創業明治33年の老舗鶏専門店「鶏三和」の「黒胡椒手羽先」「塩麹入りしお唐揚げ」を味わう!^^

創業明治33年の老舗鶏専門店「鶏三和」。名古屋コーチンで有名な老舗鶏専門店。現在では全国各地のデパートにて販売されているので、ご存知の方も多いことでしょう。そういう自分も鶏肉が大好きということもあり、デパートへ行った際には必ずといっていいほど足を運んでいます。

数ある地鶏の中でも唯一の100%血統である名古屋コーチン。品質とブランド力の保護のため、その原種鶏は愛知県が一元管理しています。その有精卵を健康な状態でふ化できるように管理し、徹底したチェックを行ったのち、飼育場へ出荷されます。飼育から加工、販売、品質管理まで、全てを自社一貫体制で行うことにより、最高の安全と美味しさを届けることが出来ます。(鶏三和サイトより抜粋)

こちらが「黒胡椒手羽先」。名古屋の手羽先も全国的に有名になりましたが、有名な「風来坊」や「世界の山ちゃん」の手羽先とはまた一味違った味わいが楽しめます。こんな感じの立派な箱に入っています。

スポンサーリンク

大きくて立派な手羽先5本入り。黒胡椒と胡麻が、程良いバランスでかかっています。

お皿に盛りつけてみました。1本のサイズが大きくて、これは食べ応えありそう。

それでは頂きます。ちなみに手羽先のおいしい食べ方は…

1.手で食べるのが基本。まず「くの字型」の関節箇所をひねって2つにちぎります。
2.大きい身の端を手でつかみ、歯で挟んで引っ張るとスポッと身だけ抜けます。
3.残った小さい方にも皮と身が付いているので、残さず頂きます。

こちらの黒胡椒手羽先、黒胡椒がかなり効いていてスパイシーな風味。プリプリ食感の身もしっかりと付いているので、食べ応えもあります。また鶏肉にもしっかりと和風醤油ベースの下味が染みており、噛む度に旨味が染みだしてきます。これは麦酒がめちゃめちゃ合いますね。またサイズも大きく身もしっかりと付いているので、ご飯のおかずにも十分いけます。

こちらが「塩麹入りしお唐揚げ」。こちらは初めて食べるので、これまた楽しみ。

お皿に盛りつけてみました。まずは見た目が綺麗。鶏むね肉を使用し、塩麹に漬け込んで唐揚げにしてあります。いわゆる「竜田揚げ」に近い感じでしょうか。

ちなみに竜田揚げとから揚げの違いとは…

「竜田揚げ」とは、魚類・肉類(食材)を醤油やみりんなどで下味を付け、片栗粉をまぶし油で揚げた料理・調理。「から揚げ」とは、食材に何も付けず、または小麦粉、片栗粉、プレミックス(調整粉)のから揚げ粉をまぶして油で揚げた料理・調理。下味の有無は問わない。(Wikipediaより抜粋)

おおまかに考えると「片栗粉を使用した揚げ物が竜田揚げ」ということみたい。

それでは一口頂きます。カラッと揚がった鶏肉の表面はカリッ、中はほっこりという感じ。鶏むね肉なのでジューシーさにはちょっと欠けますが、その分とてもヘルシー。塩味の効いた味付けもとてもあっさりとしていて上品な味付け。これは日本酒が合いそうですね。

老舗鶏専門店「鶏三和」ちょっと久しぶりに頂きましたが、やっぱり美味しいです。名古屋の手羽先も全国的に有名になりましたが、お店によって微妙に味付けや食感が異なってくるんです。色んなお店の手羽先を食べ比べてみるのも面白いかもしれませんね。(^_-)-☆

鶏三和



コメントは受け付けていません。