「THERMOS(サーモス)真空断熱タンブラー 350ml」いつでも冷たいまま温かいまま飲み物が飲めるステンレス製魔法びん〜

THERMOS(サーモス)真空断熱タンブラー 350ml

THERMOS(サーモス)」すでに有名な商品なのでご存知の方も多いはず。こちらの真空断熱タンブラーは、特殊なステンレ製真空二重構造により、いつでも冷たいまま温かいまま飲み物が飲めるという優れもの。

真空断熱タンブラーはこちら「FORTEC ステンレスタンブラー」を持っているのですが、程よいサイズ感の「350ml」くらいのが欲しかったんです。ということで今回は巷でも有名な「THERMOS(サーモス)」にしてみることに。

保温保冷に最適な「FORTEC ステンレスタンブラー」これコスパも良くて大正解!^^

こんな感じの外箱に入っています。

THERMOS(サーモス)真空断熱タンブラー 350ml

中身はこんな感じ。「THERMOS(サーモス)真空断熱タンブラー 350ml 本体」「取扱説明書」が入っています。品番は「JDI-350 ステンレス(S)」という350mlタイプを購入。他にも「300ml」から「600ml」のサイズまで、色々なタイプの商品が揃っています。(最近はカラーのものもあるみたい)

THERMOS(サーモス)真空断熱タンブラー 350ml

タンブラーを取りだしてみました。サイズ「縦14.5 × 横7cm(上)」重量「171g」。細長いタイプなので、持ちやすく手にもしっくりと馴染みます。

THERMOS(サーモス)真空断熱タンブラー 350ml

こちらが上からみたところ。内側はステンレ製真空二重構造となっており、表面もとても綺麗。二重構造ながら、それほど厚みがないのもいいところ。ちなみに保冷効果は「7度以下=1時間」とのこと。

THERMOS(サーモス)真空断熱タンブラー 350ml

タンブラーの一番下には「THERMOS(サーモス)」のネームロゴが入っています。また底面には「保護シート」が貼ってあるのですが、そちらは剥がさないで使用するようにとのこと。(保温・保冷不良の原因になるらしいので)

THERMOS(サーモス)真空断熱タンブラー 350ml


・「THERMOS(サーモス)真空断熱タンブラー 350ml」の使用感は?


キンキンに冷えた「麦酒(発泡酒)」を注いでみました。あらかじめ冷蔵庫でタンブラーも冷やしておいたので、見た目も冷たそうでいい感じ。食事をしながらゆっくり目で飲んでみたのですが、最後まで冷たいまま美味しく麦酒を頂けました。

350mlというサイズが、ちょうど缶ビール小1本と同じ容量なので、晩酌などで軽く飲むのに程いいんですよね。また真空二重構造ながら、飲み口が薄めなのも違和感がなくていいところ。

THERMOS(サーモス)真空断熱タンブラー 350ml

こちらはタンブラーに氷を上までたっぷりと入れてから「缶チューハイ」を注いでみました。ゆっくり目にチビチビと飲んでみたのですが、缶チューハイを1本を飲み干しても、まだ氷が7〜8割溶けずに残っていました。結露も全くしないので、コースターが濡れることもありません。

普通のガラスコップならば、途中で氷を足さないと大方溶けてなくなってしまうのですが、真空断熱タンブラーを使えば、氷の無駄遣いもかなり防げます。とくに夏場は氷が足りなくなることが多いので、大いに役立ってくれそう。


・取扱上の注意点は?


・電子レンジで使用しない
・ストーブやコンロの火気に近づけない
・飲み物を入れた状態で長く放置しない
・改造・分解・修理は絶対にしない
・落とす・ぶつけるなどの強い衝撃を与えない
・真空二重構造の内部から水の音がする場合には使用しない
・アイスピックなど先の尖ったもので突かない
・底面の保護シートははがさない

等ありますので、その点は注意が必要です。

THERMOS(サーモス)真空断熱タンブラー 350ml」夏場、PCで作業をしながらお茶を飲みたい方にとっても、このタンブラーは必須といってもいいでしょう。結露が全くつかないので、水滴が垂れてキーボードに!なんて事故も完全に防げます。

今年の夏は色んな場面で大活躍してくれそうです。(^_^)v

THERMOS(サーモス)

スポンサーリンク




コメントは受け付けていません。