コスパ最高!タッチディスプレイ&スタイラスペン付属の2 in 1ラップトップ「Acer Switch 3 SW312-31-A14Q」を購入してみた〜開封の儀から使用感まで〜

2 in 1ラップトップ Acer Switch 3 SW312-31-A14Q

現在の自分の作業環境はといえば、昨年購入した「MacBook (Core i5仕様)」がメインPCとなっていますが、今のところ全く不具合もなく日々快適に使用中。4K動画編集など極端に重たい作業をする場合には非力かもしれませんが、そうした重たい作業を除いては全く問題なく使用できています。

ついに我が家にやってきた!「MacBook ローズゴールド Core i5 モデル」やっぱり美しい輝き!開封の儀など〜

メインで使用しているPCはMacですが、Windowsもたまに使用する事があったりするので、サブノートとしてこちら「HP Stream 11-r016TU Windows10」も使用中。こちらは2年前に購入したモデル、現在も現役で動いてはいるのですが、eMMC(32GB)ということでWindowsの更新もままならなくなってきました。最近のWindows10は肥大化してきていますからね。

スカイブルーが眩しい「HP Stream 11-r016TU Windows10」サブノートPC購入〜開封の儀など!^^

ということで仕方なく、お手頃価格のWindowsラップトップを探すことに。ここ最近、色んなモデルをずっと見てまわっていたのですが、お手頃価格でコスパ最高のタッチディスプレイ&スタイラスペン付属の2 in 1ラップトップ「Acer Switch 3 SW312-31-A14Q」を見つけたので、そちらを購入することに。

外箱はこんな感じ。高級感があります。2017年9月発売モデルながら、発売当初の半値近くで販売(もちろん新品)されていました。Surface Goの日本販売価格に落胆していた身としては、思わずこちらを選択することに。

スポンサーリンク


2 in 1ラップトップ Acer Switch 3 SW312-31-A14Q

蓋を開けるとこんな感じ。とても綺麗に梱包されています。

2 in 1ラップトップ Acer Switch 3 SW312-31-A14Q

中身はこんな感じ。「Acer Switch 3 SW312-31-A14Q 本体」「キーボードドック」「アクティブスタイラスペン」「ACアダプタ(45W)」「保証書・国際旅行者保証書」「セットアップガイド(日本語表記あり)」が入っています。4万円台という価格(購入時)でアクティブスタイラスペンまで付いてくるのは素晴らしい。

2 in 1ラップトップ Acer Switch 3 SW312-31-A14Q

こちらが「Acer Switch 3 SW312-31-A14Q」本体。本体サイズ「幅295×高9.95×奥201mm」モニタサイズ「12.2型」解像度「1920×1200」あるので、液晶もとても綺麗。

2 in 1ラップトップ Acer Switch 3 SW312-31-A14Q

こちらが背面側。下方に付いているキックスタンドを広げて角度調整します。重量「約0.9kg(キーボード装着時1.25kg)」と若干重め。タブレットと考えると重く感じますが、ラップトップと考えればそれ程苦にはならない印象。

2 in 1ラップトップ Acer Switch 3 SW312-31-A14Q

こちらが付属の「キーボードドック」。こちらもセットになっているのは嬉しい。

2 in 1ラップトップ Acer Switch 3 SW312-31-A14Q

キーボードの着脱もマグネットヒンジで一発簡単着脱。マグネットもかなり強力なので、使用していても安心感があります。キーボードは思っていたよりも作りがしっかりとしていて、キータッチも悪くない印象。

2 in 1ラップトップ Acer Switch 3 SW312-31-A14Q

手前側には「トラックパッド」も。トラックパッドは色んな動作が可能ですが、MacBookのものと較べると、スムーズさという意味では今一歩という感じは拭えません。

2 in 1ラップトップ Acer Switch 3 SW312-31-A14Q

本体とキーボードを合体させるとこんな感じ。サイドにスタイラスペン用のホルダーがあるのもいいですね。見た目もスタイリッシュで高級感があり、気に入っています。(中央acerの文字はAppleみたいなロゴマークの方がいいかな)

2 in 1ラップトップ Acer Switch 3 SW312-31-A14Q

液晶画面を開いてみるとこんな感じ。キーボードを打つ時には、キーボード奥を液晶側に引っ付けた方が、かっちりと固定されて打ちやすいです。「Intel Celeron N3350、Intel HD グラフィックス 500、メモリ4GB、eMMC 128GB」とそれ程ハイスペックではありませんが、サブノートとして使用するには十分そう。128GBあれば、しばらく容量に困ることもなさそう。

2 in 1ラップトップ Acer Switch 3 SW312-31-A14Q

背面側から見るとこんな感じ。キックスタンドは最大165度まで画面の角度を調整可能。スタンドの両端にくぼみが付いているので、手探りでもスタンドの位置が探せます。

2 in 1ラップトップ Acer Switch 3 SW312-31-A14Q

一番寝かせるとこんな感じ。キックスタンドはかなり固めなので、自然と動いてしまう心配はまずなさそう。キックスタンドなどの装備品周りも、かなりしっかりと作り込まれている印象。

2 in 1ラップトップ Acer Switch 3 SW312-31-A14Q

こちらが左サイド部分。こちら側にポート類関係が集まっています。上から「ヘッドフォン/スピーカージャック」「USB3.1(Type-C、Gen1、最大5Gbps)」「USB3.0」「microSD」「ACアダプター用DCインジャック」となっています。Type-Cポートが付いているのも嬉しい。

2 in 1ラップトップ Acer Switch 3 SW312-31-A14Q

こちらが付属の「アクティブスタイラスペン」。別売りではなく、付属するのはありがたい。

2 in 1ラップトップ Acer Switch 3 SW312-31-A14Q

アップで見るとこんな感じ。上側を回すと蓋が外れるので、そちらから電池を入れます。適度に重量もあり、握った感じは悪くない印象。こうしたアクティブスタイラスペンって単体でも結構高いので、本格的なペンが最初から付属しているのは助かる。

2 in 1ラップトップ Acer Switch 3 SW312-31-A14Q

ACアダプターを繋いで電源を入れてみることに。ACアダプターがMacBook並にコンパクトなのも好印象。電源ボタンは液晶左上にあるので、そちらを長押しします。

2 in 1ラップトップ Acer Switch 3 SW312-31-A14Q

Windows10では初期設定も音声で対応してくれるみたい、こりゃ便利。

2 in 1ラップトップ Acer Switch 3 SW312-31-A14Q

地域やWi-Fi設定などを済ませてから、Microsoftアカウントにログイン

2 in 1ラップトップ Acer Switch 3 SW312-31-A14Q

OneDriveを使用している人ならば、そのまま設定やファイルが引き継がれます。ほんと一昔前と較べると、新規PC立ち上げも楽になりました。昔はほんと一日掛かりでしたから。

2 in 1ラップトップ Acer Switch 3 SW312-31-A14Q

少し待つと液晶画面が立ち上がりました。以前のWindowsPCの壁紙も、そのまま引き継がれています。モニターも解像度1920×1200なので、とっても綺麗。これだけの解像度があれば、12.2インチでも十分ですね。

2 in 1ラップトップ Acer Switch 3 SW312-31-A14Q

キーボードドックもしっかりと固定されていていい感じ。自分としてはタブレットというよりもラップトップという位置づけで使うことがメインになりそう。

2 in 1ラップトップ Acer Switch 3 SW312-31-A14Q

スタイラスペンでのタッチ操作も悪くない印象。(この辺りの操作感はまた後ほど詳しく)また最初から「KINGSOFT Office 2013 Standard」がインストールされているのも嬉しいところ。

2 in 1ラップトップ Acer Switch 3 SW312-31-A14Q

PCのファイルを開くとこんな感じ。初期C:の空き容量は「67.4G」ほど。最初のうちはアプリやWindows10更新作業が続くので、しばらくは動作が重たくなります。とくにWindows10が新しく再インストールされることもあり、全ての更新作業が終わるのに5,6時間が必要。Windowsはこのアップデートの長さが鬱陶しいところですが、まぁ仕方ないところですね。

2 in 1ラップトップ Acer Switch 3 SW312-31-A14Q


・立ち上げ直ぐの使用感はどんな感じ?


こちら試しに「Webブラウザ(Google Chrome)」「テキストエディタ(Simplenote)」「音楽アプリ(Spotify)」を同時に開いて使用してみました。全然問題なく使用出来ています。この状態でWebブラウザを続けて5,6枚とか開くと、さすがにもっさりとしてきますが、それでもフリーズしてしまうような事はありません。

YouTubeやAmazonプライムビデオなども特に問題なく視聴できていますし、思っていたよりも全然快適な印象。サブノートPCという位置づけで考えれば、必要十分なのではないでしょうか。

起動 / 13秒」「終了 / 10秒」(ともにボタンを押してから)と素早いのも大きなポイント。これもeMMCストレージの恩恵ですね。通常はスリープにしておけば、ものの数秒で立ち上がります。

2 in 1ラップトップ Acer Switch 3 SW312-31-A14Q


・ベンチマークはどんな感じ?


ドラゴンクエストベンチマークテスト」を試してみたところ、「スコア:2008 / やや重い」の評価に。”ゲームプレイは可能ですが、処理負荷によっては動作が重くなります”とのこと。それでもこの数字ならば3Dゲームも遊べないことはなさそうで、なかなか頑張っっている印象。

2 in 1ラップトップ Acer Switch 3 SW312-31-A14Q


・「Acer Switch 3 SW312-31-A14Q」いいところ、いまいちな点は?


いいところは、

とりあえず使い始めてみて1週間ほどの使用感ですが、サブノートPCと考えれば全然余裕で使えるなという印象。動画編集などの重たい作業をしなければ、それなりに快適に動いてくれます。また液晶がとても綺麗で見やすいのもいい。まだ余り使用していませんが、タッチ操作可能なスタイラスペンもあると何気に便利。

いまいちな点は、

スピーカーの音に関しては、期待しない方が良さそう。聴けないほどではありませんが、低音はほとんど響かない印象。キーボードは意外と打ちやすかったのですが、トラックパッドの操作性は今一つ。普段からMacBookを使用しているので、余計にそう感じてしまうのかも。

Acer Switch 3 SW312-31-A14Q」価格・機能・スタイルとトータルで考えてみても、とてもバランス感に優れたコスパの良い買い物が出来ました。また色々と使用してみて、随時レポートしていきたいと思います。(^_-)-☆

↓続きはこちらから↓
2 in 1ラップトップ「Acer Switch 3 SW312-31-A14Q」WindowsストアアプリをmicroSDカードへ直接ダウンロード保存する方法、その他機能の使用感など〜

スポンサーリンク




コメントは受け付けていません。