ワンタッチ自動開閉可能で強度にも優れた折り畳み傘「PLEMO ワンタッチ 折り畳み傘」を試してみた!^^

PLEMO ワンタッチ 折り畳み傘

最近はお天気も気まぐれで、晴れていたかと思ったら急に雨が降り出したり、予想がつきにくい天候が多いですよね。そんな時に1つ鞄の中にあると便利なのが「折り畳み傘」。でも折り畳み傘って使った後に綺麗に仕舞うのが大変で、なかなか思うように畳めずイラッとすることも。

そんな時にあると便利なのが、ワンタッチ自動開閉可能で強度にも優れた折り畳み傘「PLEMO ワンタッチ 折り畳み傘」。なんと開くのも閉じるのもボタンワンタッチでOK。これならば面倒な折りたたみ作業からも解放されます。

(こちらはClaybox社よりサンプルとしてご提供頂いたアイテムです。当ブログでは良い点いまいちな点合わせ、実際に使用してみて自分なりの正直な感想を書いています。)

こちらが外観。こんな感じの専用袋に入っています。

スポンサーリンク

PLEMO ワンタッチ 折り畳み傘

本体はこんな感じ。サイズは「全長34cm(折り畳んだ状態)」。重量「395g」。折り畳み傘としては少し重量がありますが、機能性と丈夫さを考えると許容範囲でしょう。

PLEMO ワンタッチ 折り畳み傘

傘の手元はこんな感じ。木目調デザインになっており、高級感があります。「PLEMO」ロゴも入っています。またその上にある「ワンタッチ式自動開閉ボタン」を押すことで、瞬時に傘の開閉が可能です。

PLEMO ワンタッチ 折り畳み傘

手元の裏側。こんな感じに握りやすいグリップになっており、手に馴染みます。

PLEMO ワンタッチ 折り畳み傘

こちらが先端。直径は「6cm(最大値)」。生地が2重構造で折り畳まれています。

PLEMO ワンタッチ 折り畳み傘

傘をたたむ紐(ネームバンド)を外すとこんな感じ。スッと広がります。さてそれでは先程の”ワンタッチ式自動開閉ボタン”を押して、傘を開いてみることにしましょう。

PLEMO ワンタッチ 折り畳み傘

ボタンをちょっと強めに押すと、一瞬でこのように広がりました。バンッという感じ。手荷物などがある時に、自動で開いてくれるのは、ほんと助かります。曲面の長さは128cm。直径も113cmあるので、2人で入ってもいけそう。

PLEMO ワンタッチ 折り畳み傘

こちらの生地は、ご覧のように2重構造になっており、風が抜ける仕様。強風から骨組みを守るように工夫されています。また高密度の210TNC布素材を使用しており、軽く揺さぶるだけで雨水が落ちる程の超撥水とのこと。とかく折り畳み傘は強度が弱いのがネックですが、風が抜ける2重構造というのはいいアイデアですね。

PLEMO ワンタッチ 折り畳み傘

内側はこんな感じ。頑丈なスチール製中棒と8本のグラスファイバー素材傘骨を採用しています。高強度グラスファイバー使用ということで、見るからに頑丈そうな作り。60MPHまでの強風でも、傘が裏返しにならないとのこと。

PLEMO ワンタッチ 折り畳み傘

さて、それでは今度は傘を開いた状態から、もう一度”ワンタッチ式自動開閉ボタン“を押してみることにしましょう。

PLEMO ワンタッチ 折り畳み傘

はい、こちらもまたバンッと一瞬で閉じました。開く時だけでなく、閉じるもの自動というのは嬉しい。折り畳み傘は、使った後折り畳むのが一番手間だったりするのですが、これならば生地をちょっと綺麗に整えてやるだけでOK。

ちなみに中棒を元のサイズに戻すには、上からグッと矢印方向に押して戻してやればOK。(ちょっと強めに押して下さい)後はネームバンドで巻きつけてやれば、簡単に元通りになります。

PLEMO ワンタッチ 折り畳み傘」使い勝手をちょっと試してみましたが、如何だったでしょうか。デザインも和風で高級感ありますし、強度もかなり強そう。そしてワンタッチ自動開閉可能と、雨風時にかなり役に立ってくれそうです。

重量が395gと若干重めなのが気になりますが(最近は軽い傘が多いので)、この機能性と頑丈さを考えると許容範囲。お天気が微妙な日には、鞄に忍ばせて出かけるようにしたいと思います。(^_-)-☆