おつまみに最適な「アンチョビキャベツ」簡単激旨でこりゃ堪らん!^^

こちらの「アンチョビ」先日訪れたスーパーで1缶「100円」で販売されていたので購入してきたんです。容量は少なめとはいえ(内容総量35g)100円はかなりお得感がありますよね。ちなみに原産国は「ペルー」「(株)トマトコーポレーション」という会社が輸入販売されています。

スポンサーリンク

蓋を開けるとこんな感じ。缶切りは不要なタイプなので、引っ張るだけでOK。「かたくちいわし」が原料、ひまわり油と食塩で味付け加工されています。

という事でお値打ちにアンチョビが手に入ったので、以前から作りたいと思っていた「アンチョビキャベツ」を作ってみることに。こちらのアンチョビキャベツ、当ブログでも何回かご紹介している小料理店「旬菜地酒やまみ」で頂いたのがとても美味しかったので、真似して作ってみることにしたんです。

「旬菜地酒やまみ」酒と肴に酔いしれる〜オリジナリティ溢れる逸品が味わえる名店!

まずはキャベツ(4分の1)をざく切りにして器に入れ、電子レンジでしんなりするまで温めます。キャベツのサクッとした食感を残すため、軽めに温めるようにしましょう。キャベツをアンチョビと一緒にオリーブオイルで炒めるやり方もあるようですが、今回はあえてサラダ風にしたいので、キャベツは生の食感を残すようにします。(ここポイント)

たっぷり目のオリーブオイルを鍋に入れ、そこにアンチョビと刻みニンニクを投入します。アンチョビは1缶の半分を使用、刻みニンニクは小1杯入れます。

中火で全体を混ぜながらよく炒めます。全体に軽く焦げ目が付いてきて、ニンニクの香りが充満してきたらOKです。

先程カットして温めておいたキャベツをボールに移し、その上から先のアンチョビソースを流し入れます。そして岩塩と黒胡椒で軽く味付けをし、全体をよく混ぜ合わせます。アンチョビ自体に塩味があるので、岩塩は軽くでいいと思います。味見をしながら微調整しましょう。

お皿に盛りつけて「アンチョビキャベツ」の完成です。具材はキャベツとアンチョビだけというとってもシンプルな料理ですが、これがとってもいい香りがして食欲をそそるんですよね。辛いのがお好きな方は、先のアンチョビソースに唐辛子を足すのもいいかもしれません。

それでは一口頂きます。まず口に入れた途端、ニンニクの香りとアンチョビの旨味がブワッと広がります。またキャベツの歯応えを残した食感がサラダ感覚でいいんですよね。アンチョビの塩気と旨味がしっかりと効いているので、麦酒やワインとの相性も抜群!これはおかずにもお摘みにもいけますね。

とにかく簡単でとっても美味しいので、ぜひ一度お試しあれ。(^_-)-☆

■材料:キャベツ(4分の1)、アンチョビ(缶2分の1)、刻みニンニク(小1)
■調味料:オリーブオイル、岩塩、黒胡椒(みな適量)



コメントは受け付けていません。