Apple Watch Series 3 Nike+ が我が家にやってきた!開封の儀からその後の使用感まで〜

Apple Watch Series 3 Nike+

ずっと気になっていたガジェットが「Apple Watch」言わずと知れたAppleの時計型ガジェット。先日第三世代になるSERIES 3が販売開始、ついに我が家にも初Apple Watch「Apple Watch Series 3 Nike+」がやってきました。

初代からずっと気にはなっていたんです。でも色々なコラムなど見ると、まだまだ機能的に動作が遅かったり、価格が高かったりと、なかなか手が出しにくかったんです。

でもSeries 3になり、かなりスペックが上がり動作も高速になったようなので、そろそろ買い時かなと思い購入することに。GPSかGPS + Cellularモデルかで悩んだのですが、自分の場合にはiPhone無しで持ち歩くことはまずないので、GPSモデルを選択

ランニングや水泳、サーフィンなど、アウトドアスポーツで使いたい方の場合には、GPS + Cellularモデル一択でしょう。実際にこちらの方が売れているみたい。

こちらが外箱。(ビニールは外してあります)iPhone同様に外箱も美しい。今回購入したモデルは「Apple Watch Series 3 Nike+ GPS 38mm / スペースグレイアルミニウム
ケースとアンスラサイト/ブラックNikeスポーツバンド」。

スポンサーリンク

Apple Watch Series 3 Nike+

蓋を開けるとまず冊子。そしてその下からApple Watch Series 3 Nike+ GPS 38mmがお目見え。相変わらず梱包も丁寧で美しい

Apple Watch Series 3 Nike+

その下には「Apple Watch磁気充電ケーブル(2m)」「電源アダプタ」が入っています。

Apple Watch Series 3 Nike+

冊子ケースの中には「替えバンド(片側のみ)」「簡易取扱説明書(日本語)」「Apple Watch 情報(規約など)」が入っています。

Apple Watch Series 3 Nike+

こちらが付属の「Apple Watch磁気充電ケーブル(2m)」「電源アダプタ」。Apple Watch底面に磁石で引っ付くみたい。

Apple Watch Series 3 Nike+

こちらが「Apple Watch Series 3 Nike+ GPS 38mm」本体。全体カラーはブラックで統一され、格好いい。カラーやベルトもどれにしようか悩んだのですが、ベルトは後から交換もできるので、一番シンプルで合わせやすいオールブラックに。

Apple Watch Series 3 Nike+

液晶をアップで見るとこんな感じ。iPhone同様に美しいデザイン。それなりに値はしますが、普通の時計でも高機能なものはもっと高かったりしますし、Series 3でやっと価格と機能が釣り合ってきた印象。

Apple Watch Series 3 Nike+

こちらが右サイド。上が「Digital Crown」こちらを回すことでスクロール・拡大・縮小・調整が可能。押すと文字盤へと戻り、長押しするとSiriが起動します。

下がサイドボタン。1押しでApp表示、2押しでApple Pay起動、長押しで電源オン/オフ、緊急電話発信(指定時)となります。

Apple Watch Series 3 Nike+

こちらが左サイド。手前から「スピーカー」「通気孔」「マイク」が備わっています。

Apple Watch Series 3 Nike+

こちらがバンド上部。こちらの突起部をバンドの穴に通して固定します。

Apple Watch Series 3 Nike+

こちらがバンド下部。Nike+モデルはバンドに細かい穴が開いているので、夏場に蒸れやすいシリコンバンドの通気をよくしてくれそう

Apple Watch Series 3 Nike+

裏面はこんな感じ。中央に「心拍センサー」サイドに「スピーカー」「通気孔」「マイク」上下に「バンドリリースボタン」が付いています。バンドもボタンを押しながらスライドするだけで交換可能なのは手軽でいいですね。

Apple Watch Series 3 Nike+

それではApple Watchの電源をオンにしてみるとしますか。もちろんiPhone(6s)も一緒にサイドに置いています。林檎マークが現れました、この瞬間はいつもドキドキ。

Apple Watch Series 3 Nike+

iPhoneへとアクセス開始している模様。

Apple Watch Series 3 Nike+

しばらく待つと、無事にペアリングが完了。最初のペアリングは少し時間がかかるので(5〜10分ほど)気長に待ちましょう。

Apple Watch Series 3 Nike+

新規パスコードを入力」と出るので、4桁のパスコードを入力します。

Apple Watch Series 3 Nike+

「Watchの準備ができました。開始するにはDigital Crownを押します。」と表示されました。液晶に表示される文字もとても綺麗で見やすいです。

Apple Watch Series 3 Nike+

Digital Crownを押すと、初期画面が無事表示されました。こちらホーム画面は、iPhoneの「Watchアプリ」から、好みのものに変更可能。またアプリのインストールや各種設定などもWatchアプリから可能。

Apple Watch Series 3 Nike+

腕に着けてみるとこんな感じ。自分の場合、手首が細い方なのでバランスを考えて38mmにしましたが、手首が細めの男性以外の方は、42mmの方を選ばれた方がよいかも。

Apple Watch Series 3 Nike+

バンド裏面を見てみるとこんな感じ。ちょっと余裕をもって固定すると、バンドの長さがギリギリな感じに。自分は左手首周り「16cm(ピッタリで)」なので、それ以上サイズの方は42mmの方をお薦めします。

Apple Watch Series 3 Nike+

Apple Watch磁気充電ケーブルを使って充電開始。底面が磁気で引っ付くので、Apple Watchを安心してのせておけます。こうしたスマートウォッチは、microUSBで繋いで充電するものも多いですが、この辺りはさすがAppleといった感じ。

充電は2時間ちょっとで満充電に。激しい使い方をしなければ、丸2日近くバッテリーが保つのも好印象。(通知や時刻チェック、たまに電話やメールなど)


・1週間ほど使用してみてのファーストインプレッション〜


まだApple Watch Series 3 が手元にやってきてから1週間ほどなのですが、想像以上の完成度の高さに驚いています。


・Apple Watch Series 3 ここが凄い〜


液晶がとても綺麗」文字盤の細かい文字もはっきりと見ることができます。

動作もそれなりに快適」iPhoneのようにサクサクとはいきませんが、思っていたよりも快適に動作。アプリによっては読み込みに若干時間が必要ですが、通知やSiriなどは想像以上に快適。

Siriが威力を発揮」iPhoneでは出番が少ない印象のSiriですが、Apple Watchではその威力を遺憾なく発揮してくれます。電話やメールも音声だけで発信可能。天気予報を聞いたり、調べ物も手元でサクッとできます。

Siriでの音声文字入力が便利」メッセージアプリなどを使う場合、Siriを使っての音声文字入力も可能。これが思っていたよりも正確で快適。初期のSiriは使えない子でしたが、ここ数年でかなり進化しているみたい。

Apple Payが便利」これは言うまでもなく、手元だけで決済ができるのは超便利。


・Apple Watch Series 3 ここ頑張って〜


使えるアプリ、機能が限られている」LINEやTwitterなどとの連携は、一様使えるものの出来ることは限られているので、Apple Watchのみで使用するのは無理みたい。

その他にも使えるアプリは色々あるけれど、iPhoneとの連携が前提なので使える機能は限られるものがほとんど。これはApple Watchのサイズや性能からしたら、現時点ではこれが限界なのかも。この辺りは今後の課題になりそう。

Apple Watch Series 3 Nike+」まだ使いだして1週間ほどですが、想像以上に使える奴で驚いています。Siriホーム画面にしておくと、リアルタイムで「リマインダー」「天気」「株価」などの情報を流してくれるものいいですね。

またしばらく使い込んでみてから、その後の使用感なども書いていきたいと思っています。(^_^)v

↓続きはこちらから↓
Apple Watch Series 3 でスクリーンショットを撮るのに悩んだので、利用方法を詳しく紹介しておくよ〜その他お気に入りの使用方法なども〜

Apple Watch



コメントは受け付けていません。