iPhone&Apple Watch 同時充電可能な充電スタンド「belkin PowerHouse 充電ドック(iPhone&Apple Watch)」の使用感や如何に〜

belkin PowerHouse 充電ドック(iPhone&Apple Watch)

iPhone愛用者の方でApple Watchも愛用している、という方はきっと多いことでしょう。そううい自分もiPhoneは3Gからずっと長年愛用(2年おきに買い替え)、Apple WatchもSeries 3から新しく仲間に加わりました。

Apple Watchは素晴らしく便利なのですが、専用の充電ケーブルが悩みのタネでもありました。上に重ねるだけで充電が開始されるのは素晴らしいのですが、充電ポートが固定されていないので、机の上などに置いていると自然と落下してしまったりすることがあるんです。

“何かいいものはないものか?”と思っていたところ、belkin社からこちらのガジェット「belkin PowerHouse 充電ドック(iPhone&Apple Watch)」をご提供頂きました。ということで早速ご紹介してみたいと思います。こんな感じの外箱に入っています。結構ずっしりと重量感があります。

(こちらはbelkin社よりサンプルとしてご提供頂いたアイテムです。当ブログでは良い点いまいちな点合わせ、実際に使用してみて自分なりの正直な感想を書いています。)

スポンサーリンク


蓋を開けるとこんな感じ。中身はきちんと固定され、しっかりと梱包されています。

belkin PowerHouse 充電ドック(iPhone&Apple Watch)

こちらが中身。「belkin PowerHouse 充電ドック(iPhone&Apple Watch)本体」「充電用ACアダプター(三股&二股変換プラグ付、交換可能)」「取扱説明書(図解説明)」「保証書(電話&メール連絡先記載あり)」「インフォメーション」が入っています。日本語の取扱説明書はありませんが、図解説明だけでも十分理解できる簡単仕様。

belkin PowerHouse 充電ドック(iPhone&Apple Watch)

こちらが「belkin PowerHouse 充電ドック(iPhone&Apple Watch)」本体。ブラックの他にホワイトもあります。サイズ「9.4 x 12.7 x 9.3 cm」重量「466g」ずっしりしていて、安定感がありそう。

belkin PowerHouse 充電ドック(iPhone&Apple Watch)

背面はこんな感じ。下に「ACアダプターポート」中央に「Lightningコネクタ用高さ調整ダイヤル」が搭載されています。

belkin PowerHouse 充電ドック(iPhone&Apple Watch)

こちらがiPhone&Apple Watchの接続部をアップで見たところ。手前側が「iPhone専用Lightningコネクタ」。右側(ホワイト)が「Apple Watch専用充電コネクタ」となります。

belkin PowerHouse 充電ドック(iPhone&Apple Watch)

こちらが付属品の「充電用ACアダプター」。海外でも日本でも使えるように、三股&二股変換プラグが付いています。この辺りの配慮はいいですね。

belkin PowerHouse 充電ドック(iPhone&Apple Watch)

日本では二股のプラグを使用するので、交換してみることに。まずは先に付いていた三股プラグ(海外用)を手前に引いて外します。次に二股プラグ(日本用)を矢印方向にスライドさせてやるだけ。この時に注意したいのが、端からではなく中央からスライドさせてやること。端からでは何度やっても入らないので、無理に押し込まないように注意が必要です。

それでは背面ACアダプターポートにケーブルを繋いで、使用開始するとしますか。

belkin PowerHouse 充電ドック(iPhone&Apple Watch)


・「belkin PowerHouse 充電ドック」の使用感はどんな感じ?


まずはApple Watchの充電から。Apple Watchはとっても簡単で、こんな感じに右側の充電ポートにApple Watchを乗せてやるだけ。すぐに充電が開始されました。Apple純正のタイプと同じく、背面が磁気でポートに引っ付くので自然と外れてしまう心配もありません。これで今後はApple Watchの置き場所に悩まずにすみそう。

belkin PowerHouse 充電ドック(iPhone&Apple Watch)

次はiPhoneの充電を試してみましょう。ちなみにiPhone 5以上のLightningコネクタ内蔵タイプならば、全て対応可能。まずはこちらLightningコネクタにiPhoneを乗せてやります。(今回はiPhoneXを使用)

iPhoneをコネクタに差し込むときには、真っ直ぐ立てたまま差し込んでから、スタンドに寝かせる感じで差し込みます。斜めに無理に差し込むとLightningコネクタを痛める原因になるので、注意が必要です。

belkin PowerHouse 充電ドック(iPhone&Apple Watch)

iPhoneをコネクタに差し込んだならば、背面中央にある「Lightningコネクタ用高さ調整ダイヤル」を左右に回して高さの調整をしてやります。左回し(低い)右回し(高い)という設定。iPhoneの底面が、隙間なくぴったりと充電ドックに付くように調整します。

belkin PowerHouse 充電ドック(iPhone&Apple Watch)

調整してやることで、こんな感じにぴったり収めることができました。

belkin PowerHouse 充電ドック(iPhone&Apple Watch)

iPhoneX&Apple Watch Series 3 を充電ドックに取り付けてみたところ。見た目もすっきりとしていていいですね。Appleガジェットのお仲間同士、お似合いの様子。

belkin PowerHouse 充電ドック(iPhone&Apple Watch)

PCデスク周りに置いてみるとこんな感じ。デスクの上もゴチャゴチャせず、すっきりと収納できていい感じ。もちろんMacBookとの相性も抜群。


・iPhoneX と Apple Watch をそれぞれ充電してみた〜


それではiPhone Xではどんな感じの充電速度になるか、少し試してみましょう。(残容量31%から)

・10分経過 → 44%
・20分経過 → 58%
・30分経過 → 70%
・40分経過 → 79%
・50分経過 → 85%
・60分経過 → 91%
・100分経過 → 100%

という結果になりました。こちらの環境では「1時間60%」ほどの充電スピードということで、それなりに急速充電ができている模様。とくに最初の10分で13%充電できるのは大きいですね。(ワイヤレス充電ではこんなに速くは充電できないので)

Apple Watch Series 3 でも試してみることにしましょう。(残容量31%から)

・10分経過 → 45%
・20分経過 → 53%
・30分経過 → 61%
・40分経過 → 68%
・50分経過 → 76%
・60分経過 → 84%
・90分経過 → 100%

という結果になりました。こちらの環境では「1時間53%」ほどの充電スピードということで、それなりに急速充電ができている模様。iPhoneとは違って最後に遅くなることがないので、90分後には充電完了となりました。


・「belkin PowerHouse 充電ドック」いいところ、いまいちなところ〜


いいところとしては、iPhoneとApple Watchが同時に収納できるので、デスク周りをすっきりさせることができます。見た目もスタイリッシュで格好いいですしね。また置き場所に困りがちなApple Watchを、充電しつつ定位置に置いておけるのはポイント高いところ。またどちらも急速充電ができるのもいい。

いまいちなところとしては、iPhoneXやiPhone8(Plus)などは既にワイヤレス充電器(Qi(チー))に対応しているので、手軽さという意味ではワイヤレス充電器には敵わないかも。それでもまだiPhone7以前のモデルを愛用している方も多いと思うので、それなりに需要はありそう。

iPhone&Apple Watch 同時充電可能な充電スタンド「belkin PowerHouse 充電ドック(iPhone&Apple Watch)」PCデスク周りの定番ガジェットとして、今後も愛用していきたいと思います。(^_-)-☆

スポンサーリンク




コメントは受け付けていません。