2018年「桜並木 お花見」春爛漫!お気に入りの川沿いお花見スポットを散策〜Part.2

2018年「桜並木 お花見」

先日、こちら地元(名古屋)のお気に入り穴場スポットまでお花見に行ってきました。このところの初夏のような陽気もあってか、今年の桜は満開時期が例年よりも1週間ほど早いようで、地元名古屋でも3月中にもう満開状態に。週末まで待っていると散ってしまいそう、ということでタイミングを見て訪れることに。(3/29日撮影)

こちら「名古屋市北区黒川」にある小川沿い(堀川)なのですが、小さいスポットながら毎年とても綺麗に桜が咲いてくれるお気に入りの場所。(黒川から大曽根方面へ少し行った所)川沿いという事で芝生などは少なくお花見宴会をするには向いてないのですが、それ程混んでいないので桜並木の下を歩いて橋から桜を満喫するにはとてもいいのです。

2018年「桜並木 お花見」春爛漫!お気に入りの川沿いお花見スポットを散策!^^

それでは前回の続きということで、こちらはまた別の橋の上から見た桜並木(黒川駅寄り)。先の橋よりは若干小じんまりとしていますが、それでも右側の桜並木を中心に満開に咲き誇っていて美しい。

スポンサーリンク


2018年「桜並木 お花見」

中央から見るとこんな感じ。バランス的には右寄りから撮った方が桜並木が映えるかも。

2018年「桜並木 お花見」

水面も風に揺れていい雰囲気に。

2018年「桜並木 お花見」

こちらは橋の反対側から見た景色。この辺りは右側の桜並木中心に咲き誇っています。

2018年「桜並木 お花見」

水面に散った桜の花びらが、儚さを感じさせます。

2018年「桜並木 お花見」

川面を背景にした桜。こうした一面を切り取ると、都会の中にある自然の風景もなかなか味わいがありますね。

2018年「桜並木 お花見」

ピンクの花弁が美しい。これでもかと満開に咲き誇っている染井吉野。

2018年「桜並木 お花見」

こちらのお花見スポットは、意外と寄って撮れる場所が少ないのですが、こちらの橋付近(黒川寄り)はこうして近くで撮影することができます。この日は風が強かったのですが、それが逆にいい感じにフワッとした雰囲気になったかも。

2018年「桜並木 お花見」

このままずっと眺めていたい感じ。川面に桜の花びら、ほんと癒やされます。

2018年「桜並木 お花見」

地面を見てみると、もうこんなに沢山の花びらが散っていました。今年の桜は例年よりも早かった分、散ってしまうのも早くなりそう。開花から満開まで1週間ほど、その後はすぐに散ってしまう短命な桜だからこそ、その美しさと儚さが際立つんでしょう。

今年も綺麗な桜並木を見ることができて良かった。
まさに自然に感謝ですね。(^_^)v

スポンサーリンク




コメントは受け付けていません。