地元商店街のお祭り「第59回大曽根七夕まつり」にて、和太鼓やジャズストリートを楽しんだ夜〜

第59回大曽根七夕まつり

夏のイベントといえば、やはり花火と夏祭りですよね。地元商店街のお祭り「大曽根七夕まつり」は、大曽根商店街にアーケードがあった頃から、長年続いてきた歴史ある七夕まつり。

一時中止となっていた時期もありましたが、現在はまた昔とは異なった新たな雰囲気の夏祭りとして、昔の活気を取り戻しつつあります。ということで先日7/27日〜7/29日間に(28日は台風のため中止)「第59回大曽根七夕まつり」が開催されたので、訪れてみることに。

↓前回のコラムはこちらから↓
地元商店街のお祭り「第59回大曽根七夕まつり」にて、屋台買い食いや阿波踊りを楽しんだ夜〜

随時いろいろなイベントが行われていたのですが、「あいち戦国姫隊」の3人もこうして旗を掲げつつ大曽根商店街一帯を練り歩き、場を盛り上げてくれていました。名古屋城の「名古屋おもてなし武将隊」も有名ですが、”尾張名古屋は城でもつ”というだけあって、戦国関連のイベントはどこでも盛り上がります。

スポンサーリンク


第59回大曽根七夕まつり

こちらは国道19号線沿いに出店していた屋台。ホットドッグ専門店でしょうか、見た目もお洒落。こちら国道19号線の抜け道ができたことで交通は便利になったのですが、商店街が前後に分かれてしまったんです。ということでお祭りの日は、交通規制で歩行者天国になっています。

第59回大曽根七夕まつり

まずはこれ「生麦酒」で、かんぱーい!1杯300円は嬉しい。

第59回大曽根七夕まつり

こちらが「中華料理 上海亭」。こちらの唐揚げ、昨年も購入したのですが、美味しかったので今年も購入することに。ちなみにお店は現在休業中とのこと、また再開して欲しい。

第59回大曽根七夕まつり

こちらの「唐揚げ」カップに盛々で、300円。カラッと揚がっていて本格的。ビールとの相性も最高。

第59回大曽根七夕まつり

こちらがメインイベントの一つ「和太鼓」。大曽根和太鼓の会の皆さんが披露してくれます。大人から子供まで総出で登場。多くの方が見学に訪れていました。

第59回大曽根七夕まつり

演奏が始まると、地響きとともに和太鼓の音色が響き渡ります。ズシンと芯に響く音で、夏祭りを盛り上げてくれます。

第59回大曽根七夕まつり

途中からは”大ぞね”と書かれた法被(はっぴ)を着た踊り子の方々も登場。場の盛り上がりも最高潮に。

第59回大曽根七夕まつり

そして最後は太鼓に合わせて旗が振られ、演奏もクライマックスに。やっぱり生の演奏はいいですね。皆さん一生懸命で、その気持ちがこちらにも伝わってきました。

第59回大曽根七夕まつり

縁日では風船つりなども大人気。ひきりなしに子供たちが並んでいて楽しそう。

第59回大曽根七夕まつり

そろそろお祭りもラスト近く、若干人通りも少なくなってきた感じ。

第59回大曽根七夕まつり

大曽根七夕まつりの締めに行われるイベントが、こちら「名古屋ジャズストリート2018(プレライブ)」。名古屋ジャズストリートというのは、大曽根商店街で毎年秋に行われるジャズの祭典。全10会場20バンドが大曽根に集結するという一大イベントになっています。

「名古屋ジャズストリート2018」10/14日(日)12:30〜19:00開催!入場料無料!

の開催予定となっています。そのプレライブということで、2名のミュージシャンの方々がプレライブを催してくれました。

第59回大曽根七夕まつり

優しい歌声とギターの音色が夜の街中に響きわたり、なんとも素敵な空間に。「smile」「she」など巷でも有名な楽曲を中心に演奏され、場も和んだ雰囲気に包まれます。

第59回大曽根七夕まつり

ギターの演奏にあわせて、子供さんも登場。いかにも地元の夏祭りらしい風景に、思わずほっこり。

第59回大曽根七夕まつり」今年は台風を避けての金・日2日間の開催でしたが、そのお陰もあってか例年以上に賑わっていた印象。屋台やイベントの数も多く、沢山の人々の笑顔が見られました。

この調子で、昔のアーケード七夕まつりに負けないような、地元の一大イベントになっていって欲しいですね。それと同時に秋に開催される「名古屋ジャズストリート2018」も見逃せません、音楽好きな方は必見ですよ。(^_-)-☆

大曽根七夕まつり
名古屋ジャズストリート2018

スポンサーリンク




コメントは受け付けていません。