旅行のお供に最適な「PLEMO ネックピロー U型空気まくら HC-UP2(2個セット)」の使用感や如何に!^^

PLEMO ネックピロー U型空気まくら HC-UP2(2個セット)

お家のソファーでくつろいだり、PC作業などをする時に、ピタッとフィットするクッションがあると便利ですよね。また車や電車、飛行機などでの旅行移動時に、首元を支えてくれる首枕が1つあると、長時間の移動でも心地よく休むことができます。

ということで、今回はこちら旅行のお供に最適な「PLEMO ネックピロー U型空気まくら HC-UP2(2個セット)」をご紹介してみたいと思います。

(こちらはClaybox社よりサンプルとしてご提供頂いたアイテムです。当ブログでは良い点いまいちな点合わせ、実際に使用してみて自分なりの正直な感想を書いています。)

こちらが外観。専用ビニールケースに入っています。ジッパーで開閉可能。

スポンサーリンク

PLEMO ネックピロー U型空気まくら HC-UP2(2個セット)

中身を取り出してみました。「PLEMO ネックピロー U型空気まくら(2個セット)」「取扱説明書(日本語表記あり)」が入っています。2個セットというのも嬉しいところ。

PLEMO ネックピロー U型空気まくら HC-UP2(2個セット)

こちらが1個をビニールケースから取り出したところ。手触りの優しい巾着袋に入っています。140gと軽量なので、持ち運びにも邪魔になりません。またビニールケースは開閉可能なので、旅行時に着替えなどを入れておくのにも便利そう。

PLEMO ネックピロー U型空気まくら HC-UP2(2個セット)

こちらが「PLEMO ネックピロー U型空気まくら」。まだ空気を入れていないので、ペチャンコ。起毛素材で、肌さわりも優しい感じ。こちらのビロードカバーは「取り外し可能」ということで、水洗いもできます。

PLEMO ネックピロー U型空気まくら HC-UP2(2個セット)

こちらビロードカバーの合わせ口の中に「エアノズル」があります。カバーの中には「PVC製エアバック」が入っており、こちらのエアノズルから空気を入れて膨らませることができます。

PLEMO ネックピロー U型空気まくら HC-UP2(2個セット)

エアノズルに口をあてて、空気を入れていきます。深く息を吸った状態「2回ほど」で、最大まで膨らませることができました。空気が入ったなら、フタをしっかりと閉じます。

PLEMO ネックピロー U型空気まくら HC-UP2(2個セット)

空気を入れると、こんな感じ。こちらのネックピローは、人間工学に基づいた設計となっており、360度頭部と首を支えることが可能。首の周りや後頭部を支えることで、肩こり、背骨や首への負担を効果的に減少してくれます。

PLEMO ネックピロー U型空気まくら HC-UP2(2個セット)

こちらが表側。肌さわりも起毛で気持ちいい。旅行の移動時などにも「首枕」「背もたれ」など、色んな場面で活用できそう。空気を入れるのもほんの数秒で完了しますし、使い終わったなら手で押してやるだけで、簡単にコンパクトに折りたためます。

PLEMO ネックピロー U型空気まくら HC-UP2(2個セット)

こちら愛用のPCチェアー背もたれとして置いてみたところ。結構弾力があるので、腰回りが疲れてきた時にこうしてあてがってやるだけで、気持ちいい。

PLEMO ネックピロー U型空気まくら HC-UP2(2個セット)

こちらはソファーに置いてみたところ。このまま首周りにあててやるだけで、自然な体勢でリラックスできます。長めの映画などを観る時にも重宝しそう。

膨らんだ時のサイズは「横22×縦20×厚8cm」。全体的にはほどいいサイズ感なのですが、首が太い方の場合には、ちょっとキツめに感じるかも。(自分はほどいい感じでしたが)

首枕はホームセンターなどでもよく見かけますが、折り畳んで持ち運び可能な”空気まくら”は、意外と見かけないんですよね。元のサイズもコンパクトなので、旅行時に鞄の中に1つ入れておけば、かなり重宝すること間違いありません。

次回旅行に行く時には、こちらの「PLEMO ネックピロー U型空気まくら」を忘れずに鞄に入れて出かけたいと思います。(^_-)-☆