[今週の気になる] これは超絶便利!Google Homeが音声で調べた移動先ルートを、スマホに自動転送(通知)してくれるようになったみたい〜

Google Home mini Google アシスタント

スマートスピーカー、現在我が家には計4台のスマートスピーカーがあるのですが、どれもそれぞれに特徴があり、それぞれの場所で日々活躍してくれています。

それぞれに良し悪し特徴があったりするのですが、

反応が良くて、そこそこ音も良い「Amazon Echo」 → PCルーム
音声情報処理能力が高い「Google Home mini 」 → キッチン
家電との連携が可能な「LINE Clova WAVE」 → リビング
目覚ましアラームやお天気を中心に「Amazon Echo Dot」 → 寝室

という感じに使い分けています。

そんな便利なスマートスピーカーですが、先日Google Homeが音声で調べた移動先ルートをスマホに自動転送(通知)してくれるようになったみたいなので、早速試してみることに。

こちらが「Google Home mini」。音声情報処理能力が高く、我が家ではキッチンで大活躍。今回はこちらのGoogle Home mini を使って、試してみることにしましょう。

スポンサーリンク


Google Home mini Google アシスタント

スマホに自動転送(通知)をさせる為には「Google アシスタント(無料)」アプリが必要になります。Androidスマートフォンならば最初からインストールされていると思いますが、iPhoneなどのiOS端末には入っていないので、まずはGoogle アシスタントアプリをインストールすることに。

検索するとすぐに出てくると思いますので、こちらから「入手」をクリックしてインストール。

Google Home mini Google アシスタント

アプリを立ち上げたなら、最初に利用中のGoogleアカウントへと関連付けをします。下の「○○○で続行」をクリック。

Google Home mini Google アシスタント

すぐに利用が出来るようになりました。iPhoneでいうところの「Siri(シリ)」と同じで、音声だけで色んな情報をサポートしてくれます。自分はAndroid端末も利用していますが、音声情報端末としては、iOSよりもAndroidの方が精度が高い印象。やはりその辺りは、検索最大手のGoogleが監修しているだけのことはありますね。

Google Home mini Google アシスタント


・Google Home mini に目的地への行き方を尋ねてみる〜


それでは実際にGoogle Home mini 行きたい場所(目的地)を尋ねてみることにしましょう。

試しに「OK Google 土岐アウトレットへの行き方は?」

と尋ねてみました。するとすぐにルートや時間などを音声で返答してくれたのですが、最後に「スマートフォンの方にも転送します」との一言が追加されているではありませんか。やはりGoogle Homeで調べたお店や移動ルートが、そのままスマートフォンへ自動転送されるようになっている模様。もし自動転送されなくても続けて「スマートフォンに転送」と言えば転送されるとのこと。

Google Home mini Google アシスタント

iPhone Xの通知を見ると、ちゃんと通知が残っていました。(手持ちのAndroid端末にも)そちらをクリックすると「Google Homeから送信」として「こちらが見つかりました」という表記と同時に地図とルート情報が転送されていました。

いやーこの機能、超絶便利じゃないですか?これまでは毎回スマホを開いて調べていたものが、音声だけで完了することができます。出かける前にGoogle Homeでパッと尋ねておけば、後は出先でスマートフォンを開いて内容確認が出来るというわけ。

Google Home+Google アシスタント(スマホ)」この組み合わせで、目的地探しが超絶便利になります。これを機会にGoogle Homeなどのスマートスピーカー導入を検討してみるのもいいかもしれせんね。(^_-)-☆

スポンサーリンク




コメントは受け付けていません。