webOS搭載4K対応スマートテレビ「LG 43V型 4K HDR 液晶テレビ 43UJ630A」を購入してみた〜使い勝手はどんな感じ?

LG 43V型 4K HDR 液晶テレビ 43UJ630A

先日の引越しに伴い色んな家電を新しいものに買い替えているのですが、約10年ぶりにテレビも買い換えることに。これまでは「東芝REGZA 32インチ」を使用してきたのですが、もう少し大きなサイズがいいなということで、Appleでもディスプレイとして販売しているメーカーLGのwebOS搭載4K対応スマートテレビ「LG 43V型 4K HDR 液晶テレビ 43UJ630A」を購入してみることに。

外箱はこんな感じ。43型でも最近のはほんと薄いんですね。しかもこのサイズとwebOS搭載4K対応で、現時点価格「54,800円(税送料込)」。いやいやほんと液晶TVもお安くなりました。(REGZA購入時の半値以下)

スポンサーリンク


LG 43V型 4K HDR 液晶テレビ 43UJ630A

中身はこんな感じ。「LG 43V型 4K HDR 液晶テレビ 43UJ630A本体」「テレビスタンド(組み立て式)」「電源ケーブル」「リモコン」「BS・CS・地上共用 B-CASカード」「取扱説明書(保証書)」となります。ちなみに地上デジタルTV接続に必要な「TV接続ケーブル(中軸ケーブル)」は付属していないので、別途購入が必要です。

LG 43V型 4K HDR 液晶テレビ 43UJ630A


・テレビを組み立て設置する〜


それではまずテレビスタンドから組み立てていくとしましょう。まずは底面のスタンドとTVをつなぐスタンドボードを取付けます。取扱説明書にある+ネジを四箇所取り付けるだけでOK。

LG 43V型 4K HDR 液晶テレビ 43UJ630A

その後、組み立てたテレビスタンドをTV背面に+ネジで取付けます。これで設置完了、とっても簡単。

LG 43V型 4K HDR 液晶テレビ 43UJ630A

こちらが別途購入した「TV接続ケーブル(中軸ケーブル)」。700円くらいだったかな。必ず4K対応のものを購入するようにしましょう。また事前にアンテナからTVまでの距離を見積もることもお忘れなく。(長さが足りないと使えないので)

LG 43V型 4K HDR 液晶テレビ 43UJ630A

TV接続ケーブルをTV背面にある「地上デジタルアンテナ入力」に繋いでから、反対側を部屋にある「地上デジタルアンテナ出力」へと繋ぎ、TVのコンセントを差し込みます。

LG 43V型 4K HDR 液晶テレビ 43UJ630A

こちらTV背面サイドにあるB-CASカード差込口に「BS・CS・地上共用 B-CASカード」をグッと差し込みます。

LG 43V型 4K HDR 液晶テレビ 43UJ630A

TVのスイッチをオンにすると、webOSのロゴと共に画面が立ち上がりました。となみにテレビサイズ「W97.7xH63.1xD23.5cm」スタンド幅「74.1cm」重量「9.6kg(スタンド含)」。43型というサイズの割には薄くて軽い印象。ベゼルも細くてスタイリッシュ。昔のブラウン管テレビが嘘みたい。

LG 43V型 4K HDR 液晶テレビ 43UJ630A


・各種設定をする〜


まずは各種設定から始めていきましょう。環境ではホームモードを選択

LG 43V型 4K HDR 液晶テレビ 43UJ630A

接続ではインターネット接続設定をします。無線(Wi-Fi)を選択。最近のテレビはネット接続が当たり前になっているのですね。その進化の速さに只々びっくり。

LG 43V型 4K HDR 液晶テレビ 43UJ630A

テレビの放送信号受信方式を設定します。郵便番号を入力するだけで、地域の番組が自動で受信できるようになります。

LG 43V型 4K HDR 液晶テレビ 43UJ630A

チャンネルスキャンが始まりました。そのまましばらく待ちましょう。

LG 43V型 4K HDR 液晶テレビ 43UJ630A

設定が完了すると、こんな感じに画面が映し出されました。ちょうどWCの試合が放映中、十分綺麗。画面の映像や音響は、リモコンの「設定」から好みに変えられるので、色々と自分好みに変えてやるといいでしょう。ちなみに自分の場合「映像=あざやか、音響=サラウンド」に設定変更しました。(この画像は初期設定のまま)

LG 43V型 4K HDR 液晶テレビ 43UJ630A

リモコンの中央にある「ヒストリー」というボタンを押すと、下に使える機能の一覧が出てきます。「Prime Video」「YouTube」「Netflix」なども最初から使えるようになっています。自分としては、Prime Videoがそのまま観れるというのが最大の購入ポイント。

LG 43V型 4K HDR 液晶テレビ 43UJ630A

Prime Videoに入ってログインすれば、こんな感じに直ぐPrime Videoを観ることができます。いやいやいい時代になりました。

LG 43V型 4K HDR 液晶テレビ 43UJ630A

とっても面白かった「スキニーピート」。詐欺師の話なんですが、かなり展開が奇抜で面白い。プライム会員の方、必見です。

LG 43V型 4K HDR 液晶テレビ 43UJ630A

リモコン「番組表」を押せば、こんな感じに番組表も表示されます。ここから外付けハードディスクなどに録画も可能。録画機能「USBハードディスク録画/裏録画/くりかえし録画/Multi HDD(同時接続2台まで)対応」となっています。(この辺りはまた別コラムで詳しく書きます)

この番組表がちょっと見づらいのが難点。番組数が多いと左右にずらさないといけない場合もあり、この辺りは正直REGZAなどの方が使いやすかった印象。また番組録画などもこちらから出来るのですが、「録画リスト(録り終わったもの)」は録画リストボタンから見れるのですが、録画予約中一覧は「ヒストリー(ボタン)」から入らないと見れないみたい。この辺りはちょっと解りづらいかも。

LG 43V型 4K HDR 液晶テレビ 43UJ630A


・使い勝手はどんな感じ?いいところといまいちな点は?


全体はこんな感じ。テレビボードにもいい感じに収まりました。ベゼルも細く、全体も薄くてスタイリッシュ。ただし角度の微調整ができないので、テレビスタンド手前に滑り止めなどを置いて微調整をした方が見やすいでしょう。

いいところとしては、webOSだけあって直ぐにインターネットに接続可能。「Prime Video」「YouTube」なども直ぐに見ることができるのでとっても便利。また外付けハードディスクなどを接続すれば、簡単に録画ができるのもいいところ。(内蔵録画はありません)

映像については、自分で設定を変更してからは(映像=あざやか)明るく綺麗に見れるようになった印象。(初期設定は若干暗め)音響もサラウンドにしてからは、音も大きく聞こえやすくなった感じ。この価格帯のテレビでこれだけの映像&機能ならば、自分的には大満足。

いまいちな点としては、番組表が見づらい印象。録画機能に多機能を期待する人には、余り向いていないかもしれません。あと4Kとありますが、4Kテレビではなく4K対応テレビということ。将来的に4Kテレビ放送が開始された場合には、4Kテレビ対応接続機器(チューナーなど)が必要になると思います。

トータル的に考えると、間違いなくコスパ最強のテレビといえるでしょう。物足りない部分も確かにありますが、それでも価格を考慮すれば必要十分。テレビからインターネット、ゲームまで、これから日々お世話になります。(^_-)-☆

スポンサーリンク




コメントは受け付けていません。