園編!

ということで愛知県岡崎市乙川(おとがわ)に何とか到着。名古屋からは国道を通ると1時間半程でしょうか。国道1号線はトラックなどが多くていつも混んでいるので、時間には若干余裕を持って出かけた方がいいかも。

こちらが乙川堤防沿い約800メートルに植えられた「河津桜(葵桜)」。見頃としてはちょっと遅めでしたが(3/21日撮影)まだ何とか咲き誇ってくれていました。これだけの数があると、なかなか圧巻ですね。

スポンサーリンク


愛知県岡崎市乙川 河津桜(葵桜)

もう少し引きで見るとこんな感じ。手前に橋があるので、そこから撮影しています。反対側の竜美丘会館周辺からは土手になっていて、乙川沿いを散歩することもできます。場所は岡崎公園から乙川沿いに上流へ約3kmほど行ったところ。地元では散歩コースとして大人気スポット。

愛知県岡崎市乙川 河津桜(葵桜)

アップで見ても見事な咲きっぷり。竜美丘会館前に駐車場があるのですが、こちらは駐車禁止。近くの有料パーキングを探すか、名鉄に乗り「名鉄東岡崎駅」で下車、名鉄東岡崎駅北口より東へ約15分(1.2Km)歩いて(またはバスで)向かうという手順。

今回は有料パーキングを探していたところ、たまたま目の前に空き家の駐車スペースを見つけたので、そちらに車を一時駐車しつつ(人は乗ったままで)交代で桜見物をすることに。

愛知県岡崎市乙川 河津桜(葵桜)

こちらが乙川上の土手道。このままずっと桜の下を歩いていけます。新緑も見え始め、ピンクと緑のコントラストが素敵。

愛知県岡崎市乙川 河津桜(葵桜)

この辺りはまだ満開に近い状態で咲き誇っていました。辺りでは鳥のさえずりが聞こえてきて、何とも風流でいい雰囲気。

この日は雨の後ということもあり、風も強くて桜の花びらも舞い始めている模様。こうして冬から春へと、季節が進んでいくのですね。

愛知県岡崎市乙川 河津桜(葵桜)

河津桜の間からは、乙川のせせらぎも見え隠れ。

ピンクが濃くて愛らしい。日本の風情をたっぷり楽しみましょう。

愛知県岡崎市乙川 河津桜(葵桜)

枝も太くて立派。見応えがあります。

愛知県岡崎市乙川 河津桜(葵桜)

これで青空だったならばもっとピンクが映えるんでしょうけど、お天道さまばかりは仕方ありません。雨が上がってくれただけでも良しとしましょうか。

愛知県岡崎市乙川 河津桜(葵桜)

河津桜越しに見た乙川のせせらぎ。土手の途中には階段があり、下に降りることもできます。

ということで次回は下から見た風景と、ビデオ撮影などもしてきたのでそちらの映像などをご紹介してみたいと思います。

↓続きはこちらから↓
愛知県岡崎市乙川(おとがわ)沿いに咲き誇る「河津桜(葵桜)」を見学に行ってきた〜ビデオ撮影もしてきたよ〜

愛知県岡崎市乙川(おとがわ)沿い 河津桜(葵桜)

スポンサーリンク




コメントは受け付けていません。