スマートスピーカー「Google Home Mini」「Amazon Echo」を一ヶ月近く使用してきての感想〜2機種の違いや付き合い方などを考えてみる〜

スマートスピーカー「Google Home Mini」「Amazon Echo」

スマートスピーカー、米国ではすでに生活にとって必需品になっているほど売れているガジェット。日本でも11月頃より本格的に販売が開始されました。「Google Home」「Amazon Echo」が中心となり、LINEからも「Clova WAVE」というスマートスピーカーが発売されています。

今回は先に発売が開始され自分も購入した「Google Home Mini」そしてちょっと後から販売となった「Amazon Echo」の2機種について、一ヶ月近く使用してみての自分なりの感想や付き合い方などを考えてみたいと思います。

「Google Home Mini」がやってきた!開封の儀からファーストインプレッション&注意点まで〜

スマートスピーカー「Amazon Echo」がやってきた!開封の儀からファーストインプレッション&注意点まで〜


・スマートスピーカーを購入してどうだったのか?


まずは結論からになりますが、自分の場合、スマートスピーカーを購入して非常に良かったです。購入前には「本当にそんなに便利になるのかな?」「iPhoneならSiriも使えるし」と思っていたのですが、これが実際に利用し始めたらとても便利。

日常生活の中で、家でやることは結構多いんです。自営業の方の場合、仕事はもちろんのこと、主婦の方も料理や洗濯、子育てなど、手が塞がっていることもしばしば。

そんな時に音声だけで色んな情報が聞き出せるのは、とっても便利。とくに忙しい朝、時刻から気温、天気、最新ニュースまで流してくれるのは、一度使いだしたら手放せなくなります。また料理中なども手が塞がっているので、レシピや音楽が聴けるのは助かります。


・音声検索精度はどんな感じ?


「Google Home Mini」「Amazon Echo」どちらとも声の反応は良く音もクリアなのですが、音声検索精度では「Google Home Mini」の方が精度が高い印象。やはりGoogleが作っているだけのことはあります。

海外の楽曲などでも、Google Home Miniの方ではかなり高い確率でその曲が出てきますが(Google Play Music)、Amazon Echoの方では違ったアーティストが出来てることが多いです。(Amazon Music Unlimited)この辺は今後に期待したいところ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Google Home(グーグル ホーム)
<span >価格:15120円(税込、送料無料) (2017/12/18時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Google Home Mini チャコール(グーグル ホーム ミニ チャコール)
<span >価格:6480円(税込、送料無料) (2017/12/18時点)

スポンサーリンク


スマートスピーカー「Google Home Mini」「Amazon Echo」


・音楽ストリーミングサービスの使用感は?


音楽ストリーミングサービスは「Google Home=Google Play Music、Spotify」「Amazon Echo=Amazon Music、Amazon Music Unlimited」対応となっています。どちらも音楽ストリーミングサービス有料会員にならないと、音声検索だけで色んな楽曲を探して聴くのは難しいかも。

音楽ストリーミングサービス有料会員の方ならば、それなりに希望の楽曲やミュージシャンを探し出して流してくれます。(でもまだ出てこないアーティストも多いですが)

Google Homeの場合には「OK Google この曲大好き」というと「お気に入り」に入れてくれるんです。「OK Google お気に入りかけて」というとそこに入れた曲を流してくれるので、いわゆるマイフェイバリットを作れるわけ。これはなかなかいいですね。

Amazon Echoの方は、360°Dolby デュアルスピーカーを使用しているだけあって、音楽スピーカーとしてもそれなりに満足できる音が聴けます。この価格帯でこれだけの音が聴けるのならば必要十分ではないでしょうか。

Google Home Miniの方にスピーカー性能を求めるのは酷ですね。(音声はクリアに聞こえます)音楽スピーカーとして使用したい場合には、ワンランク上のGoogle Homeを購入した方がいいでしょう。


・スマートスピーカー 2機種をどんな感じに使い分けているの?


現在の利用方法としては、Google Home Miniの方をキッチンに置いています。料理をしたり、片付けをしながらニュースや音楽を流しておくには都合がいいんです。どちらかというとスピーカーとしてよりも情報端末としての使い勝手が中心でしょうか。

そしてAmazon Echoの方は、仕事部屋のPCデスク周りに置いています。こちらも作業をしながらニュースを聞いたり、音楽スピーカーとして音楽を流しておくことが多いかな。タイマーなども「タイマー10分かけて」というだけで使えるので、色んな場面で有効活用しています。Googleカレンダーなどとの連携も可能なので、仕事中のタスク管理などにも使えそう。

忙しい人はカレンダーや手帳などと組み合わせて「情報&時間管理」をすれば、かなりいい感じにタスク管理ができそう。自分の場合も、例えばこの時間までにコラムを仕上げると決めたならば「タイマー30分かけて」などと時間を入れておくことで、より集中して作業ができるようになった感じ。人は制限があった方が、より集中できますもんね。


・IoTデバイスとの連携はどんな感じ?


IoTデバイスとの連携は、Google Home MiniのChromecast(OK Google テレビをつけて、というだけでテレビの電源をオンにしてくれる、YouTube動画を流してくれる)でしか利用していませんが、やはり便利であることは間違いありません。個別に販売されている通信機器を利用すれば、ライトやTV、エアコンなどもオンオフができるようになるみたい。

この辺りはまた追々試していきたいと思っています。


・自分にとってのスマートスピーカーって?


「Google Home Mini」「Amazon Echo」それぞれどちらにも特徴があり、場面や状況によって使い分けてやるのが一番いいみたい。実際にスマートスピーカーを一ヶ月近く使用してみて、米国ではすでに生活にとって必需品になっているという理由がよくわかりました。

「あると便利なガジェット」から「手放せなくなるガジェット」へと日々進化してきています。スマートスピーカーのより良い進化を期待しつつ、今後も日々使い倒していきたいと思います。(^_^)v

スポンサーリンク




コメントは受け付けていません。