年始から「味噌串カツ」「手羽先」「どて煮」など、名古屋めしで景気づけしてきた!^^

熱田神宮 屋台

毎年、1月5日は熱田神宮の「初えびす」という事で、今年も「商売繁盛・家内安全」をお参りさせて頂くべく、熱田神宮までご参拝に行ってきました。無事にご参拝もすんだので、熱田神宮境内で軽く一杯呑んでいくことに。

例年はえびすさんの近くで呑むことが多いのですが、今年はどこも早仕舞い。ということでもう一度境内に戻り、屋台が沢山立ち並ぶこちらの一角で呑むことに。他のお店が早仕舞いしている影響もあってか、こちらの屋台は大賑わい。

「1月5日 初えびす」にて、熱田神宮、秋葉山までご参拝に行ってきました〜

スポンサーリンク

熱田神宮 屋台

屋台の中では、所狭しと「どて煮」や「おでん」が並べられています。

熱田神宮 屋台

鉄板では串も焼かれていて、いい匂いが漂ってきます。

熱田神宮 屋台

それでは缶ビールにて乾杯!屋台には缶ビールがよく似合いますね。

熱田神宮 屋台

こちらが「串カツ」。味噌とソースが選べます。ここはもちろん味噌だれ。しっかりと煮込まれた味噌だれをたっぷりと染み込ませた串カツ。これぞ名古屋めしど定番、麦酒との相性はもちろん最高。

熱田神宮 屋台

こちらが「牛すじ」。味噌だれで煮込まれた牛すじ肉が、串に刺さっています。適度に歯ごたえもあって、こちらは熱燗との相性よさげ。

世界の山ちゃん

さて屋台で軽く呑んだ後は、お店へ移動して本格的な呑みモードへ。今回は金山駅近くにあるこちら「世界の山ちゃん」で呑むことに。昨年、創業者の会長山本重雄氏がお亡くなりになってしまい、名古屋めし好きな人々にとって大きな衝撃が走りました。哀悼の意を込めて、新年初はこちらのお店からスタートさせて頂くことに。

[今週の気になる] 手羽先「世界の山ちゃん」創業者、山本重雄氏永眠〜哀悼の意を込めて

世界の山ちゃん

メニューには”名古屋名物”の文字と山高く積まれた手羽先、これぞ世界の山ちゃん。

世界の山ちゃん

まずは生麦酒でかんぱーい!ビールジョッキーにも山本会長のイラストが。これだけで記憶に残ります。こういうアイデア、ほんと素晴らしいですよね。

世界の山ちゃん

きました「幻の手羽先(二人前)」。このネーミングのセンス。そしてお皿に高く盛られた盛り付け方。すべてが斬新でした。胡椒辛いけれども、また食べたくなる癖になる味。もちろん麦酒との相性も抜群。

世界の山ちゃん

山ちゃんサラダ」。11種類の食材が入っています。ポテトサラダがまたいい。

世界の山ちゃん

こちらもまた定番の名古屋めし「どて煮」。もちろん味噌だれ。豚ホルモンを赤味噌でじっくりと煮込んでいます。程良い食感と濃厚な旨味が堪りません。

世界の山ちゃん

そろそろ「日本酒(熱燗)」にしましょうか。熱燗にはまたどて煮がよく合います。

世界の山ちゃん

ちょっとボリュームのあるものということで「台湾焼きそば」。こちらは初めて食べたのですが、これがまた美味しかった。具材もたっぷり、ピリッと辛い台湾ミンチが入っています。台湾ラーメンの焼きそばバージョンって感じでしょうか、これ山ちゃんの新しい名物になりそうな予感。

世界の山ちゃん

ピリ辛台湾焼きそばを頂いた後は「レモンサワー」で喉を潤しますか。

世界の山ちゃん

そろそろ締めモードということで「チャーハン」。メニューにも「居酒屋のチャーハンとは思えないうまさ!」と書かれているのですが、ほんとその通り。中華料理専門店にも負けていない味付け。ご飯もパラパラ、味は濃い目ながらクドさがありません。お腹も膨れて、締めに最高。

新年早々、名古屋めしを堪能できて、よい年初めとなりました。(^_-)-☆

熱田神宮
世界の山ちゃん



コメントは受け付けていません。