街乗り用にアルミボディで軽量なクロスバイク「LIG(リグ)700Cシマノ6段変速アルミ製クロスバイク」を購入してみた〜組み立て手順など〜

LIG(リグ)700Cシマノ6段変速アルミ製クロスバイク

日常の足として、自転車は自分にとって欠かせないマストアイテム。ここ5年間くらいは頂いた「折りたたみ自転車」に乗っていたのですが、頑丈な作りながら基本スチールを使用していることもあり、所々錆びてきてしまい漕ぐ度にキコキコ音がするように。

ということでかなり前から新しい自転車を探していたのですが、次に購入するものはアルミボディの軽くて錆びにくいものにしようと思っていました。そんな折、とある雑誌でこちらのクロスバイク「LIG(リグ)」が”コスパが良くて街乗りに最適”という記事を見つけ検討することに。

7段変速のタイプもあるのですが、デザイン的にはこちらの6段変速タイプを気に入ったのでこちらを購入。街乗りならば、6段変速でも充分ですし。こんな感じのダンボールで到着。サイズは大きいですが、クロスバイク重量は「12kg」なので両手で持ち上げられるレベル。

スポンサーリンク


LIG(リグ)700Cシマノ6段変速アルミ製クロスバイク

ダンボールを開けるとこんな感じ。細長くしっかりと自転車が梱包されています。

LIG(リグ)700Cシマノ6段変速アルミ製クロスバイク

内包されていたアイテムを全部取りだしてみました。「クロスバイク本体(部品含む)」「取扱説明書(日本語表記)」「販売証明書」「スパナ」「六角レンジ(2タイプ)」が入っています。専用工具が付いてくるので、別途工具を用意する必要はありません。

LIG(リグ)700Cシマノ6段変速アルミ製クロスバイク

それぞれの部品が、かなり丁寧に梱包されています。梱包材を取り外すのにちょっと手間取りましたが、クロスバイク本体はこんな感じ。

LIG(リグ)700Cシマノ6段変速アルミ製クロスバイク


・ハンドルの取付け方法


まずはハンドルから軽く取り付けていきます。この時に注意するのが、ハンドル下に付いている前輪ブレーキの向き。「前方はこちら側」というシールが貼ってあるので、そちらを前抜きにしてから、ハンドルを取り付けるようにします。(六角レンジにてまずは軽く固定しておき、タイヤ取り付け後に硬く固定します)

LIG(リグ)700Cシマノ6段変速アルミ製クロスバイク


・前輪ブレーキ(Vブレーキ)の取付け方法


次に「前輪ブレーキ」と「前輪タイヤ」をクロスバイク本体に取り付けるわけですが、この時にも注意点が。取扱説明書に記載してある前輪ブレーキと、こちらの仕様が異なるんですよね。(こちらはVブレーキという仕様)

取扱説明書にはレバーロックを外して取り付けてとありますが、こちらVブレーキにはレバーロックが付いていません。そのレバーロック部分に当たるのが、こちらの金具(赤囲み箇所)となります。

こちらの左端を押し下げてやることで、取り付けてある金具が外れて前輪ブレーキが両側に開き、前輪タイヤを入れ込むことが可能に。タイヤを挟み込んだならば、また元のように金具を戻してやります。この辺りの解説が全く説明書に書かれていないんですよね。取扱説明書にはもう少し詳しい解説が欲しいところ。

LIG(リグ)700Cシマノ6段変速アルミ製クロスバイク


・前輪タイヤの取付け方法


こちらは前輪タイヤをクロスバイク本体に取り付けたところ。「クイックリリースレバー」という部品が付いているので、タイヤ位置を合わせたならば、こちらを正面右側から挿し込みます。正面左側に出てきたならば、バネの方向に注意してナットを締めます。(バネは太い方が外向き)あとはレバーを固定してやればOK。

タイヤを取り付けた後に、Vブレーキにブレーキシューが片当たりしている場合(上手くブレーキが利かない)には、ブレーキの両サイド下にある「調整ネジ(先の画像参照)」を左右に回してやることで、微調整が出来ます。左右ブレーキシューの当たり具合、ブレーキの効き具合を確かめながら微調整をしてやるといいでしょう。

LIG(リグ)700Cシマノ6段変速アルミ製クロスバイク


・ペダルの取付け方法


次は「ペダル」を取り付けます。左右ちゃんとR/Lのマークがあるので、合う方を取り付けていきます。ペダルの軸のみを手で回して軽く取り付けた後に、付属のスパナできっちりと閉めてやります。

LIG(リグ)700Cシマノ6段変速アルミ製クロスバイク


・サドルの取付け方法


次は「サドル」を取り付けます。まずは固定レバーを開いてから、サドルを希望の位置に合わせます。その後、固定レバーを前後に回して取り付け穴サイズを調整、手を離しても上下にズレないようになったならば、レバーを固定します。

LIG(リグ)700Cシマノ6段変速アルミ製クロスバイク

こちらが完成図。Vブレーキの調整にちょっと手こずりましたが、何とか出来上がりました。ブラックを基調にしたフォルム、後輪のイエローがいいアクセントになっています。

LIG(リグ)700Cシマノ6段変速アルミ製クロスバイク

変速機はシマノ6段。街乗りならばこれで十分。「タイヤサイズ:700×32C」フレーム材質:アルミ」「フレームサイズ:435mm」「重量12kg」本体がアルミボディなので、とにかく軽いのがいいですよね。

LIG(リグ)700Cシマノ6段変速アルミ製クロスバイク

後ろ側から見るとこんな感じ。「サイズ(横×高さ×幅):1750×1040×500mm」「サドルの高さ(地上より):815-930mm」。「適応身長:158-178cm(160cm以上)」とのことなので、180cm以上とか高身長の方は、ちょっと注意が必要かも。

LIG(リグ)700Cシマノ6段変速アルミ製クロスバイク

前方から見たハンドル部分。右側に「変速機(シマノ6段)」ボタンとレバーで簡単に変速可能。変速も軽くて扱いやすい印象。左側には「ベル」「反射板」が付いています。ライトは付属していないので、別途自分で購入する必要があります。

LIG(リグ)700Cシマノ6段変速アルミ製クロスバイク


・実際に乗ってみた印象は?


しばらく乗ってみた印象ですが、街乗り用としては何ら不自由もなく、快適に走ることができました。走りながら手元の変速機で簡単にギア変更もできるので、平らな道から坂道まで、気持ちよく乗りこなすことができます。

とにかくアルミボディで軽量なので、走っていても動きが軽いんですよね。タイヤも細めなので、道路もスイスイ走ります。サドルも細めですが、座り心地は思っていたよりも悪くありません。

遠出などを目的とした本格的なクロスバイクと較べてしまうと、耐久性などで不安な点もありますが(タイヤなど)、普段使いの街乗り用ならば必要十分なのではないでしょうか。

軽くて扱いやすくデザインもいい、そしてお手頃価格のクロスバイクをお探しの方ならば、きっと気に入るのではないかと思います。これからも生活の足として、大いに活用していきましょうかね。(^_^)v

↓続きはこちらから↓

充電式で取り外し可能なLED自転車ライト「充電式LED自転車ライト BV クールホワイト」の使用感や如何に!^^

スポンサーリンク




コメントは受け付けていません。