[隠れバンド発掘] ギリシャ発メロハーバンド「WILD ROSE(ワイルドローズ)」80年代AORロックを思い出させるような、ノリと叙情性に富んだメロディが素晴らしい〜

ギリシャ発メロハーバンド「WILD ROSE(ワイルドローズ)」

ちょっと久しぶりの[隠れバンド発掘]コラム。今回は日本では余り馴染みがないギリシャ発のメロハーバンド「WILD ROSE(ワイルドローズ)」をご紹介してみることにしましょう。音楽雑誌「BURRN!」輸入盤チャートにて、2ndアルバム「Dangerous」がNo.1を獲得しているので、ハード&メタル系ロックが好きな方ならばご存知の方もいるのかな。

2004年、ギタリストのアンディ・ロック構想の下、ギリシャアテネにてキャリアをスタート。2007年1stプロモ・シングル「It’s All About Love」を制作、地元を中心にライヴ活動を開始。その後、2011年に1stアルバム「Half Past Midnight」を発表。AOR系メディアから高評価を獲得、フェスティヴァル等へ出演することで徐々に名前が知られるように。

メンバーは、

David A.Saylor (vo)
Andy Rock (g)
Tiny Karpo (g)
Phil Gun (b)
Junior Domanos (dr.)
Dirty Haris (key)

の6人編成。ギター2人にキーボードも入った編成で、80年台AORロックを思い出させるような正統派のメロディアスハードロックバンド(メロハーバンド)として、時代に振り回されることなく、自分達の好みの音を追求し続けています。

2013年には、2ndアルバム「Dangerous」をリリース。BURRN!誌インポートチャートでNo.1を獲得するなど、日本でもその名前が知られるように。2015年には通算4作目となる「4」を完成。これまでの余りセンスが良いとは言えない女性&車のイラストからイメージチェンジ、スタイリッシュな雰囲気を感じさせるアルバムジャケットに仕上がっています。

スポンサーリンク


こちらがアルバム「4」ファーストシングルとして発売された楽曲「Desperate Heart」。まるでメロハーバンドのお手本のような爽やかでちょっと切ないメロディに、自然と引き込まれていきます。ちょっとハスキーなボーカルとコーラスもいい感じ。ギターソロも秀逸で、見事なまでに全体がまとまっていています。

こちらが彼らWILD ROSEのライブ映像。そんなに大きな箱ではありませんが、その分臨場感が感じられていい雰囲気。2011年1stアルバムデビューですが、見た感じ皆さんそんなに若くはないのかな。でもだからこそメロハーバンドとして、年季の入った歌と演奏を聴かせることができるのかも。

こちらは2014年のアルバム「Hit ‘n’ Run」から「I Want Your Love」アコスティックバージョン。アルバム原曲はノリノリな感じですが、こちらのアコスティックバージョンも味があっていいですね。

ギリシャ発メロハーバンド「WILD ROSE(ワイルドローズ)」80年代のバンド?って思うほど、メロハーバンドとしての王道を全くブレることなくひた走っている彼ら。最近では逆にこうしたバンドは少なくなってきているので、メロハー好きな自分としては大歓迎。

デビューからのバンドとしてのキャリアはそう長くないので、まだまだこれからが期待できる彼ら。今後も引き続き応援していきたいと思います。(^_-)-☆

スポンサーリンク




コメントは受け付けていません。