クロスバイク車体に取付けられる「Bikeguy 自転車 ペットケージ(500mlペットボトル専用)」を取付けてみた〜使用感など〜

Bikeguy 自転車 ペットケージ(500mlペットボトル専用)

先日、アルミボディで軽量なクロスバイク「LIG(リグ)700Cシマノ6段変速アルミ製クロスバイク」を購入したのですが、これがなかなかの乗り心地で、街乗り専用の生活の足として日々大活躍してくれています。

街乗り用にアルミボディで軽量なクロスバイク「LIG(リグ)700Cシマノ6段変速アルミ製クロスバイク」を購入してみた〜組み立て手順など〜

また充電式で取り外し可能なLED自転車ライト「充電式LED自転車ライト BV クールホワイト」も購入。こちらもお値打ち価格ながら必要十分な機能を備えていて、お気に入り。

充電式で取り外し可能なLED自転車ライト「充電式LED自転車ライト BV クールホワイト」の使用感や如何に!^^

新しいガジェットなどもそうですが、日々活用するアイテムを購入すると揃えたくなるのが装備品。今回はクロスバイク車体に取付けられる「Bikeguy 自転車 ペットケージ(500mlペットボトル専用)」を見つけたので、購入して取付けてみることに。

こちらが「Bikeguy 自転車 ペットケージ(500mlペットボトル専用)」。このままビニール袋に入っていました。

スポンサーリンク


Bikeguy 自転車 ペットケージ(500mlペットボトル専用)

こちらが「Bikeguy 自転車 ペットケージ」と付属の「取り付け用ボルト2本」。カラーは「ブラック / シルバー / ブルー / レッド」と4色揃っていますが、クロスバイク車体に合わせてブラックを選択。

サイズは「55×70×70mm」重量「50g」。材質は「アルミ合金(本体)」「スチール(ボルト)」。適合ボトルは「飲料用500mlペットボトル(丸型、角型)」という仕様になっています。

Bikeguy 自転車 ペットケージ(500mlペットボトル専用)

こちらが裏面。こちら上下の穴に取り付け用ボルトをあわせて、クロスバイクに取付けていきます。

Bikeguy 自転車 ペットケージ(500mlペットボトル専用)


・クロスバイク車体へとペットケージを取付けてみた〜


クロスバイクなどには、車体にこうしたペットケージ取付用の「ネジ穴(ボルト)」が付いていると思うので、まずはそちらのボルトを外していきます。この時に注意が必要なのが、ボルトを外すための「六角レンジ(4 or 5mm)」が別途必要ということ。

4 or 5mmサイズの六角レンジは、先の自転車(LIG(リグ)700C)にも付属していないので、こちらは予め別途自分で用意しておく必要があります。後は六角レンジをボルトに差し込んで、回してやるだけで簡単に取り外し可能。

Bikeguy 自転車 ペットケージ(500mlペットボトル専用)

次にペットケージの上下の穴をあわせて、取り外したボルトを取付けて固定してやるだけ。位置が決まったならば、六角レンジでグッと閉めてやればOK。自転車自体にボルトが付いている場合には、付属のボルトを使用する必要はありません。(予備としてとっておきましょう)

Bikeguy 自転車 ペットケージ(500mlペットボトル専用)

横から眺めるとこんな感じ。車体と同一のアルミ素材、カラーもブラックで統一されていて、全く違和感がなくいい雰囲気。

Bikeguy 自転車 ペットケージ(500mlペットボトル専用)


・500mlのペットボトルを取付けてみた〜


早速、500mlのペットボトルを取付けてみました。この日手に持っていたアクエリアスの500mlペットボトル(中身はお茶)ですが、いい感じに収まりました。ペットケージ自体はアルミ合金素材ながら、強度もそれなりにありそうな印象。余程の揺れなどが加わらなければ、ペットボトル自体が自然に外れてしまうことはまずないと思います。

Bikeguy 自転車 ペットケージ(500mlペットボトル専用)

こちらはいつも持ち歩いている「ペットボトル入れ」に入れたまま装着してみたところ。さすがにちょっとキツそうでしたが、こんな感じに収めることができました。600mlサイズだとさすがに無理だと思いますが、500mlならばこうした利用も可能。これならば自転車から取り外してそのまま手で持ち歩くことも出来ますし、何気に便利かも。

Bikeguy 自転車 ペットケージ(500mlペットボトル専用)」クロスバイクとピッタリな雰囲気で、とても気に入りました。価格も600円台(現時点)とお値打ちですし、日々自転車を利用される方にとっては必須アイテムかも。ペットケージのお陰で、今後のサイクリングがより快適になりそうです。(^_^)v

↓続きはこちらから↓
自転車専門誌「BiCYCLE CLUB 7月号」の付録「特製トップチューブバック」をクロスバイクに取付けてみた〜

スポンサーリンク




コメントは受け付けていません。