岐阜県可児市にあるバラと花のテーマパーク「花フェスタ記念公園」を訪れてみた〜まずは飛騨牛ハンバーグプレートで腹ごしらえ〜

花フェスタ記念公園

今年も早いものでもう10月。まだまだ日中は暑い日もありますが、朝晩はずいぶんと秋らしく気持ちのいい日が多くなってきました。夜には鈴虫の鳴き声なども聞こえてきたりして、ジャズなどを聴きながら秋の夜長を楽しんでいます。

そんな大好きな季節の秋、食欲の秋の次に楽しみたいのが、花や木々などの自然を見てまわること。春には桜並木など花々が咲き誇りますが、秋にも紅葉があったりバラが咲き誇ったりと、自然が美しい季節。

ということでバラ見学にはちょっと早いかなとは思ったのですが、これまで一度も訪れたことがなかった岐阜県可児市にあるバラと花のテーマパーク「花フェスタ記念公園」を訪れてみることに。

こちらは平成8年に開園「岐阜県可児市瀬田1584-1」にある敷地面積80.7haの自然に囲まれた大きな公園。ナゴヤドームおよそ17個分(80.7ha)の広大な敷地には、約7,000品種30,000株のバラが植えられた世界最大級のバラ園があります。

こちら正面に見えるのが「西ゲート」。「東ゲート」もあるのですが、今回はこちらの西ゲートから入ることに。この日はまだ暑かったのですが、青空に緑がより映えていい感じ。

スポンサーリンク


花フェスタ記念公園

こちらが山々に囲まれた「駐車場(無料)」。西駐車場1000台/東駐車場700台とスペースもかなり広いので、混雑時でも駐車で待たされる心配も少なそう。

花フェスタ記念公園

こちらは「ラベンダー」でしょうか、入り口近くでお出迎してくれます。

花フェスタ記念公園

こちらが西ゲート入り口。こちらで入場券を購入します。通常「大人520円 / 高校生以下無料」ですが、春・秋バラまつり期間(秋=2018年10月 6日(土)〜11月 11日(日))は「大人1,000円 / 高校生以下無料」となります。季節で価格が変わるのも、考えようによっては良心的かも。休園日は「毎週火曜日 / 年末年始(春秋のバラまつり期間中は休まず営業)」とのこと。

花フェスタ記念公園

西ゲート入ってすぐはこんな感じ。目の前には緑深い山々がそびえ立ちます。案内看板のそばには案内人の方もみえるので、見どころなどを尋ねると色々と教えて下さいます。

花フェスタ記念公園

入り口近くに添えられたバラの花々。緑にピンクが映えて綺麗。

花フェスタ記念公園

アップで見るとこんな感じ、いやー美しい。この日(10/7日)はまだ全体の2,3割ほどの咲き具合ということで、バラの見頃は「10月下旬」になる見込みとのこと。ちょっと時期的には早かったですが、一足先にこうして皆さんにリアル状況をお伝えできるという意味では良かったかも。

花フェスタ記念公園

10月ハロウィンの飾りなども。

花フェスタ記念公園

西ゲートのすぐ左側には、こんな感じにレストランや飲食屋台が立ち並んでいます。ちょうど昼時でお腹も空いてきたので、こちらのレストランの一つに入ることに。

花フェスタ記念公園

こちらが今回ランチを頂いたレストラン「グラウスダイニング – GrouseDining -」。岐阜県産の食材にこだわったメニューを豊富に取り揃えているとのこと。

花フェスタ記念公園

店内はこんな雰囲気。自然の木材を使用した優しい雰囲気。こちらはセルフサービスとなっていて、まずは左のカウンターにて料理を注文します。

花フェスタ記念公園

こちらが「メニュー」。岐阜といえば飛騨牛でしょ、ということで「飛騨牛ハンバーグプレート」「飛騨牛チーズハンバーグプレート」を注文。

花フェスタ記念公園

中ではシェフの方々が調理作業に追われて忙しそう。

花フェスタ記念公園

窓際も窓が広くとってあり、緑の木々が見えていい雰囲気

花フェスタ記念公園

こちらが「飛騨牛チーズハンバーグプレート」1,280円。料理が一皿にまとまっているので、セルフサービスでも持ち運びが楽ちん。

花フェスタ記念公園

こちらがメインの飛騨牛チーズハンバーグ。見た目は美味しそうだけれど、ちょっと期待よりは小ぶりな印象。これはちょっと男性には物足りない感があるかも。

花フェスタ記念公園

ハンバーグをカットしてみるとこんな感じ。お肉がぎっしりと詰まっています。デミグラスソースもたっぷり。

花フェスタ記念公園

それでは一口頂きます。お肉はとっても柔らかくて、噛むたびに中から旨味が染み出してくる感じ。デミグラスソースもコクがあって、チーズとの相性も抜群。さすが飛騨牛を使用しているだけあって、肉の旨味が凝縮されている感じ。

花フェスタ記念公園

こちらが「飛騨牛ハンバーグプレート」1,180円。こちらはチーズ無しのシンプルなハンバーグ。

花フェスタ記念公園

こちらも同じく美味しかったのですが、やはりサイズ的にちょっと物足りない感が。飛騨牛だし観光地だしということで割高感があるのは仕方ないとしても、もう少しハンバーグサイズは大きくして欲しかった。なんといっても飛騨牛ハンバーグがメインですし、ご飯やサラダの大きに負けているようでは、インパクトが足りない気が。(今後に期待)

花フェスタ記念公園

レストランを出てすぐ目の前には、屋台風のお店が色々と立ち並んでいます。こちらでは「コスモス」や「バラ」などの花々が販売。

花フェスタ記念公園

赤や黄色が鮮やかな花々も。日差しが射して色も鮮やか。ということでお腹も膨れたことですし、本格的に園内散策に出かけることにしますか。(^_-)-☆

↓続きはこちらから↓
岐阜県可児市にあるバラと花のテーマパーク「花フェスタ記念公園」を訪れてみた〜ひだ牛乳ソフトを味わったり、世界のバラ園を散策したり〜

花フェスタ記念公園

スポンサーリンク




コメントは受け付けていません。