「LINE Pay」2018年8月より還元率に3%を上乗せするアップグレード制度を発表!QRコード決済手数料無料化なども〜

LINE Pay

LINE Pay」とっても便利でお得な決済アプリとして定着してきましたが、先日の「マイカラー制度導入」については、賛否両論あるみたい。これまでLINEポイント2%還元の強みを活かして急成長してきたLINE Payですが、今回のマイカラー制度が思っていたよりも”辛い審査基準”となっているみたいで、ポイント還元率が急落する人が続出。

そんな自分も先月は「レッド」だったのですが、「ホワイト」に急落してしまいました。まぁマイカラー制度が導入されてから使用頻度が下がってしまったので、仕方ないんですけれどね。

そんな折、LINE Payもそんな雰囲気を察してか、素早く対応策を発表してきました。

2018年8月からの1年間、カラーバッジ保有ユーザーを対象に、「LINE Pay」の「コード支払い」利用に限っては、各カラーで定められた「LINEポイント」還元率に3%を上乗せして付与する。またLINE Payポイント付与対象金額10万円の上限を撤廃する。

というもの。

2018年8月から1年間という期限付きではありますが、「LINEポイント」還元率に3%を上乗せというのはかなり魅力的。自分みたいにホワイトになってしまった人でも、3%は還元される訳ですから、これは大きいですよね。

ただし「コード支払い」利用に限ってなので、この点は注意が必要。これまでApple WatchなどでSuicaと連携して使ってきた人は、ポイント対象になりません。あくまでもLINEアプリから直接コード支払いを利用しての支払いに限られるとのこと。

スポンサーリンク


LINE Pay

また「QUICPayと提携し非接触型決済にも対応予定(2018年秋以降)」とのこと。そしてもう一つ、中小規模の店舗をはじめとする事業者がより気軽にコード決済を導入することができる決済アプリ「LINE Pay 店舗用アプリ」の提供を開始することも発表。このアプリを通じたQRコード決済手数料を3年間無料にするとのこと。

これまでQRコード決済手数料がかかることで、LINE Payなどの決済導入を考慮していた中小の事業者は多いはず。これが3年間手数料無料になるならば、新規導入を検討する事業者もきっと増えてくることでしょう。導入する店舗が増えれば必然的に利用者も増えてくる、という展開になってくるかもしれません。

どちらにしても利用者にとっては「より便利にお得に」なればいうことないので、どんどん各社競争して頂いて、どんどん進化していって欲しいですね。(^_-)-☆

LINE Pay

スポンサーリンク