名古屋栄の隠れ家的味噌おでん&串揚げの店「ぶっち」、大将の料理愛がひしひしと感じられる名店!^^

名古屋栄の隠れ家的味噌おでん&串揚げの店「ぶっち」

10月も後半になり、めっきり寒くなってきましたね。寒くなってくると恋しくなるのが、「鍋」や「おでん」などの温かい食べ物。ということで名古屋栄にひっそりとある隠れ家的味噌おでん&串揚げの店「ぶっち」へとお邪魔してきました。

こちらのお店は「名古屋市中区栄4-5-18 栄ソシアルビル B1F / 050-5869-9416」にあります。ビルの右側にある螺旋階段を降りたB1F にあり、1階には看板も出ていないまさに隠れ家的名店。中区役所から歩いて5分ほどといったところでしょうか。

お店の入り口はこんな感じ。渋い提灯と暖簾が出迎えてくれます。

スポンサーリンク

名古屋栄の隠れ家的味噌おでん&串揚げの店「ぶっち」

店内はこんな感じ。テーブル席2つとカウンターのみ「全席15席」という小じんまりとしたお店。営業時間「17:30~23:30(LO.23:00 / 土LO.22:00)」定休日「日曜・祝日」。この日もほぼ予約のお客だけで満席状態でした。(週末)事前予約必須ですね。

名古屋栄の隠れ家的味噌おでん&串揚げの店「ぶっち」

カウンターの中では、ご主人ともう人方が忙しくされています。一見ちょっと怖そうな大将(失礼)ですが、職人ならではの自信と風格が感じられます。

名古屋栄の隠れ家的味噌おでん&串揚げの店「ぶっち」

カウンター席には、こうした「おもてなしの挨拶状」が置かれていました。こうした心遣いも嬉しい。

名古屋栄の隠れ家的味噌おでん&串揚げの店「ぶっち」

こちらがメニュー。串あげ、味噌おでんを中心に、手羽先やどて煮などの名古屋めしも取り揃えられています。メニューの種類も豊富で、どれも美味しそう。

名古屋栄の隠れ家的味噌おでん&串揚げの店「ぶっち」

ますはこちら、キンキンに冷えた「生麦酒」でかんぱーい!アルコール類も、麦酒から焼酎、日本酒、ワイン、ウィスキー、キンミヤ焼酎ホッピーまで各種揃っています。

名古屋栄の隠れ家的味噌おでん&串揚げの店「ぶっち」

こちらが最初に注文した味噌おでん「大根」と「玉子」。この味噌たれの照り、いやー堪りません。

名古屋栄の隠れ家的味噌おでん&串揚げの店「ぶっち」

それでは大根から一口頂きます。とっても柔らかく煮込まれた大根、しっかりと中まで味噌だれの味が染みています。和風だしの風味が効いているので、見た目ほどのクドさはありません。こりゃ旨い。

名古屋栄の隠れ家的味噌おでん&串揚げの店「ぶっち」

こちらが「玉子」。この程良い色合いが堪りません。味噌たれの染み具合も程よくて、玉子本来の味もしっかりと伝わります。ここ最近食べたおでんの中では、断トツ美味しかった。

名古屋栄の隠れ家的味噌おでん&串揚げの店「ぶっち」

こちらが「串かつ / ソース(左)みそ(右)」。豚ロースの串かつで、注文は各2本から。ソースには別途「ソースたれ」が付いてきます。

名古屋栄の隠れ家的味噌おでん&串揚げの店「ぶっち」

ではまず「みそ串かつ」からいくとしますか。七味もつけて頂きます。衣は軽くてサクサクながら、衣だけ剥がれてしまうような串かつではなく、しっかりと豚ロースの身が詰まっています。

こちらの味噌たれは、さらっとしていながらも後から旨味がじわっとくるタイプ。ソースの方も、これまた噛む度に串かつ本来の美味しさが伝わってきます。

名古屋栄の隠れ家的味噌おでん&串揚げの店「ぶっち」

こちらが「ハムカツ」。厚切りのハムがカリッと揚げられています。衣はサクッサクながらも薄いので、ハム本来の旨味をより引き出してくれます。ソースとの相性も抜群。

名古屋栄の隠れ家的味噌おでん&串揚げの店「ぶっち」

こちらが「うずら玉子」。自分はこのうずら玉子が大好物。これがまた美味しかった。薄めの衣が、うずら本来の旨味を際立たせてくれます。

名古屋栄の隠れ家的味噌おでん&串揚げの店「ぶっち」

こちらが「牛すじ どて煮」。名古屋風味噌たれで煮込んだ牛すじどて煮。これがまた絶品。濃厚な味わいの味噌たれに、とろとろに煮込まれた牛すじが入っています。素材もよいものが使われており、噛む度に牛の旨味が口の中に広がります。これはご飯にのせても美味しいでしょうね。

名古屋栄の隠れ家的味噌おでん&串揚げの店「ぶっち」

そろそろ次のアルコールということで、こちら「芋焼酎 天狗櫻 ロック」。名前がまたいいですね。芋の香り豊かで、和食によく合います。

名古屋栄の隠れ家的味噌おでん&串揚げの店「ぶっち」

こちらが「穴子」。穴子の串あげはちょっと珍しいかも。大ぶりサイズで食べ応えもありそう。抹茶塩が付いてくるので、そちらで頂きます。

名古屋栄の隠れ家的味噌おでん&串揚げの店「ぶっち」

それでは一口頂きます。サクッサクの衣を噛むと、中からはふわっとした穴子がお目見え。このサクフワな食感が堪りません。また抹茶塩がいい仕事をしていて、より穴子の旨味を引き立ててくれる感じ。まさにめちゃ旨の一言。

名古屋栄の隠れ家的味噌おでん&串揚げの店「ぶっち」

そろそろ締めの麦酒ということで、「瓶ビール」を注文。

名古屋栄の隠れ家的味噌おでん&串揚げの店「ぶっち」

そして最後締め料理として頼んだのが、こちら「手羽先唐揚」。名古屋めしに、この手羽先は欠かせませんからね。身のしっかりと付いた手羽先が3本のっかっています。

この手羽先がまた美味しかった。ちょっと甘めのたれに、胡椒が程いいバランスで効いています。身もしっかりと付いているので、食べ応えもあります。胡麻もいい仕事しています。これがまた締めの麦酒に合うんですよね。

名古屋栄の隠れ家的味噌おでん&串揚げの店「ぶっち」今回初めてお邪魔したのですが、目立つところにお店がないにもかかわらず、連日予約でいっぱいなのがよくわかりました。

料理はどれも素材を吟味して、丁寧に作られているのがよくわかります。どの料理もご主人の素材への愛情が感じられました。”これはちょっと”という料理が一つもなく、どれも美味しかった。これで一人「3,500円」程というのは、ほんと良心的。

まだ頂いていない料理が沢山あるので、また機会をみて絶対再来店したいと思います。(事前予約は必須なので、お忘れなく)

味噌おでん&串揚げの店「ぶっち」



コメントは受け付けていません。