iPad Pro 2018 で使用すべくAmazonでも評判高いスタイラスタッチペン「MEKO スタイラス タッチペン ブラック」を購入してみた〜その使用感はどんな感じ?

MEKO スタイラス タッチペン ブラック

昨年11月、かなり久しぶりに(iPad2以来)「iPad Pro 2018 11インチ セルラー」モデルを購入した訳ですが、何をするにもサクサク快適に動作、液晶も綺麗、スピーカーの音もいいということで、日々快適に使用しています。

自分の場合は、あえてApple Pencil とSmart Keyboardは購入しませんでした。というのもタブレットで絵を書く習慣はないですし、MacBook(12インチ)があるのでiPadにラップトップとしての機能は必要ない。タブレットとしての使用範囲ならば、自分はタッチキーボードだけで十分という結論に至りました。

それでも液晶画面が大きいiPad Proの場合、画面を手で触るとすぐに手垢だらけになってしまうのは気になるところ。また絵心はありませんが、たまにメモ代わりとしては使用したい。

ということで今回Amazonでも評判高いスタイラスタッチペン「MEKO スタイラス タッチペン ブラック」を購入してみることに。こんな感じのしっかりとした外箱に入っています。

スポンサーリンク


MEKO スタイラス タッチペン ブラック

蓋を開けるとこんな感じ。中には「スタイラスタッチペン2本、交換用ディスク4個、マイクロニット交換用ペン先2個、クリーニングクロス、保証カード」が入っています。

MEKO スタイラス タッチペン ブラック

こちらが本体と付属品。スタイラスタッチペン2本の他に交換用デスクやペン先が入っているのも嬉しい。価格の割には高級感が感じられていい感じ。

MEKO スタイラス タッチペン ブラック

こちらが付属品など。「1年間限定保証、30日間の払い戻し保証」が付いているのも安心感があっていい。図解入りの取扱説明書も付いています。

MEKO スタイラス タッチペン ブラック

スタイラスタッチペン本体を取り出してみました。カラーは5種類ありますが、一番シンプルでお値打ちなブラックを選択。素材は「ステンレス鋼とアルミニウム」から作られており、高級感もあります。

サイズは「ペン本体 140mm」「ペン管直径 9mm」「ディスク直径 2mmゴム製ポイントを含む6.8mm」「導電繊維先端直径 6mm」となっています。重量は「24g」手に持つと軽く重さが伝わってくる感じ。軽すぎるスタイラスタッチペンよりも、その重量のおかげで手にしっくりと馴染みます。

MEKO スタイラス タッチペン ブラック

マイクロニットペン先(導電繊維先端)はこんな感じ。通常、タッチペンとして使用する時には、こちらを中心に使用する予定。導電ファイバーはゴム製と比較して滑りと反応が格段に良く、摩擦にも強いので細かい作業にも向いています。

MEKO スタイラス タッチペン ブラック

手元側にはゴムグリップも付いているので滑り止めの役目をしてくれます。ペン先が細いディスク側を使う場合には持ち手側にゴムグリップがくるので、ペン先が滑りにくく細かい動作がしやすくなります。

キャップの先にはペンクリップも付いていいるので、ジャケットや鞄のポケットに挟んで持ち歩くことも可能。

MEKO スタイラス タッチペン ブラック

こちらがディスクタイプペン先。先端が透明なディスク形状になっており、ディスク部分は常にディスプレイに密着、ディスクとペンの間のゴムが角度を吸収するという仕組み。細いペン先だけだと画面位置が見にくい時があるのですが、これならば細かい作業もやりやす印象。

MEKO スタイラス タッチペン ブラック

こちらが交換用の「交換用ディスク4個、マイクロニット交換用ペン先2個」。交換用ペン先が最初からこれだけ付いているのは良心的。それぞれに反応が悪くなってきたと感じたならば、新しいものと交換するだけ。

MEKO スタイラス タッチペン ブラック


・ペン先の交換方法は?


ペン先の交換方法は、とっても簡単。まずはマイクロニットペン先の方から。ペン先も持ったまま本体を手前に回すと、このように本体から簡単に外れます。(右利きの場合)後は新しいものと交換して取り付けるだけ。

MEKO スタイラス タッチペン ブラック

こちらはディスクタイプのペン先。こちらはマイクロニットの場合とは交換方法が異なっています。まずはペン先を指で挟んで持ち、ペン先方向へとまっすく引っ張ってやります。そうすると自然にスポッと外れるはず。あとは新しい交換用ディスクタイプペン先を、外す時と同じ要領で本体へとまっすくに差し込んでやれば完了。こちらもとっても簡単。

MEKO スタイラス タッチペン ブラック


・手に持ってみた感触は?


「MEKO スタイラス タッチペン ブラック」を手に持ってみるとこんな感じ。(今回は写真を撮っているので左手に持っています)重量24gと程良い重さがあるので、手にもしっくりと馴染んで安定する感じ。ゴムグリップがあるのもいい。2本で1,000円程とお値打ち価格なのに高級感もあって、評価が高いのもうなずけます。

MEKO スタイラス タッチペン ブラック


・iPad Pro を操作してみた〜


マイクロニットのペン先を使って、iPad Pro を操作してみました。柔らかい導電繊維を使用しているだけあって、画面へのあたりはとってもソフトでコツコツ音もしません。それでいながら吸い付くような感触で動作してくれます。思っていた以上にいい反応、この価格帯でこのレベルなら大満足。

MEKO スタイラス タッチペン ブラック


・ディスクタイプペン先で文字や線を書いてみた〜


ディスクタイプペン先の方を使って、メモ帳に文字や線を書いてみました。こちらも想定以上にいい感触。ゴムグリップでしっかりと握れるので、細い文字もしっかりと書けます。本格的なデッサンには厳しいかもしれませんが、メモ書き程度ならば全然OK。

またディスクタイプはマイクロニットよりもペン先が細くクリアなので、スマホなどでゲームをする場合にも細かいタッチ操作が可能になりそう。液晶に手垢が残らないのも嬉しい。


・「MEKO スタイラス タッチペン ブラック」まとめ〜


しばらく使ってみた印象としては、思っていた以上に扱いやすくて好印象。さすがAmazon`s Choiceで高評価なだけのことはありますね。本格的にデザイン画などを描くのでなければ、こちらで必要十分。機能性・デザイン・価格とバランスのとれたスタイラスタッチペンだと思います。

今後はiPad Pro 2018をメインに、日々使い倒していきたいと思います。(^_-)-☆

スポンサーリンク




コメントは受け付けていません。