充電式で取り外し可能なLED自転車ライト「充電式LED自転車ライト BV クールホワイト」の使用感や如何に!^^

充電式LED自転車ライト BV クールホワイト

先日、アルミボディで軽量なクロスバイク「LIG(リグ)700Cシマノ6段変速アルミ製クロスバイク」を購入したのですが、乗り心地もなかなかで日々生活の足として大活躍してくれています。

街乗り用にアルミボディで軽量なクロスバイク「LIG(リグ)700Cシマノ6段変速アルミ製クロスバイク」を購入してみた〜組み立て手順など〜

こちらのクロスバイクにはライトが付いていないので、別途ライトを探すことに。久々に自転車専用のライトを探してみたところ、現在では充電式が主流なのですね。少し前までは電池式が中心だったので、ライトが切れる度の電池交換は結構な手間でした。(都度お金も掛かりますし)いやいやほんと便利になりましたね。

充電式LED自転車ライト BV クールホワイト」こんな感じに梱包されています。ブラックとホワイトがありますが、ブラックを選択。

スポンサーリンク


充電式LED自転車ライト BV クールホワイト

中身を取りだしてみました。「充電式LEDライト本体」「ハンドルバーマウント」「充電用USBケーブル(15cm強)」が内包されています。付属の充電用USBケーブルは15cm程と短いので、別途USBケーブルで代用しても良さそう。

充電式LED自転車ライト BV クールホワイト

こちらが「充電式LEDライト」本体。左右にLEDライトを配置。上部中央にはモード切り替え用の「パワーボタン」があり、押す度に3つのモード切り替えが可能となっています。サイズは「8cmx4.5cmx2.5cm(各最大値)」と程良いサイズ感。

1度押し:ステディ(4時間)
2度押し:ロービーム(8時間)
3度押し:点滅(12時間)

充電式LED自転車ライト BV クールホワイト

後ろ側から見るとこんな感じ。LEDライト自体は「重量39g」ととても軽いので、持ち運びも苦になりません。また防水仕様になっているので、雨風時も安心して使用出来ます。

充電式LED自転車ライト BV クールホワイト

こちらが裏側から見たところ。裏側中央には凹凸が付いていて、こちらを付属のハンドルバーマウントへとスライドさせてやることで、簡単に取り外しが可能となっています。街中に置いておくと自転車ライトって結構盗まれるので(自分も何度か経験あり)簡単に取り外して持ち運べるのはいいですね。

充電式LED自転車ライト BV クールホワイト

こちらが付属品の「ハンドルバーマウント」「充電用USBケーブル(15cm強)」。ハンドルバーマウントはネジで固定するタイプ。ハンドルを傷つけない様に、内側に3種類の調整用ゴムシートが付いており、がっちりとハンドルに固定することができます。

充電式LED自転車ライト BV クールホワイト

LEDライトとハンドルバーマウントを取付けてみたところ。凹凸部分を矢印方向にスライドさせてやることで、装着・脱着が簡単に行なえます。

充電式LED自転車ライト BV クールホワイト

背面前部には「microUSBポート」が付いているので、こちらに充電用USBケーブルを差し込んで充電開始。電源「3.7V Li-on 300mAh」充電時間は「約2.5時間」とのこと。充電中はパワーボタンが緑点灯し、充電が完了すると消えます。電量不足になると赤点灯します。

充電式LED自転車ライト BV クールホワイト

クロスバイクのハンドルに取り付けてみました。しっかりと固定されています。ライトの方向も「正面/左/右」と角度を変えることも可能。スライド操作もとっても快適で、ワンタッチで装着・脱着ができてとても便利。

充電式LED自転車ライト BV クールホワイト


・実際にLEDライトを点灯してみると、どんな感じ?


夜暗い中で、LED自転車ライトを照らしてみるとこんな感じになります。こちらは一番明るいタイプ「ステディ(4時間)」。LEDライトの目の前に立つと、眩しくて目を開けてられないくらいの明るさがあります。最大ルーメン値「70ml」とのこと。

「ロービーム(8時間)」にすると少し明るさが和らぎますが、それでも十分なレベル。ルーメン値がもの凄く高いわけではありませんが、街乗り用クロスバイクに取り付けるには必要十分ではないかと思います。

「点滅(12時間)」にすると、点滅を繰り返します。点滅の場合「12時間使用可能」ということで、普段はこちらの点滅で使用するようにしています。街乗りならば夜でも真っ暗という訳ではありませんし、点滅ライトでも先方からは十分見える明るさなので、とくに問題はないでしょう。

充電式LED自転車ライト BV クールホワイト」この価格帯(千円ちょっと)でこれだけの機能が揃っているならば、もう何の不満もありません。遠出を頻繁にされる方には物足りない感があるかもしれませんが、街乗り用としてはこれで十分だと思います。

日々、忘れずに鞄に忍ばせておきたいと思います。(^_^)v

↓続きはこちらから↓
クロスバイク車体に取付けられる「Bikeguy 自転車 ペットケージ(500mlペットボトル専用)」を取付けてみた〜使用感など〜

スポンサーリンク




コメントは受け付けていません。