じゃがいもで作られた「カムジャ麺」を使って、「カムジャ麺鍋」を作ってみた!^^

カムジャ麺 カムジャ麺鍋

2月半ば、まだまだ寒い日が続きますね。そんな寒い日には身体の芯から温まる鍋料理が食べたくなります。先日いつも行くショッピングモールに入っている「KALDI」にて、じゃがいもで作られたという「カムジャ麺」を見つけたので購入。

カムジャ麺とは、日本語で「じゃがいも麺」という意味。麺にじゃがいもでん粉を練り込んで作られています。今回は、こちらのカムジャ麺を使用して、「カムジャ麺鍋」を作ってみたいと思います。

パッケージはこんな感じ。1袋「108円(税込)」とお値打ち。じゃがいもの写真も写っています。

スポンサーリンク

カムジャ麺 カムジャ麺鍋

中身はこんな感じ。「乾麺」「粉末スープ」「やくみ」が入っています。今回はこちらの乾麺だけを使用します。

カムジャ麺 カムジャ麺鍋

まずは大き目の鍋で出汁をとります。今回使用する出汁は、万能和風だしの「千代の一番」。とっても美味しい出汁が簡単にとれるので重宝しています。こちらを「2袋」と「料理酒」少量(2,3秒ほど)を投入し、沸騰させます。

カムジャ麺 カムジャ麺鍋

こちらが今回鍋に入れる具材。具材はお好みで何でもよいのですが、野菜、肉とバランスよくチョイス。とくに「竹輪」「椎茸」から程良い旨味がでるので、この2つは欠かせません。椎茸などはいつでも使えるように、予めカットして冷凍保存しておくと便利です。

具材:白菜(八分の一)葱(1本弱)竹輪(3本)豚肉(100g程、塩胡椒も)椎茸(4,5個)カニカマ(4本)

カムジャ麺 カムジャ麺鍋

出汁が沸騰してきたら、白菜など固めの具材から順番に投入していきます。

カムジャ麺 カムジャ麺鍋

沸騰してきたら、まめに「アクを取る」ように心がけましょう。できればスープが透き通るくらいまで、アク取りをした方がベスト。カムジャ麺にとっても、スープの出来具合は重要ですからね。

カムジャ麺 カムジャ麺鍋

具材がいい感じに煮詰まってきて、アクも綺麗に取れたならば、そこでメインの「カムジャ麺」を投入。通常は付属の「粉末スープ」「やくみ」を入れて作るのですが、今回はカムジャ麺のみ使用します。「3分」ほど強火で煮込んでいきます。

カムジャ麺 カムジャ麺鍋

こんな感じに麺がほぐれたならば完成。具沢山の「カムジャ麺鍋」が出来上がりました。

カムジャ麺 カムジャ麺鍋

お皿に盛り付けて、お好みで「黒胡椒」「七味(一味)」を振りかけます。彩りも綺麗に仕上がりました。

カムジャ麺 カムジャ麺鍋

それでは一口頂きます。カムジャ麺、麺はモチモチで程良い歯ごたえがあります。のどごしもツルツルといい感じ。麺も乾麺特有の臭みなども全くなく、食べやすい味わい。また多くの具材から滲み出たスープが絶妙な美味しさ!これは身体も温まりますね。「柚子ポン酢」を少し足してやると、またさらに深い味わいに。

カムジャ麺に付属している粉末スープを使って作ると、結構辛くなるみたい。パッケージにも「ピリ辛味」とあるのですが、辛味は青唐辛子を使っているよう。辛いのが好きという方は、鍋にこちらの粉末スープを投入してやるのもありかも。(家族が辛いの苦手なので、今回は未使用)

カムジャ麺鍋」とっても簡単で美味しいかったです、ぜひお試しあれ。(^_-)-☆

■材料:白菜(八分の一)葱(1本弱)竹輪(3本)豚肉(100g程、塩胡椒も)椎茸(4,5個)カニカマ(4本)カムジャ麺
■調味料:千代の一番(出汁)、料理酒(2,3秒)、塩胡椒、柚子ポン酢、七味(一味)



コメントは受け付けていません。