タイルの町多治見市笠原町にある「多治見市モザイクタイルミュージアム」が、色々と斬新で面白かった!^^

多治見市モザイクタイルミュージアム

岐阜県多治見市笠原町、窯業が盛んなこの地区では、お茶碗に始まり産業用タイルまで色んなモザイクタイルが作られています。マンションの外壁やお店のインテリアなどでも、たくさん使われているとのこと。

そんなモザイクタイルを展示、体験工房なども楽しめる博物館「多治見市モザイクタイルミュージアム」にお邪魔してきました。場所は「岐阜県多治見市笠原町2082-5 / 0572-43-5101」。すぐ隣に立ち並ぶ「笠原中央公民館・体育館」の駐車スペースに、無料で駐車することができます。

まず目を引くのが、こちらの建物。まるでおにぎり山のような斬新なデザイン

スポンサーリンク

多治見市モザイクタイルミュージアム

入り口までは軽いスロープになっていて、芝生に座って日向ぼっこをされる方も。

多治見市モザイクタイルミュージアム

屋根の上には木々も植えられています。快晴の青空に自然の土色が映えていい感じ。

多治見市モザイクタイルミュージアム

壁を近くで見てみると、こんな感じに所々タイルや陶器の破片が貼り付けられています。それぞれに色や形が異なるので、それだけで素敵なインテリアデザインに。

多治見市モザイクタイルミュージアム

こちらはお茶碗がそのまま埋め込まれています。いやいやこの発想は楽しいですね。

多治見市モザイクタイルミュージアム

こちらが入り口。大きな建物ながら、入り口が小さいのも可愛い。アニメの世界に入り込んだような感覚になります。

多治見市モザイクタイルミュージアム

入るとすぐに受付があります。開館時間は「9時〜17時」休館日「月曜日(休日は翌平日)」年末年始「12/29〜1/3休館」。観覧料「300円(高校生以下無料)」観覧料がお値打ちなのも嬉しいところ。

多治見市モザイクタイルミュージアム

展示物はこちらの階段から見て周ります。階段もライティングがされていい雰囲気。エレベーターもあるようですが、階段も素敵なので歩くのに不自由がなければ階段で上がることをお薦めします。

多治見市モザイクタイルミュージアム

こちら正面から日差しが入り、何ともいえないいい雰囲気に。設計は独創的な建築で世界的評価の高い建築家「藤森照信氏」とのこと。タイルの原料を掘り出す「粘土山」を思わせる外観も斬新なのですが、内装もまるでピラミッド内部のようで素晴らしい。

多治見市モザイクタイルミュージアム

こちらが最上階4Fの展示室。大きなモザイクタイルアートがお出迎え。

多治見市モザイクタイルミュージアム

壁面にはモザイクタイルを使用した様々なモザイクタイル画が飾られています。

多治見市モザイクタイルミュージアム

こちらの壁一面にも大きなモザイクタイル画が飾られています。昔の銭湯を思い出す懐かしい雰囲気も。

多治見市モザイクタイルミュージアム

こちらには昔台所で使われていた「竈 (くど) 」も展示。いわゆる竈(かまど)ですが、こうした昔ながらの竈で炊いたご飯って美味しいんですよね。

多治見市モザイクタイルミュージアム

中央には自然の明かりに照らされたモザイクタイルアートも。

多治見市モザイクタイルミュージアム

こちらの天井には大きな穴が空いており、自然光がモザイクカーテンを照らして、とても素敵な雰囲気に。モザイクカーテンを前にして、カメラ撮影をしている女子たちも。

多治見市モザイクタイルミュージアム

青空と自然光とモザイクカーテン。なんともいえず素敵。

多治見市モザイクタイルミュージアム

モザイクカーテンを近くで見てみると、こんな感じに様々なモザイクタイルの組み合わせで作られているのがわかります。一つ一つ色や形が異なることで、より面白い表情になるみたい。

多治見市モザイクタイルミュージアム

モザイクカーテンを引きで見るとこんな感じ。色鮮やかなタイルが自然光に照らされて綺麗

多治見市モザイクタイルミュージアム

ひまわりをデザインした絵画のようなモザイクタイルアートも。

多治見市モザイクタイルミュージアム

こちらが3Fの「ギャラリー」。岐阜・旧岐阜県庁舎などのモザイクタイルなどが展示されています。

多治見市モザイクタイルミュージアム

こちらはお風呂の蛇口。昔の洋館風風呂には、こうした動物をあしらった蛇口をよく見かけました。

多治見市モザイクタイルミュージアム

こちらが2Fの「オフィス」。こちらでは休憩したり、タイルなどの展示物や雑誌を眺めることができます。奥の方には「ミネラルウォーター」もあって、無料で飲むことができます。

多治見市モザイクタイルミュージアム

デーブルの机は、金魚がデザインされた愛らしい作りに。

多治見市モザイクタイルミュージアム

こちら1Fにはモザイクタイルでデザインされた自動車も。

多治見市モザイクタイルミュージアム

その隣には「ミュージーアムショップ」があり、様々なモザイクタイルを使った小物が販売されています。「モザイクタイルコースター」や動物絵柄の「モザイクタイル磁石」などをお土産に購入。

またその奥には「体験工房」もあり、多くの方がオリジナル作品を作られていました。「30分500円」で、オリジナルの写真立てなどを作ることができます。(持ち帰り可)今回は混雑していたので申込みしませんでしたが、子供さんなどと一緒に体験すると楽しそう。

多治見市モザイクタイルミュージアム」余りよく下調べせずに訪れたのですが、思っていたよりも斬新で楽しくて見応えありました。閲覧料もお値打ちですし、お土産品を色々と選ぶのも楽しい。また機会をみて訪れてみたいと思います。(^_^)v

多治見市モザイクタイルミュージアム



コメントは受け付けていません。