越中富山で作られた「みそ焼き鯖寿し」を味わってみた〜おかずに高山名物「あげづけ」も一緒に〜

みそ焼き鯖寿し

ここ最近、鯖(さば)ブームなどもあって魚を加工した食品が大人気。缶詰から佃煮などの加工品まで、色んな種類の魚を加工した食品が登場しています。

ちなみに魚が身体によいと言われる理由とは?

魚に含まれる脂質は、DHAやEPAなどの不飽和脂肪酸。血液中の中性脂肪やコレステロールを低下させる作用があり、動脈硬化予防に役立つとのこと。動脈硬化が原因の病気には、心筋梗塞や脳卒中などの恐ろしい病気があります。

ということで魚には重要な役割が備わっているのですね。

先日はこちらクドの釜で炊き上げた国産手造り佃煮「いわし甘露煮」をご紹介したのですが、今回はお土産で頂いたこちら越中富山で作られた「みそ焼き鯖寿し」を味わってみたのでご紹介してみたいと思います。

クドの釜で炊き上げる国産手造り佃煮「いわし甘露煮」が、最高の焼酎のアテだった件〜

こんな感じの笹の葉で作られてパッケージに入っています。鯖寿しは色んなところで見かけますが、みそ焼き鯖寿しというのは初めてかも。こちらは富山市に会社がある「味よし食品」が製造販売。富山、石川県を中心に高級スーパー、百貨店、高速道路SA、PAなどで販売されているとのこと。

スポンサーリンク


みそ焼き鯖寿し

パッケージを開けてみるとこんな感じ。「みそ焼き鯖寿し」と一緒に二人前のお箸とお手拭きが入っています。こういう気遣いは嬉しい。

みそ焼き鯖寿し

カットしてからお皿に盛り付けてみました。鯖の照りの見事なこと。価格は「1本 / 1,134円(税込)」。厳選した鯖を秘伝のみそに一晩漬け込み、じっくりじっくりと焼き上げた一品。

みそ焼き鯖寿し

鯖の身の分厚いこと。それでは一口頂きます。脂がのった鯖とみその香ばしさが絶妙で、風味が口の中全体に広がります。光りもの独特の臭みは全くなく、みその味付けも程よい塩梅。型押しされたご飯も噛む度にほろりと崩れて、いい感じに鯖と絡みます。

鯖寿しは大好きなので色んなところのものを食べてきましたが、今回初体験の「みそ焼き鯖寿し」とっても気に入りました。鯖の旨味もみその香ばしさもご飯の食感も、全てが程いいバランスで調和されており大満足。

あげづけ

おかずにはこちら高山名物「あげづけ」を一緒に。いつも冷凍にして常備しているのですが、やはり購入したての新鮮な生あげづけは、焼いた時もふっくらとしていて美味しそう。

あげづけ

こちらも一口頂きます。はい、間違いない美味しさ。しっかりと甘辛い醤油味が染みているので、このままで十分美味しい。これがまた「みそ焼き鯖寿し」ともよく合うんです。焼酎レモンサワーと一緒に頂いたなら、まさに至福の一時。

越中富山「みそ焼き鯖寿し」みそ焼きは初めて頂いたのですが、とっても気に入りました。高速道路SA、PAなどでも販売されているらしいので、また機会をみて購入したいと思います。(^_-)-☆

味よし食品

スポンサーリンク




コメントは受け付けていません。