岐阜県高山市にある大人気パン工房「TRAIN BLEU(トランブルー)」のはちみつ入り食パンをクリームチーズと一緒に味わう!^^

パン工房「TRAIN BLEU(トランブルー)」

岐阜県飛騨高山にある大人気パン工房「TRAIN BLEU(トランブルー)」。トラン・ブルーは、フランス語で [ブルー・トレイン]という意味。英語の [BLUE] ではなく [BLEU] 。長い道のりを目的地に向かってコツコツとひたすら走り続けてゆく、という願いを込めてつけられたとのこと。

こちらのシェフ成瀬正氏は、2005年クープデュモンド日本代表に選出。彼を含む日本代表チームは「3位」という輝かしい功績を残しています。「1位になるよりも価値のある3位だった」との素晴らしいコメントも残されています。

そんな成瀬氏が手がけるパン工房「TRAIN BLEU(トランブルー)」は大人気で、休日は1時間待ちも当たり前とのこと。先日、家族が高山方面に出向いたついでに、立ち寄ってくれました。その日も若干並んでいたみたいですが、終わりがけに訪れたので10分ほどで入店できたとのこと。

今回は「食パン」を中心に購入してきてくれたので、ちょうど家にあったクリームチーズと合わせて頂いてみたいと思います。

雪景色に包まれたお店が何とも素敵!岐阜県高山市にある大人気パン工房「TRAIN BLEU(トランブルー)」を訪れてみた〜

こちらが「イギリスパン」350円。耳まで柔らかい伝統的な塩味の食パン。世の中には色んな種類のパンがありますが、基本的に食パンが美味しいお店は、基本の生地自体が美味しいので、まず外しがないんですよね。

スポンサーリンク


パン工房「TRAIN BLEU(トランブルー)」

手に持つと、結構ずっしりと重量感があります。

パン工房「TRAIN BLEU(トランブルー)」

こちらが「パン オ ミエル」350円。パン オ ミエルは、はちみつパンという意味で、フランス産のラベンダーはちみつと国産の小麦粉が使われています。ちょっと小ぶりなサイズ感で、しっとりもっちりした手触り。

パン工房「TRAIN BLEU(トランブルー)」

それではまず「イギリスパン」を1.5cm幅ほどにカットします。こんな感じに8,9枚にカットできました。中生地もふわっと柔らかいので、包丁でもカットもしやすい。

パン工房「TRAIN BLEU(トランブルー)」

こちらが「パン オ ミエル」をカットしたところ。2cm幅ほどでちょっと厚めにカットこちらも4,5枚にカットできました。はちみつが練り込んであるだけあって、ほんのりと甘い香りが漂ってきます。

パン工房「TRAIN BLEU(トランブルー)」

それではトースターに入れて、二枚同時に焼いていきます。焼き時間は3分ほど。

パン工房「TRAIN BLEU(トランブルー)」

いい色合いに焼けたのでお皿に盛り付けて、クリームチーズを添えて完成。

パン工房「TRAIN BLEU(トランブルー)」

イギリスパン(右)にはバター、パン オ ミエル(左)にはクリームチーズをのっけて頂きます。パン オ ミエルは、はちみつが入っている分焦げやすいのでちょっと注意が必要。(同じ焼き時間でも焼き色が違います)見るからにサクッふわっって感じで、美味しそう。

パン工房「TRAIN BLEU(トランブルー)」

それではイギリスパンから一口頂きます。パンの表面はサクッサクで、中はふわっという食感。パン生地自体の甘みと塩加減のバランスが絶妙で、噛む度に旨みが伝わってきます。耳まで柔らかいので、サクふわっなままどれだけでも食べられる感じ。

パン オ ミエルは、焼くとより蜂蜜の甘い香りが際立ちます。生地のしっとり感とモッチリ感のバランスが素晴らしい。またクリームチーズを塗ると、蜂蜜の風味と相まって美味しさ倍増。ほんと文句なく美味しい。

パン工房「TRAIN BLEU(トランブルー)」

こちらが「桜あんぱん」150円。練乳と卵黄をつかった自然な甘さの生地に、つぶあんを包み、真ん中に桜の花の塩漬けをいれて焼き上げたあんぱん。焼き色も綺麗で、小粒ながら重量感があります。

パン工房「TRAIN BLEU(トランブルー)」

半分に割ってみるとこんな感じ。中にはたっぷりと粒あんが入っています。それでは一口頂きます。生地はふわっとしていながらも適度に弾力があります。たっぷりと入っている粒あんは、甘いけれどもとても上品な甘さ。そこに桜の花の塩漬けの塩気が加わり、絶妙なハーモニーを醸し出します。明治天皇にも献上された木村屋のあんぱんを思い出すような、まさに上質な一品。

岐阜県高山市にある大人気パン工房「TRAIN BLEU(トランブルー)」。これまでにも色んな種類のパンを頂いてきましたが、やっぱり基本でもある食パンが美味しいお店は間違いないですね。

「休日には1時間待ちが当たり前」という超人気店ですが、その価値は大いにあると思います。まだ食べたことがないパンが沢山あるので、また機会を見て訪れてみたいと思います。(^_-)-☆

飛騨高山パン工房「TRAIN BLEU(トランブルー)」

スポンサーリンク




コメントは受け付けていません。