「織部ヒルズ」の隣にある道の駅「志野・織部」にて、名物「美濃焼きぷりん大福」や「クマさんのちからこぶ(シュークリーム)」を堪能〜

道の駅「志野・織部」

東海地区には瀬戸焼・常滑焼を始めとして、美濃焼など沢山の焼き物の産地があります。陶器好きとしては、これまでにも各地の焼き物産地を訪れてきました。今回は志野焼・織部焼・美濃焼などで有名な陶器の倉庫街「織部ヒルズ」を久しぶりに散策、お隣りにある道の駅「志野・織部」も訪れてきたのでご紹介してみたいと思います。

これまでにも何度か訪れているのですが、ちゃんと見て回るのは久しぶり。岐阜県土岐市、美濃焼の陶磁器卸商社が一同に集まった商業団地が「織部ヒルズ」。日本三大陶器祭りのひとつ土岐美濃焼まつりも開催されています。

陶器の倉庫街「織部ヒルズ」を散策〜道の駅「志野・織部」も満喫した一日〜

ということで前回の続きから。「織部ヒルズ」の隣にある道の駅「志野・織部」にあるお店「Sweet&Deco 青いクマ」にて、名物「ぷりん大福」や「クマさんのちからこぶ(シュークリーム)」を購入して味わってきたので、ご紹介してみたいと思います。

こちらが入り口入ってすぐ左側にあるお店「Sweet&Deco 青いクマ」。数多くの愛らしくて美味しそうなスイーツが並んでいます。この日も沢山の方がスイーツを購入されていました。

スポンサーリンク


道の駅「志野・織部」

こちらがお店の一押し、名物にもなっている「美濃焼きぷりん大福」。「白」「抹茶」の2種類が揃っていて、どちらも1個290円(税込)。ぷりん大福って響きだけでもそそられます。とっても美味しそうなので、お持ち帰り用スイーツとして購入することに。

道の駅「志野・織部」

こちら愛らしいクマさんの形をした「クリームサンド」なども。店名が「Sweet&Deco 青いクマ」なので、クマさんをマスコットとしているのでしょう。こちらもお土産に喜ばれそう。

道の駅「志野・織部」

なんとクマさんの形を象ったパン「青クマ モーニングブレッド(レーズン)」450円なども販売されていました。朝からこんなご飯がでてきたら、子供たちが大喜びしそう。

道の駅「志野・織部」

お店のすぐ横隣には、こんな感じにイートインスペースも。こちらで購入したスイーツなどを頂くこともできます。今回はこちらで購入した「クマさんのちからこぶ(シュークリーム)」を頂くことに。

道の駅「志野・織部」

今回初めて気がついたのですが、2階にはゆったりとくつろぐことができるカフェがあるんですね。店内のイートインスペース側から2階に上がることができます。青いクマオリジナルスイーツを味わえるとのこと。この日も多くの方がカフェを利用されていました。

道の駅「志野・織部」

こちらがイートインスペースで頂いた「クマさんのちからこぶ(シュークリーム)」1個198円。ネーミングがまた愛らしい。いわゆるカリカリシューですが、サイズも大きくて重量感があります。これは食べ応えありそう。

道の駅「志野・織部」

割ってみるとこんな感じ。中にはこれでもかとたっぷりのホイップクリームが詰まっています。カスタードではなくてホイップクリームというのがまた新鮮。生地はパリパリでなんともいい食感、そして中身のホイップクリームはとっても滑らかで優しくて繊細な味わい。

見た目からしてとっても甘そうですが、ホイップクリームも甘さ控えめなのでペロッといけちゃいます。ちゃんとしたイートインスペースがあるのも嬉しい。道の駅「志野・織部」に立ち寄ったならば、「クマさんのちからこぶ(シュークリーム)」は必須でしょう。

道の駅「志野・織部」

こちらがお土産に購入してきた「美濃焼きぷりん大福」。「白」「抹茶」と2種類購入してきました。ぷりん大福っていうのも初体験なので楽しみ。

道の駅「志野・織部」

こちらが「美濃焼きぷりん大福(抹茶)」290円(税込)。大福で290円というとお高いイメージですが、サイズもそれなりに大きいので食べ応えありそう。濃厚な抹茶プリンを柔らかいお餅で包んだ新感覚スイーツとのこと。土岐市観光協会の推奨品認定も受けているそう。

道の駅「志野・織部」

こちらが「美濃焼きぷりん大福(白)」290円(税込)。濃厚プリンを柔らかいお餅で包んだ新感覚スイーツ。一つ一つ手包みされているからこそ味わえる食感とのこと。

道の駅「志野・織部」

「美濃焼きぷりん大福(抹茶)」を半分にカットしてみました。中には抹茶プリン、ホイップクリーム、餡が詰まっています。まず最初にとっても柔らかいお餅の食感と抹茶の風味が口の中に広がります。その後に濃厚プリンとホイップクリームのまったりとした食感と風味が加わり、最後に餡この甘さが全体をまとめてくれます。

一見、いろんな味が詰め込まれていてバラバラな様で、一緒に味わうとこんなにも美味しく調和されているなんて、いやいや素晴らしい。抹茶やお餅も質の高いものを使用しているのがすぐにわかります。これめちゃくちゃ気に入りました。

道の駅「志野・織部」

「美濃焼きぷりん大福(白)」も半分にカットしてみました。中には濃厚プリン、ホイップクリーム、餡が詰まっています。とっても柔らかいお餅の食感、そして濃厚プリンの優しい風味とホイップクリームのまったりとした食感、最後に餡この甘さが全体をまとめています。

こちらも抹茶に負けじと美味しい。濃厚プリンの風味をより感じたい方は、こちら白の方がいいかも。自分は抹茶好きなので、どちらかというと抹茶の方が好みかな。

道の駅「志野・織部」ちょっと久しぶりにお邪魔しましたが、何回訪れても新しい発見があり、まさに見てよし食べてよしの道の駅。今回もとっても楽しむことができました。陶器の倉庫街「織部ヒルズ」と隣合わせなので、陶器を見て周りながら道の駅で一休憩、というのもいいかもしれませんね。(^_-)-☆

織部ヒルズ
道の駅「志野・織部」

スポンサーリンク




コメントは受け付けていません。