「iPad Pro 2018 11インチ セルラー」iPad2からの買い替えで全てに驚き!しばらく使用してみた感想など〜Apple Pencil やSmart Keyboardは果たして必要なのか!?

iPad Pro 2018 11インチ セルラー

先日、完全リニューアルで新登場したのが「iPad Pro(2018)」。その衝撃はiPhoneXSを完全に食ってしまった感がありますね。自分はといえば、iPadはなんとiPad2から一度も買い替えていなかったんです。何度か心動かされた時もありましたが、Androidタブレットやfire HDで事足りていたこともあり、そのまま毎回スルーしていました。

それでもさすがに今回のiPad Pro(2018)はスルーすることができず購入する羽目に。(笑)かなり久しぶりのiPadということでとっても楽しみにしていたのですが、しばらく使用してみたのでその使用感や「Apple Pencil やSmart Keyboardは果たして必要なのか!?」など、個人的な感想を述べていきたいと思います。(検証ビデオもあり)

こちらが今回購入した「iPad Pro 2018 11インチ 64GB スペースグレイ セルラー」。開封の儀はサクサクといきますか。

スポンサーリンク


iPad Pro 2018 11インチ セルラー

本体はこんな感じ。ほんと薄い、電源オフだと一見まな板のような雰囲気。

iPad Pro 2018 11インチ セルラー

セルラーモデルなので、電源を入れる前にSimカード(nano-SIM)を挿入します。

iPad Pro 2018 11インチ セルラー

電源オン、お馴染みのAppleマークが立ち上がりました。

iPad Pro 2018 11インチ セルラー

すでにiPhone(iPad)などを使用している場合には、カメラで撮影するだけでそのまま設定が引き継がれます。いやいやほんと便利。

iPad Pro 2018 11インチ セルラー

各種設定を済ませると、こんな感じにトップ画面が立ち上がりました。液晶もとっても綺麗で鮮やか。他にもお値打ちなタブレットは多数ありますが、やはりこの液晶には敵いませんね。

iPad Pro 2018 11インチ セルラー

背面はこんな感じ。カラーは「スペースグレイ」を選択。濃い目のグレーといった色合いで、シックでお洒落。

iPad Pro 2018 11インチ セルラー

こちらがサイド下面。中央には「USB-Cコネクタ」が装備されています。コネクタが従来のLightningからUSB-Cに変わったことで、充電はもちろんのこと、ディスプレイやカメラ、メモリー(写真以外のデータやり取りは出来ない)、iPhone充電など、今後は色んな外部機器を接続して利用することが可能に。

外部USBメモリーなどでデータのやり取りができれば完璧だったけれど、さすがにそこまではAppleも認可しなかったみたい。

iPad Pro 2018 11インチ セルラー

今回のiPad Pro(2018)には、両サイドに合計4個のスピーカーが付いています。この薄い端末に4個もスピーカーを乗っけたのは素晴らしい。その音については、後ほど動画にて検証してみたいと思います。

iPad Pro 2018 11インチ セルラー

カメラはこんな感じに結構出っ張っています。12メガピクセルカメラですが、ƒ/1.8絞り値ということで、iPadとしては悪くないかも。4Kビデオ撮影(30fpsまたは60fps)にも対応しているのは凄い。

iPad Pro 2018 11インチ セルラー


・USB-Cポートを利用して、SDカードデータ(写真画像)を取り込んでみた〜


USB-Cポートに接続機器を接続してやると、このように自動で写真アプリが立ち上がりました。動作も素早く、一瞬で写真画像の一覧が表示。後は取り込みたい画像にチェックを入れて、iPadに読み込んでやればOK。

高速転送可能なType-c ハブ「Type-cマルチカードリーダー Type-c/USB/Micro USB3.0対応」を使って、MacBookへデータ転送を試みてみた!

iPad Pro 2018 11インチ セルラー


・Apple Pencil は必要なのか!?Seria百均のタッチペンで試し書きをしてみた〜


今回のiPad Pro 2018の売りが、磁気コネクタによるApple Pencilへの充電。この機能は大変素晴らしいのですが、別売りでもあるApple Pencil(15,000円ほど)が自分にとって本当に必要なのか?Seria百均のタッチペンで試し書きをして検証してみました。

百均Seria「なめらかタッチペン」評判通りの感度良好さに感動!^^

はい、こんな感じに簡単な線や文字ならば、とくに問題なく描くことが出来ました。もちろん本格的にデザインをする方には向いていませんが、ちょっとメモをとったり落書きをする程度ならば、百均のタッチペンでも十分使えるのではないかと思います。

こちらはiPhoneXにて簡単な動画を撮ったもの。普通にサクサクと書けています。本格的なデッサンなどをしない自分にとっては、メモ書き程度ならばApple Pencilまでは必要ないと判断。

iPad Pro 2018 11インチ セルラー


・Smart Keyboardは必要?


ちなみに今回「Smart Keyboard」も購入していません。自分の場合、MacBook(12インチ)がありますし、そこまでiPadにラップトップとしての機能を求めていないのかも。iPadのタッチキーボードも、数字入力がフリックだけで可能(下にフリック)になっていたりして、思っていたよりも快適に入力ができます。タブレットとしての使用範囲ならば、自分はタッチキーボードだけで十分。


・スピーカーの音はどんな感じ?


肝心の音についてですが、フリー音源をビデオ録音してみたので、こちらの動画を見て(聴いて)頂ければ雰囲気を感じてもらえるかと思います。想像以上に良い音でビックリ。響くような低音までは望めませんが、この薄い端末でこれだけの音が出るのならば、もういうことはありません。


・iPad Pro 11 2018の動作(操作性)はどんな感じ?


こちらも簡単な動画を撮ってみました。Google ChromeブラウザやTwitter、Feedly、Gmailなど、いくつかのアプリを同時に立ち上げながら操作してみましたが、どれもサクサクで快適に動作。画面分割機能も使用してみましたが、こちらも快適に使用できました。これだけ快適に利用できるのならば、使いようによってはPCの代役もこなせるかも。


・「iPad Pro 2018 11インチ」は買いなのか?


自分のようにiPad2など古いiPadから買い替えていない方の場合には、全てが劇的に変化しているので十分買い換える価値があると思います。すでに以前のiPad Proをお持ちの方は、もうしばらく待ってみてもいいかも。

Apple Pencil やSmart Keyboardについては同時に購入されている方が多いみたいですが、自分にとって本当に必要なのか?検討してから購入された方がいいかもしれません。両方購入するとそれだけで35,000円とかになりますし、まずは自分の環境でiPad Pro 2018を使ってみてから考える、というのもありだと思います。

iPad Pro 2018 11インチ セルラー」今後も色々と使い倒していきたいと思います。(^_-)-☆

Apple

スポンサーリンク




コメントは受け付けていません。