10/14日(日)名古屋市北区大曽根商店街(オゾンアベニュー / オズモール)にて、今年も「名古屋ジャズストリート2018」が開催されるよ〜

名古屋ジャズストリート2018

地元駅前にある「大曽根商店街(オゾンアベニュー / オズモール)」。昔は「大須商店街」「円頓寺商店街」と共に3大アーケードの商業地点として発展し賑わっていたのですが、土地区画整理にてアーケードが撤去されてからは、徐々に寂しくなってしまうことに。

それでも昨今は「ナゴヤドーム」などの影響もあり、大曽根駅界隈にも色んなお店が増えてきており、駅前近辺もまた昔のような賑わいが戻ってきています。それと同時に地元商店街のお祭り「大曽根七夕まつり」もまた昔とは異なった新たな雰囲気の夏祭りとして、昔の活気を取り戻しつつあります。

地元商店街のお祭り「第59回大曽根七夕まつり」にて、屋台買い食いや阿波踊りを楽しんだ夜〜

大曽根駅前を中心に昔の活気を取り戻しつつある大曽根商店街ですが、「大曽根七夕まつり」に負けないレベルで活気づいているイベントが、毎年秋に開催される「名古屋ジャズストリート2018」です。

ジャズの音楽文化をここ名古屋でつくっていきたい」という想いから始まったこちらのイベント。ここ数年、音楽&JAZZ好きな人たちの間では、”大曽根商店街=名古屋ジャズストリート”というイメージも広がってきました。

スポンサーリンク


名古屋ジャズストリート2018

今年の開催日時や場所は…

2018年10月14日(日)
12:30〜19:00(各ステージ場所で時間は異なります)

〒462-0825 愛知県名古屋市北区大曽根2丁目9.10
大曽根商店街オゾンアベニュー/オズモール
大曽根駅(JR/地下鉄/名鉄)から徒歩2分

となっています。大曽根駅から道を挟んで西側に伸びた「大曽根商店街(オゾンアベニュー / オズモール)」赤四角場所内にて、A〜Jまでの各ステージ内で多くのミュージシャンが演奏を繰り広げてくれます。

名古屋ジャズストリート2018

とくに今回注目なのが、プロのジャズシンガー「ウィリアムス浩子」さんのステージ。彼女は、作編曲家・服部克久氏に「最高のエンジンを積んだロールス ロイスが時速 100km で優雅に走るよう」と称され、その歌声は世界にも広がっています。ドイツ、イタリアなどヨーロッパ各国やアジアのオーディオショップでもアルバムが人気とのこと。

そんな世界で活躍するプロジャズシンガー「ウィリアムス浩子」さんのステージを生で目の前で、しかも無料で観ることができるのですから、これは音楽好き&JAZZファンならば見逃す手はありません。

ちなみに彼女のステージは「ステージH(ドロシーの泉)16:50〜17:40」となっています。最後の大トリということで、これは盛り上がること間違いないでしょう。

名古屋ジャズストリート2018

こちらが当日の「会場マップ&タイムテーブル」。大曽根商店街のいたるところで、数多くのミュージシャンが同時にステージを繰り広げてくれます。出演ミュージシャンも多いので、どのグループを見ようか迷ってしまうところ。こちらのタイムテーブルを事前に眺めておいて、”何時からはこのグループを見よう”と計画を事前に立てておくと、時間を有効に使えそう。

名古屋ジャズストリート2018」地元商店街での開催ということもあり、先日訪れた大曽根七夕まつりにも負けないくらいに期待が膨らんでいます。今のところ、お天気も雨にはならなそうなので、芸術の秋、音楽の秋を心ゆくまで楽しみたいと思っています。

音楽好き&JAZZファンの皆様、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。(^_-)-☆

名古屋ジャズストリート2018

スポンサーリンク




コメントは受け付けていません。