憧れのPCスピーカー「BOSE Companion 2 Series III multimedia speaker system」をついに購入!開封の儀から使用感まで〜

BOSE Companion 2 Series III multimedia speaker system

BOSE(ボーズ)スピーカー、音楽好きな方ならば一度はどこかで耳にしたことがあるであろう、世界でも有数の老舗音響機器メーカー。アメリカ合衆国マサチューセッツ工科大学(MIT)教授アマー・G・ボーズ氏が、自身の研究の製品化などを行う企業として1964年に設立した会社。

自分が昔よく通っていた喫茶店(音楽喫茶)内でBOSEスピーカーが使われていたのですが、「小さいながらもいい音するなー」と当時から憧れをもっていました。でも価格もそれなりに高価だったので、なかなか個人で手が出せる感じではなかったんです。

でも最近ではPCスピーカー専用のものなど、比較的お値打ちなシリーズも色々と販売されているのですね。ということで先日の引越しを機会に憧れのPCスピーカー「BOSE Companion 2 Series III multimedia speaker system」を購入することに。

こんな感じの外箱に入っています。そこそこ重量感もあります。

スポンサーリンク

BOSE Companion 2 Series III multimedia speaker system

中身を取り出してみました。それぞれがきっちりと梱包されています。この辺りはさすが老舗だけあって、安心感があります。

BOSE Companion 2 Series III multimedia speaker system

中身を並べてみるとこんな感じ。「BOSE Companion 2 Series III multimedia speaker system 本体」「オーディオ入力ケーブル(ミニプラグ付き)」「スピーカーケーブル」「ACアダプターパック」が内包されています。

BOSE Companion 2 Series III multimedia speaker system

ACアダプターも「5種類のアダプター」が付属しているので、世界各国どこに持っていっても直ぐに使用可能。この辺りはさすが世界有数の企業だけのことはありますね。

BOSE Companion 2 Series III multimedia speaker system

「BOSE Companion 2 Series III multimedia speaker system」本体を並べてみるとこんな感じ。カラーはブラックで統一され、見た目もスタイリッシュで格好いい。サイズ「80W×190H×150Dmm」と全体的に縦長デザイン。PCでの使用を前提に設計されており、全体がわずかに上向きになっています。まさにPC前で最強の環境で音楽を聴くためのスピーカーとなっています。

BOSE Companion 2 Series III multimedia speaker system

こちらが右スピーカー。下方にはボリュームコントロールとヘッドホンジャックが付いています。

BOSE Companion 2 Series III multimedia speaker system

ボリュームコントロールを右に回してやることで、スピーカーのスイッチも入る仕様となっています。薄暗いところでは電源オンオフが判りにくいので、オンオフを知らせるLEDライトが付いていると尚良かったかも。

BOSE Companion 2 Series III multimedia speaker system

背面はこんな感じ。上から「左スピーカーケーブル接続ポート」「ACアダプターケーブル接続ポート」「AUX IN(入力ジャック)」「コンピューター接続ポート」となっています。AUX IN(入力ジャック)にケーブルを繋ぐことで、iPhoneやiPadなど他の音源を直接再生することも可能です。

BOSE Companion 2 Series III multimedia speaker system

こちらが左スピーカー。背面のケーブルを先の「左スピーカーケーブル接続ポート」へと繋ぎます。

BOSE Companion 2 Series III multimedia speaker system

背面はこんな感じ。こちら側にはケーブル以外、特にポート類は付いていません。

BOSE Companion 2 Series III multimedia speaker system

もう少し正面よりで一枚。シンプルイズベスト、どんな場所にも違和感なく置けるデザインも秀逸。

BOSE Companion 2 Series III multimedia speaker system

ACアダプターにも日本仕様アダプター(二股タイプ)をはめ込みます。

BOSE Companion 2 Series III multimedia speaker system

右スピーカーに各種ケーブルを差し込んで、スタンバイOK。


・「BOSE Companion 2 Series III multimedia speaker system」をPC周りに設置してみた〜


こちらMacBookの右サイドにある「3.5mmヘッドフォンジャック」に、コンピューター接続ポートに繋いだオーディオ入力ケーブルを接続。あとはACアダプターをコンセントに差し込んでから、右スピーカーのボリュームコントロールを右に回してやればOK。

BOSE Companion 2 Series III multimedia speaker system

右スピーカーはこんな感じに設置。カラーもブラックで統一されており、全く違和感ありません。

BOSE Companion 2 Series III multimedia speaker system

左スピーカーはこんな感じ。隣にiMacが並んでいるので手狭ですが、何とか配置できました。


・BOSEスピーカーから音を出してみた〜使用感や音の感想など〜


こちらがフリー素材音源を使って、BOSEスピーカーから音を出してみたところ。iPhoneXで簡単に撮影したビデオなので判りにくいかもしれませんが、雰囲気だけでも感じてもらえればということで。

DSP搭載によるボーズ独自の「TrueSpace ステレオ・デジタル・シグナル・プロセッシング回路による広がりあるサウンド」との記載もある通り、このサイズのスピーカーではなかなか味わえないような低音を響かせてくれます。

また低音の迫力だけではなく、きちんと高音・中低音もメリハリよく響いてきて、さすがBOSEといった印象。ただし音量ボリュームが小さすぎると、低音ばかりが目立ってしまい、性能が発揮できずにこもった感じに聴こえることも。

余り大きな音が出せない場合には、イコライザーなどのアプリを活用して、好みの音に調整してやるといいかもしれません。元々、BOSEはコンパクトながらも低音が響くというのが大きな特徴なので、そういった意味ではBOSEらしい音といえるかも。

また付属のケーブルなどもPCスピーカーとしては太めに作られているので、まず断線などの心配もありません。また5種類のACアダプターが最初から付属しているのもポイント高いところ。

BOSE Companion 2 Series III multimedia speaker system」本格的なステレオスピーカーと較べてしまうと”あと一歩”と感じでしまう方もいるかもしれませんが、PCスピーカーとして考えるならば必要十分。自分としては、このサイズ感&価格でこれだけの音が聴けるのならば、もう大満足。

これからも日々、大いに活用していきたいと思います。(^_-)-☆

BOSE(ボーズ)

スポンサーリンク



コメントは受け付けていません。