愛知県西尾市にある西尾抹茶の老舗「あいや」にて、お抹茶みつ豆や抹茶ソイラテ、抹茶バームクーヘンを味わう〜

西尾抹茶の老舗「あいや」

愛知県西尾市といえば、全国でも有名なお茶の産地。とくにお抹茶が有名。という事で、西尾のお抹茶を味わうべく西尾お抹茶の老舗「あいや」を再訪問してみました。日本で本格的にお茶の栽培が始まったのは平安時代の末期と言われており、こちら「あいや」は、1888年より西尾の地にてお抹茶を作り続けている老舗となります。

西尾お抹茶の老舗「あいや」にて、極上抹茶と抹茶わらび餅を味わう!^^

2015年にも一度訪れたのですが前回は余りゆっくり出来なかったので、今回は色んなお抹茶スイーツを味わうべく再訪問してみることに。こちらが西尾お抹茶の老舗「あいや」入り口。さすが歴史ある老舗だけあって、門構えも立派。

スポンサーリンク


西尾抹茶の老舗「あいや」

店舗から少し離れた(10mほど)ところに客用の駐車場があるのですが、そこからお店まではこんな感じの庭園が導いてくれます。

西尾抹茶の老舗「あいや」

緑豊かな日本庭園の中を歩くだけで、もう別世界に来たような雰囲気に浸れるから不思議。

西尾抹茶の老舗「あいや」

中に入ると、すぐにこのようなオブジェがお出迎えしてくれます。茶器とひまわりがあしらわれ、とっても素敵な空間を演出。

西尾抹茶の老舗「あいや」

店内には「あいや」オリジナルのお抹茶関連商品が所狭しと並べられています。「抹茶」「玉露」「煎茶」「ほうじ茶」「抹茶スイーツ」「茶道具」など、沢山種類があって眺めているだけでも楽しい。

西尾抹茶の老舗「あいや」

外庭近くに並べられた「茶道具」。灯りを使った演出も素晴らしい。陶器類を見て回るのも大好きなので、こうした茶道具にも興味津々。

西尾抹茶の老舗「あいや」

こちらが中央カウンター。こちらで商品のレジ会計を行います。また奥の方には「喫茶室」もあり、お抹茶や煎茶、お抹茶スイーツなどが頂けます。

西尾抹茶の老舗「あいや」
(こちらの画像は前回撮ったもの)

こちらが店内にある喫茶室。お土産店の隣に設けられていて、シックで落ち着いた雰囲気。奥の大きな窓際からは、庭園を眺めることも。庭園の落ち着いた風景を眺めながらお抹茶を頂く一時、日本ならではの優雅さを感じる事が出来ます。

西尾抹茶の老舗「あいや」

こちらが「煎茶と抹茶スイーツセット」。左から「抹茶ラスク」「抹茶バームクーヘン」「抹茶テリーヌ」の3種類のスイーツが煎茶と一緒に味わえます。煎茶はとても香ばしくて、奥深い味わい。どのスイーツも抹茶の風味が濃厚で、噛む度に風味が口の中に広がります。どれも甘すぎることなく、煎茶とのバランスも抜群。

西尾抹茶の老舗「あいや」

こちらが「抹茶みつ豆」。抹茶ソフトクリームやモナカまで入っていて、ボリューム満点。こちらもお抹茶の風味が濃厚ながら、全体的に見た目ほど甘すぎることもなく、気がついたらペロッと食べれちゃいます。まさにスペシャルなみつ豆、和菓子好きには堪らない一品。

西尾抹茶の老舗「あいや」

こちらが「抹茶ソイラテ」。ちなみにソイラテとはコーヒーに温めた豆乳を加えたもの。そこに生クリームと抹茶ソースをのせたのが、こちらの抹茶ソイラテ。見た目は生クリームたっぷりで甘そうですが、意外と甘さも控えめでさっぱり。豆乳と抹茶の風味が、さりげなく口の中に広がります。身体にも優しそうで良さげ。

西尾抹茶の老舗「あいや」

こちらが隣接して新しくできた西尾の抹茶ミュージアム「和く和く WAKWAK」。こちらは、わくわくするような抹茶体験や製造工程の見学を通して、抹茶の新しい魅力に触れられる体験型博物館。こちらも訪れたかったのですが、残念ながら超人気みたいで予約がとれませんでした。

お抹茶がどうやって作られているのか?興味ありますよね。WEBからも予約を受け付けているみたいなので、またいつか機会を見て訪れてみたいと思います。

西尾抹茶の老舗「あいや」オリジナリティ溢れるお抹茶スイーツからお抹茶・煎茶まで、見て食べて楽しむことができます。お抹茶好きな方、ぜひ一度訪れてみてはいかがでしょうか。(^_-)-☆

西尾抹茶の老舗「あいや」

スポンサーリンク




コメントは受け付けていません。