「Flipboard→Pocket→Read Later」が最強のMac情報収集閲覧環境〜!♬

Pocket」というアプリ、聞いた事がないという方は「Read It Later」といえばご存知の方も多い事でしょう。この「Pocket」アプリがホント使い勝手が素晴らしいので、自分なりの使い方を書いてみたいと思います。^^

まずはこちら「Flipboard」。タブレットなどでのGoogle Reader閲覧は、全てこちらのFlipboard経由で見ています。とにかく雑誌を見る感覚で、手早く記事を見ていけるのが最高!また7インチタブレットとの相性も抜群で日々重宝しています。

「Flipboard」Android版タブレット向けにUI改良〜♬

でっ、登場するのが「Pocket」機能。Nexus7の場合、右下のコマンドボタンを押すと、こういったポップアップが出るので、「後で読む」をクリックすればPocketに保存完了。気になった記事や画像は、全てこうしてPocketに保存しています。

そしてその保存した記事をiMacで見る時に便利なのが、こちらの「Read Later」。Pocketと同期して閲覧が出来るのですが、素晴らしいのは「立ち上がりが速い」「読み込みが速い」という点。こうしたクラウドアプリは容量が多くなると動作が遅いものが多いのですが、こちらのアプリは動作が速くて快適!タグ表示にも対応、ソーシャルメディアやEvernoteへの転送にも対応しています。

このクオリティで無料は素晴らしいと思うのですが、ただ残念な事に現在事情はわかりませんが「Read Later」App Storeでの取扱いがされていない模様w。(この記事を書いていて気がついた)とてもいいアプリなので、またダウンロード出来るようになる事を願っています。

そんな感じで、現在の自分の一番効率的な情報閲覧管理環境を纏めると、

「タブレットNexus7,iPad(Flipboard)で情報を見て、気になるものはPocketにて保存、後日iMac(Read Later)で改めて見直し再チェック!」

という感じで日々活用しています。(画像のチェックが多いのは秘密ですぉ)(・ω<)

コメントを残す