ソーシャルネットワーク 観てきました。♪(^o^)丿

(以前のBlogからの抜粋記事 2011年01月25日)

先日、話題の映画「ソーシャルネットワーク」観てきました。(^o^)丿

Facebook創設者マーク・ザッカーバーグのFacebook立ち上げから会社が大きくなっていく課程を描いているのですが、次第に複雑な人間関係に挟まれ、気がついたら愛憎の渦に巻き込まれていく…というちょっと重たい展開になっています。

一様、ノンフィクション映画ということですが、あるFacebook関係者の談話では、「映画は、かなり大げさに描かれていると思います。Facebookが、ハーバード大学の中でどのように始まったかは私が知るところではありませんが、マークはあんなに変でも嫌な奴でもないと思います」とのコメントもあります。

また重要なキーパーソンであるショーンいわく「あの映画はフィクションだ。」との発言もあります。監督デヴィッド・フィンチャーは、「マーク本人以外からのインタビューを組み合わせて映画を作成した」とのコメントを述べていることからも、事実もあるかと思いますが、映画として印象づけるために多少誇張した部分もあるのかもしれませんね。

個人的には「天才って、やっぱり凡人からは理解されにくいみたいで、いろいろ大変なんだね~(>_<)」っていうのが率直な感想でしょうか。まぁ後味のよい映画、とはいえませんが、Facebookという世界的SNSの流れの一部を知る、という意味では面白い映画だと思います。)^o^(


コメントを残す