岐阜県高山市にある大人気パン工房「TRAIN BLEU(トランブルー)」の逸品パンを味わう!^^

パン工房「TRAIN BLEU(トランブルー)」

岐阜県飛騨高山にある大人気パン工房「TRAIN BLEU(トランブルー)」。トラン・ブルーは、フランス語で [ブルー・トレイン]という意味。英語の [BLUE] ではなく [BLEU] 。長い道のりを目的地に向かってコツコツとひたすら走り続けてゆく、という願いを込めてつけられたとのこと。

シェフ成瀬正氏は、2005年クープデュモンド日本代表に選出。彼を含む日本代表チームは「3位」という輝かしい功績を残しています。「1位になるよりも価値のある3位だった」との素晴らしいコメントも残されています。そんな成瀬氏が手がけるパン工房「TRAIN BLEU(トランブルー)」は大人気で、休日は1時間待ちも当たり前とのこと。

飛騨高山にある大人気パン工房「TRAIN BLEU(トランブルー)」の逸品「パン・バニーユ」を味わう!

以前にもご紹介したこちらのパンですが、今回また色んな種類のパンを頂いたので、ご紹介してみたいと思います。大人気のパン工房というだけあって、休日や連休などはいつも凄い混んでいるみたいですが、通常の土曜日などはそれ程待たずに購入できるみたい。

白い紙袋に「TRAIN BLEU TAKAYAMA」の文字。シンプルでいいですね。

スポンサーリンク

まずはこちら「ピスタチオのクロワッサン / 250円」。自家製のピスタチオのクリームを巻き込んだ、香ばしいクロワッサン。生地はサクサクフワフワ。生地の中には甘いピスタチオクリームが巻き込んであるので、噛む度にピスタチオの旨味と風味が染み出してきます。これはピスタチオ好きには堪らない逸品。

こちらが「オレンジのシュネックス / 220円」。ブリオッシュ生地に、アーモンドクリームと国産のオレンジピールを巻き込んでいます。生地はしっとりと優しい味わい。すぐにオレンジの風味が口の中に広がります。オレンジの香りが強めで、これはフルーツ好きには堪らない。

こちらが「Langue de boeuf ラングドゥブッフ / 200円」。ブリオッシュ生地に有塩バターと自家製バニラシュガーをのせて焼き上げたフランスの地方菓子。口に入れた途端に、バターの風味が広がります。その後にバニラシュガーの自然な甘さ伝わってきます。フランスの地方菓子ということで、素朴な味わいが癖になります。

こちらが季節限定の「トラクレ(エスプレッソ) / 240円」。柔らかいパンに、ふわふわの生クリームと季節の特製クリームを詰めたもの。見た目も愛らしい、これはもう完全にスイーツですね。

中はこんな感じにクリームが二層になっています。それでは一口頂きます。すぐにエスプレッソコーヒーの香りと生クリームの甘みが広がります。生地はしっとりと柔らかく、エスプレッソの香りを引き立ててくれます。これはもう完全にスイーツ。それなりに甘いのですが、クドさは全くないのでペロッといけちゃいます。

今回、4種類のパンを頂きましたが、どれも本当に美味しくて甲乙つけがたい味わいでした。色んな創作アイデアも素晴らしいですが、基本となるパン生地自体が本当に美味しいんです。これまでにも色んなお店のパンを頂いてきましたが、自分の中でもベスト3に間違いなく入るお店だと思います。

こちらのパン工房「TRAIN BLEU(トランブルー)」現在販売されている東海エリアのおいしいパン屋さん全219店を紹介するグルメガイド「東海のおいしいパン屋さん」でも「超人気ベーカリー10」として真っ先に紹介されています。

パン好きならば一度は味わって欲しい」そんな素晴らしいパン工房です。(^_-)-☆

飛騨高山パン工房「TRAIN BLEU(トランブルー)」



コメントは受け付けていません。