「ビタクラフト(Vita Craft)抗菌 まな板 ブラック」を新調!朝の定番「バナヨーフレーク」を作ってみた〜

ビタクラフト(Vita Craft)抗菌 まな板 ブラック

鍋やフライパンなどの調理機器として有名なのが「ビタクラフト(Vita Craft)」。科学的に証明された健康調理器具として有名で、多くの百貨店などでも取扱されています。

ビタクラフト(Vita Craft)の鍋は持っているのですが、こちらの使い勝手が非常に良かったので、今回は「ビタクラフト(Vita Craft)抗菌 まな板 ブラック」を新調してみることに。

ビタクラフト(Vita Craft)鍋を使って、超簡単「手羽元と玉子のポン酢煮込み」に挑戦してみた!^^

こちらが「ビタクラフト(Vita Craft)抗菌 まな板 ブラック」。カラーは4色(グリーン・ピンク・ブラック・ベージュ)あるのですが、まな板としてはちょっと珍しいブラックをチョイス

スポンサーリンク


ビタクラフト(Vita Craft)抗菌 まな板 ブラック

ケースから取り出してみるとこんな感じ。(表面)「えっ、これがまな板なの?」って感じのサイズ感。軽さと薄さが半端ないです。サイズ「37x24x0.6cm」重量「0.58kg」素材「合成樹脂(特殊エラストマー)」。弾力性があり薄くて軽くて反りにくい、そして耐久性も高い仕様となっています。

ビタクラフト(Vita Craft)抗菌 まな板 ブラック

こちらが裏面。「耐熱温度:130℃」「耐冷温度:-30℃」日本製なので、品質にも安心感があります。表面に汚れがつきにくく、抗菌力も半永久的に持続するとのこと。また水切れも抜群ということで、使用後はスポンジで洗ってから(中性洗剤を使用)軽く拭くだけでOK。もちろん「食品衛生法」にも適合しています。

ビタクラフト(Vita Craft)抗菌 まな板 ブラック

ということで我が家朝の定番「バナヨーフレーク」を作ってみることに。といっても飲むヨーグルトにカットしたバナナ、コーンフレークを合わせるだけなんですけどね。

まずは飲むヨーグルトを器に注ぎ、バナナを1本用意。

ビタクラフト(Vita Craft)抗菌 まな板 ブラック


・ビタクラフト(Vita Craft)抗菌 まな板の使用感はどんな感じ?


まずはバナナをこんな感じ3〜5mmほどにカット。包丁のまな板への当たりもソフトでいい感じ。まな板自体はとても薄いのですが、キッチンテーブルにくっついて滑らないので、使用中に位置がズレてしまうこともありません。

ビタクラフト(Vita Craft)抗菌 まな板 ブラック

あとは器にカットバナナを入れて、上からコーンフレークをかけてやれば完成。コーンフレークの代わりにシリアルとかでも美味しいです。朝にちょっと軽く小腹を満たすのに「バナヨーフレーク」最高。

ビタクラフト(Vita Craft)抗菌 まな板 ブラック


・使用後のお手入れは?


使用後のお手入れは、スポンジを使用して中性洗剤で洗い流してやるだけ。バナナ程度の汚れならば、サッとこするだけですぐに綺麗になります。後は全体をお湯で綺麗に洗い流してやるだけ。

ビタクラフト(Vita Craft)抗菌 まな板 ブラック

水はけがとてもよいので、洗い終わって直ぐでも水滴があまり残りません。後は軽く布巾で拭いてやるだけでOK。これまで使用していた抗菌まな板は、水はけがあまりよくなかったため、使い終わった後に手で水を流してから拭き取る必要があったんです。こちらのビタクラフトまな板ならば、そんな一手間もからも開放されそう。


・使用上の注意点は?


火のそばに置いたり、加熱したフライパンなど熱いものを上に置くのは厳禁。熱いものを上におくと、変形・変質することがあるとのこと。また骨など硬いものを出刃包丁などで叩くと、深いキズが入る可能性もあります。基本、使用前にまな板を濡らし、使用後はすぐに水で洗い流すことで色移りなども軽減できるということです。

ビタクラフト(Vita Craft)抗菌 まな板」何と言っても薄くて軽いのがいいですね。まな板って基本重たいものが多いので、シンクで洗い流すのも一苦労。毎日使用するものだからこそ、そんな面倒から開放してくれるのはありがたい。

今後、増々料理熱に力が入りそうです。(^_^)v

ビタクラフト(Vita Craft)

スポンサーリンク




コメントは受け付けていません。