常滑散策〜やきもの散歩道を歩きながら「土鍋カレーうどん」を味わう!^^

常滑散策 やきもの散歩道 土鍋カレーうどん

愛知県常滑市、知多半島に位置する常滑市は「常滑焼」の産地として全国的にも有名。また近くに「中部国際空港(セントレア)」ができたことで、観光客も大幅に増えました。

そんな焼き物の町常滑ですが「やきもの散歩道」という新しい観光スポットが人気とのことなので、見学に行ってみることに。常滑焼などの陶器にも興味がありますし、古い町並みを見て歩くのも大好きなので興味津々。

こちらが「陶磁器会館」。地元名古屋から国道を通っても1時間20分ほどで到着。中部国際空港(セントレア)のお陰で国道が整備されたので、思ったよりも近い印象。名鉄常滑駅からも歩いてこれる距離。

入場は無料。前に広めの駐車場がありますが、土日祝日は有料「1日500円」。もう少し南に行ったところにも「やきもの散歩道大駐車場」があります。こちらも土日祝日は有料「1日500円」。

スポンサーリンク

常滑散策 やきもの散歩道 土鍋カレーうどん

こちらが陶磁器会館の東側にあるお店「ni:no ニーノ」。1階が雑貨店で、2階がカフェになっているみたい。こちらのお店も食事に行こうかちょっと迷ったですが、今回はやきもの散歩道メインということでまた次回に。古い民家をそのまま使っていていい雰囲気。

常滑散策 やきもの散歩道 土鍋カレーうどん

まずは腹ごしらえということで、やきもの散歩道のコースからは外れて南に少し歩き、「土鍋カレーうどん」が評判の「うどん 甘味 侘助(わびすけ)」を目指すことに。数分歩くとすぐに昭和な雰囲気の建物を発見。

常滑散策 やきもの散歩道 土鍋カレーうどん

こちらが入り口「うどん甘味処 侘助」と書かれた暖簾がお洒落。うどんと甘味のコンビというお店は、ちょっと珍しいですよね。

常滑散策 やきもの散歩道 土鍋カレーうどん

こちらも古い長屋風の民家を改装した外観。昭和レトロな雰囲気満載で、若い人には逆に新鮮かも。

常滑散策 やきもの散歩道 土鍋カレーうどん

目の前には「かご屋」なども。白壁にかごが飾られていて、これまたいい雰囲気。

常滑散策 やきもの散歩道 土鍋カレーうどん

こちらが「うどん甘味処 侘助」待合場所。この日はちょっと混んでいて、2,3組待つことに。(15分くらいかな)こちらには椅子もあるので、座って待てるのも嬉しいところ。

常滑散策 やきもの散歩道 土鍋カレーうどん

天井も高くて、古いたたずまいそのまま。丸太が使われた柱も味わいがあります。

常滑散策 やきもの散歩道 土鍋カレーうどん

こちらがメニュー。待合場所でメニューを眺めることができます。お店イチオシ大人気メニューがこちら「土鍋カレーうどん」1,200円なり。

常滑散策 やきもの散歩道 土鍋カレーうどん

こちらが「侘助のお昼ごはん」1,500円。こちらは数量限定とのこと。

常滑散策 やきもの散歩道 土鍋カレーうどん

店内は意外に奥が広くて、小部屋に分かれています。全席40〜50席ほどでしょうか。営業時間「11:00~17:00」定休日「火曜日」となっています。店内にはJAZZが流れて、小洒落た雰囲気。

常滑散策 やきもの散歩道 土鍋カレーうどん

こちらが「土鍋カレーうどん」。熱々の土鍋で出てきます。もちろん陶器類は常滑焼ということで、1つずつ器が異なっているのも見どころ。

常滑散策 やきもの散歩道 土鍋カレーうどん

カレースープはこんな感じにグツグツ熱々。この寒い季節には心から温まりそう。

常滑散策 やきもの散歩道 土鍋カレーうどん

3種類の食べ方が楽しめるということで、まずはそのままカレーうどんを頂きます。麺も滑らかなコシがあって、カレースープにしっかり絡んでくれます。カレースープは出汁が効いていて、そこにチーズとカレーの風味が加わり、まさに和洋折衷な奥深い味わい。

常滑散策 やきもの散歩道 土鍋カレーうどん

次は「温玉」を入れて味の確変。また一段と味が円やかになって旨い。

常滑散策 やきもの散歩道 土鍋カレーうどん

最後に「ご飯」を入れて、締めのカレースープご飯。これがまた美味しかった。色んな旨味が溶け込んでいて、円やかながら程よくスパイシー。この味変の楽しみ方は「ひつまぶし」を思い出す感じで、ナイスアイディア。

常滑散策 やきもの散歩道 土鍋カレーうどん

こちらが「侘助のお昼ごはん」。色んな小鉢が付いてきます。後から別途「焼き魚」も。数量限定なのですが、この日最後の1つだったみたいラッキー。「旬の野菜白和え」「湯葉」などが小鉢になっていて、全体的に薄味でヘルシー。それでもちゃんと素材それぞれが主張している感じ。

常滑散策 やきもの散歩道 土鍋カレーうどん

こちらが「とろろ昆布入りうどん」。シンプルな和風出汁で頂きます。とろろ昆布が入っていて、モチモチ麺で美味しい。

常滑散策 やきもの散歩道 土鍋カレーうどん

こちらが「なすとかぼちゃ牛肉の煮物」。あっさりとしているけれど、程よく出汁が染みていて野菜本来の旨味が活かされている感じ。

常滑散策 やきもの散歩道 土鍋カレーうどん

こちらが「鯖の塩焼き」。魚の身は脂がのっていて、焼き加減もほどいい感じ。ちょっと小骨が多かったけれど、味付けはいうことなし。これはご飯がすすみます。

常滑散策 やきもの散歩道 土鍋カレーうどん

こちらがデザートの「抹茶味寒天入りあんみつ」。見た目よりもさっぱりとした自然な甘さで、後味もすっきり。

常滑散策 やきもの散歩道 土鍋カレーうどん

最後にお茶のお代わりをお願いしたら、こちらの急須で出してくれました。もちろん常滑焼でしょう。料理によってそれぞれに異なる常滑焼を使用しており、料理と器の両方を楽しむことができます。

常滑散策 やきもの散歩道 土鍋カレーうどん

うどん甘味処 侘助」店内にはJAZZが流れ、小洒落た雰囲気の中でゆったりと美味しい料理が頂けます。店内の雰囲気も料理も気配りが感じられる素晴らしいお店で、気に入りました。また機会をみて訪れてみたいと思います。(^_^)v

↓続きはこちらから↓
常滑散策〜やきもの散歩道を歩きながら「パン工房 風舎」のモチモチくろごまカレーパンを味わう〜

スポンサーリンク


コメントは受け付けていません。