岡崎サービスエリアにて購入してきた「八丁味噌まん」や「かりんとうまんじゅう」を味わってみた〜

岡崎サービスエリア

先日、地元名古屋から新東名高速道路を利用して新城市を訪れたのですが、高速道路を利用する楽しみの一つがサービスエリア(SA)。最近のSAはショッピングモール並に充実しているので、見応えがあるんですよね。その地域に根づいた限定品なども販売されているので、そういった商品を見つけるのも楽しみの一つ。

ということで今回は2016年に新規オープンした「岡崎サービスエリア」に立ち寄ってみました。

岡崎サービスエリアにて、炭火焼「奥三河鶏もも焼」や大人気ベーカリーパンのトラ「岡崎おうはんクリーム」などを満喫〜

新城市に向かう行きにも上り線側「岡崎宿」へ立ち寄ったのですが、時間の都合で余りゆっくり見れなかったので、帰りの下り線側「森のエントランス」にも立ち寄ることに。こちらのSAは上下線共用(集約)型となっているので、広いうえに動線がわかりやすいんです。

こちらが「包宝 PAOPAO」。できたての本格的な点心が手軽に味わえるお店。デパ地下、駅ナカなどでも人気があります。

スポンサーリンク


岡崎サービスエリア

こちらが岡崎SA限定品の「八丁味噌まん」。国産牛すじと八丁味噌のコラボということで、これはなかなか珍しい組み合わせ。期待も高まります。

岡崎サービスエリア

こんな感じに専用袋にて1個ずつ丁寧に梱包されています。

岡崎サービスエリア title=

袋から取り出してお皿に盛り付けてみました。サイズも結構大きくて重量もあります。

岡崎サービスエリア

半分に割ってみました。中にはぎっしりと具材が入っています。それでは一口頂きます。モッチモチで弾力のある生地を噛みしめると、中からは八丁味噌をベースとした豚と牛すじ具材がたっぷりと出てきます。

八丁味噌の風味が濃厚なのですが、決してくどさはなく生地とのバランスも絶妙。具材がいわゆる”どて煮風”に仕上がっているので、豚まんとはまた異なったコクと旨味が味わえます。

岡崎サービスエリア

知立名物として有名な「大あんまき」も販売されていました。

岡崎サービスエリア

こちらが「フードコート」。こちらのフードコートには、みそかつで有名な「矢場とん」手打ち釜揚げうどん 「大正庵釜春」CAFETERIA 「岡崎農場」さんわ若鶏で有名な「伊藤和四五郎商店」などが入っています。こちらも多くのお客さんで賑わっていました。

岡崎サービスエリア

そんな中、気になったのがこちらのお店「かりんとうまんじゅう」。以前食べた時にとても美味しかったので、お土産として購入して帰ることに。

かりんとう饅頭とは、黒糖を練り込んだ生地で甘さ控えめのこしあんを包んだ饅頭を、油で揚げることで作られる。揚げることで表面がカリッとした食感でかりんとうの風味に似ることが特徴である。福島県田村市の老舗菓子店「あくつ屋」が発祥とされている。(Wikipediaより抜粋)

岡崎サービスエリア

こちらがその「かりんとうまんじゅう」。定番のこしあんが入ったタイプだけではなく、チーズクリームや芋が入ったタイプもあったので、色々と購入してみることに。1個ずつ専用袋をつけてくれるのも嬉しい気遣い。

岡崎サービスエリア

こちらが「黒糖(こしあん)」。半分に割ってみると、中にはたっぷりのこしあんが入っています。外皮はカリッカリ、中はしっとりと甘くて、何度食べても癖になる美味しさ。

岡崎サービスエリア

こちらが「いも」。名前通り焼き芋が真ん中に入っています。外皮のカリカリ感と芋のまったりとした自然の甘さがいいバランス。

岡崎サービスエリア

こちらが「チーズクリーム」。こちらだけ焼き色が異なります。外皮はカリッカリ、中にはたっぷりチーズクリームが入っています。チーズクリームの濃厚さとまったり感が、これまた生地に合うから不思議。これはもう洋菓子といってもいいかも。

岡崎サービスエリア」今回じっくりと立ち寄ってみましたが、いかがでしたでしょう。専門店も多いですし、店内での飲食スペースも豊富。お土産も様々な種類のものが販売されているので、デパ地下を訪れたようなワクワク感があります。

こちらだけで販売されている岡崎SA限定商品も多いので、新東名高速道路を利用された際にはぜひ一度立ち寄られてみてはいかがでしょうか。(^_-)-☆

岡崎サービスエリア

スポンサーリンク




コメントは受け付けていません。