老舗天ぷらかき揚げ店「天ぷら 光村(みつむら)」にて、「鮎の天ぷら」「おくらの天ぷら」など旬の食材を満喫〜

天ぷら 光村(みつむら)

地元名古屋清水にて昭和48年から創業を続ける老舗天ぷらかき揚げのお店「天ぷら 光村(みつむら)」にお邪魔してきました。こちらのお店は昔から定期的に通っているのですが、2階には広い座敷があるので、大人数で集まる時にはいつも利用させてもらっています。

地元では有名店で、ご飯時にはいつも外まで列が出来ています。場所は「名古屋市北区清水3-19-18」電話「052-911-3512」営業時間「11:00~14:00(L.O.13:30)17:00~21:00」「定休日/水曜日」となっています。

「座席数/64席(座敷あり)」「駐車場/19台」。お店の前にも駐車場があります。1階はカウンター席とテーブル席。2階は畳のお座敷席があります。お座敷があるので、大人数や子供連れでも安心して訪れることができます。(大人数時には予約必須)

こちらが今回のメイン料理といってもいい旬の食材「鮎」を使用した「鮎の天ぷら」。見た目からして美しい。食レポは後ほどということで。

スポンサーリンク


天ぷら 光村(みつむら)

こちらが2階のお座敷席。畳の大広間になっています。2階は座敷がメインですが、テーブル席も若干あります。テーブルをくっつければ、10人程の人数でも皆一緒に座ることができます。またご年配の方とか座布団に座るのがきつい方には、小さい座椅子を貸してくれるのも嬉しい心遣い。

天ぷら 光村(みつむら)

こちらがメニュー。「かき揚げ丼」が一番人気の定番メニュー。天丼や穴子天丼も人気があります。今回は旬の食材「鮎の天ぷら」や「おくらの天ぷら」などで一杯やりながら、「天ぷら」「丼物」へといくことに。

天ぷら 光村(みつむら)

まずはこれでしょ。麦酒でかんぱーい!付け出しとして「烏賊と明太のあえもの」が付いてくるのも嬉しい。烏賊もとっても柔らかくて、明太のプチプチ感も最高。

天ぷら 光村(みつむら)

もちろん「お新香」も付いてきます。軽く醤油をかけて。

天ぷら 光村(みつむら)

こちらが「生野菜の盛り合わせ」。こちらは小皿につけ分けたもの。冷たく冷やされた生野菜に山芋や海苔などが添えられています。ごま風味のあっさりとした和風ドレッシングもいい。

天ぷら 光村(みつむら)

こちらが今回のメイン料理といってもいい旬の食材「鮎」を使用した「鮎の天ぷら」。小ぶりな鮎が丸々一匹そのまま天ぷらになっています。添えられたレモンを絞って、一口頂きます。

サクッとした衣の食感を感じるとともに、鮎の独特な風味が口の中に広がります。丸ごと一匹ということで、程よく苦味も感じられ、まさに大人の味わい。麦酒と一緒に流し込むと、至極の一時に。

自分としても、鮎は大好きな川魚。7,8月の若鮎は骨までやわらかく、美味といわれるまさに旬もの。毎年、鮎の塩焼きは頂くのですが、なかなか鮎の天ぷらを食べることは無かったので、この一品だけでも大満足。

天ぷら 光村(みつむら)

こちらは「野菜天麩羅盛り合わせ」。様々な野菜の天麩羅が、てんこ盛りで登場。「なす、ししとう、玉葱、ピーマン、さつま芋、アスパラ、しいたけ」などの野菜たちが、彩り豊かに盛り付けられています。

天ぷら 光村(みつむら)

七味をかけ天つゆにつけて、頂きます。衣はサクッサク、中はまだ熱々で、揚げたてそのもの。どのネタも、噛む度に野菜本来の甘みと旨味が染み出してくる感じ。あっさり目の天つゆが、またいい仕事しています。

天ぷら 光村(みつむら)

こちらが「おくらの天ぷら」。おくらも夏の旬野菜。毎年、家庭菜園でおくらも育てていたのですが、今年は引越しなどがあって家庭菜園が出来なかったので、余計におくらが恋しい気分。衣はサクッサク、噛むとおくら特有のネバネバ感が口の中に広がります。このネバサクッ感が堪りません。

天ぷら 光村(みつむら)

こちらが「大盛りかき揚げ(三人前)」。サイズ感が判りにくいですが、こちら大皿なので「30cm」近くはあるでしょうか。まさに大盛りかき揚げ。一人前サイズの「かき揚丼」もありますが、大人数の場合にはこちらで注文することが多いかも。丼ぶりでも天麩羅としても楽しめるので、一挙両得って感じ。

天ぷら 光村(みつむら)

こちらが「白ご飯」。こちら白ご飯の上に、先のかき揚げをのせます。一緒に「お味噌汁(赤味噌)」も付いてきます。

天ぷら 光村(みつむら)

先程の「大盛りかき揚げ」を小分けしてから、白ご飯の上にかき揚げをのせてやります。その上から天丼たれをたっぷりかけます。お好みで七味を振りかけて頂きます。サクッサクに揚がった天麩羅に、甘めのたれが染みて極上の味わいに。中から出てくるプリプリ食感の海老や烏賊が、より一層かき揚げの旨味を引き立ててくれます。

天ぷら 光村(みつむら)

こちらが「野菜天丼」。一緒に訪れた姪っ子の子供(3歳)は、蓮根やおくらなどの野菜類が大好物ということで、野菜天丼をメインに食べていました。小さい子どもは野菜嫌いの子が多いと思うのですが、3歳にして野菜が大好きというのはいいこと。そのまま大きく育っていって欲しい。

老舗天ぷらかき揚げのお店「天ぷら 光村(みつむら)」ちょっと久しぶりにお邪魔しましたが、いつも通りの間違いない味で、最高の一時が味わえました。とくに旬もの「鮎の天ぷら」に出会えて最高の気分。

天麩羅はもちろんのこと、旬の一品料理も美味しいので、ぜひ一度ご賞味あれ。(^_-)-☆

天ぷら 光村(みつむら)

スポンサーリンク