高速ジェット船で遊覧!「恵那峡遊覧船」にて、恵那峡の絶景を満喫!くるみ五平餅がまた旨かった〜

恵那峡遊覧船

岐阜県恵那市にある有名な渓谷が「恵那峡」。岐阜県恵那市・中津川市を流れる木曽川中流の渓谷。その渓谷を高速ジェット船で付知川との合流点、品の字岩まで巡るのが恵那峡めぐり。今回はその恵那峡を「恵那峡遊覧船」にて巡ってきたので、ご紹介してみたいと思います。前回コラムをまだご覧になっていない方は、先にこちらからどうぞ。

高速ジェット船で遊覧!「恵那峡遊覧船」にて、恵那峡の絶景を満喫!^^

高速ジェット船が波止場へと戻ってきました。30分ほどの遊覧でしたが、エアコンの効いた涼しい中でのジェット船遊覧はなかなか快適。長い年月を経て創られた数々の大岩・岸壁からなる自然の絶景といい、水しぶきの迫力といい、まさに非日常を満喫できました。

スポンサーリンク

恵那峡遊覧船

こちらが操縦席。メカニックでかっこいい。

恵那峡遊覧船

波止場から眺める景色も、また絶景なり。これでもう少し晴れていたなら、最高だったかも。

恵那峡遊覧船

もう一隻、戻ってくる高速ジェット船の姿が。水しぶきといい、緑の山々といい、なかなかいい雰囲気の一枚が撮れました。

恵那峡遊覧船

こちらが記念写真。じつは乗船前にカメラマンの方が写真を撮ってくれるんです。恵那峡の風景と一緒になった小ぶりの写真が、こちらで無料で頂けます。ちゃんとした大きめの写真が欲しい方は、こちらで1枚千円で購入することもできます。

恵那峡遊覧船

こちらは高台にちょっと上がったところから撮った写真。高速ジェット船の波止場と戻ってくるジェット船、そして奥には緑の山々と大井ダムの姿も入り、なかなかいい雰囲気に。お店が立ち並ぶところから撮った写真ですが、全体の景色を写すにはいいスポットかも。

恵那峡遊覧船

こんな感じのレトロな御食事処も。味わいありすぎる。

恵那峡遊覧船

民芸品のお店なども。立ち寄られている方も、ちらほらみえました。

恵那峡遊覧船

とても綺麗に咲き誇っていた「蓮の花」。ちょっと雨に濡れて、とてもいい雰囲気に。蓮の花は、7月中旬~8月中旬が見頃。蓮の花は短命で、花びらが開きはじめてから3~4日で散ってしまうらしい。また午前中に咲いた花は、午後には閉じてしまうとのこと。これで花開いていたならば、もっと見応えがあったでしょうね。

恵那峡遊覧船

目の目に「くるみ五平餅」の看板が。これは食べないと駄目でしょ、ということで購入することに。

恵那峡遊覧船

手作りくるみ五平餅」。1本150円なり。丸いお団子タイプ、串に3個刺さっています。それでは一口頂きます。表面はさくっと熱々、でも中はしっとりと柔らかい。おこげの香ばしい香りと、くるみだれの甘い風味が口の中に広がります。小ぶりながらしっかりと味が付いていて、これぞ岐阜の五平餅といった懐かしい味わい。

恵那峡遊覧船

こちらが「子持ち鮎塩焼き」。このように1匹ずつ串に刺さって販売されています。気持ちとしては食べたかったのですが、お昼に鰻丼を食べたばかりだったので、さすがにやめておくことに。次、機会があったならば頂くことにしよう。

恵那峡遊覧船」昔から有名で知ってはいたのですが、訪れたのは初めて。こうした経験は自分ではなかなかできないので、千円ちょっとで高速ジェット船に乗れて、絶景も楽しめると思うと、なかなかいい体験になったかも。今度はぜひ、秋紅葉の季節に訪れてみたいですね。(^_^)v

恵那峡遊覧船



コメントは受け付けていません。