[今週の気になる] Appleスペシャルイベントにて発表された「新型iPad Pro」「MacBook Air(13.3インチ)」「新型Mac mini」についての雑感など〜

新型iPad Pro
(画像はAppleサイトより)

2018/10/30日、ニューヨークにて恒例の「Appleスペシャルイベント」が開催されました。今回は新型iPad Proが発表されるとの事前リーク情報がありましたが、やはり噂通り完全フルモデルチェンジされた新型iPad Proが発表されましたね。

その詳細についてはAppleサイトで詳しく見て頂くとして、自分的に一番驚きと喜びを感じたのが、従来のLightningポートから「USB-C」へと変更になったこと。

次回iPad ProではUSB-Cポートを採用するのでは?との噂は出ていましたが、これまで独自の規格でもあるLightningポートにずっとこだわり続けてきたAppleなので、本当かな?という気持ちもありました。

でも今回、新型iPad ProがUSB-Cを採用したことで、外部機器接続において大きな変革が期待できます。充電はもちろんのこと、ディスプレイやカメラ、メモリー、iPhone充電など、今後は色んな外部機器を接続して利用することが可能になります。

USB-Cまわりの周辺機器も色々と充実してきているので、そうした周辺機器をそのまま使えるというのも大きなメリット。そして新型iPad ProでUSB-Cが採用されたということは、次期iPhoneにも採用される可能性が大。これは何気に嬉しい変革かも。

またそれに合わせて「Apple Pencil」も大きく進化。iPadに磁石で引っ付き、そのままワイヤレスチャージが可能とのこと。もちろん別売りということで(14,500円、税別)結構いいお値段がするのですが、グラフィック関係の方々にとってはかなり魅力的かも。

スポンサーリンク


MacBook Air(13.3インチ)

そして「MacBook Air(13.3インチ)」も発表されました。MacBookが取って代わり、Airは無くなるのでは?なんて噂もありましたが、水面下でこうして開発されていたんですね。しかも価格やスペックもなかなか微妙でいいところをついてきています。

これまでのMacBook Air愛用者にとって、これは買い換えるいい機会になりそう。さすがプロモーション上手なAppleだけのことはあります。でもそうなると次期MacBookはどうなってくるのか?Appleファンにとっては、今後も色々と悩みは尽きなさそう。

新型Mac mini

そしてもう一つの目玉がこちら「新型Mac mini」。Mac miniもこのままそっと姿を消すのでは?と言われていましたが、こちらも水面下で開発されていました。スペックも「第8世代の4〜6コアCPU搭載、旧型に比べ60%速いGPU、5倍のパフォーマンス」ということで、それなりに魅力的。

・3.6GHzクアッドコアIntel Core i3 / 8GBメモリ / 128GB SSDモデル=89,800円(税別)
・3.0GHz 6コアIntel Core i5 / 8GBメモリ / 256GB SSDモデル=122,800円(税別)

からということで、最初に価格を見た時に、おっ安い!と思ったのですが、Core i3なんですよね。Core i5がこの価格ならば飛びつくのですが、うーんちょっと微妙。それなりにスペックアップすると高額になってしまうので、こちらも直ぐに飛びつく感じではないかなと。まぁでも各々の利用状況によっては、魅力的なことは間違いありません。

今回のAppleスペシャルイベント、全てのモデルが大きくモデルチェンジということで、久しぶりに見ごたえのあるAppleイベントでした。やっぱり気になるのは「新型iPad Pro」かな?手元のiPadは、iPad2から一度も買い替えていないので、そろそろリニューアルしてもいい時期かも。しばらく悩ましい日々が続きそうです。(^_-)-☆

Apple

スポンサーリンク




コメントは受け付けていません。