iPhone6sに「Anker iPhone 6 4.7インチ用 強化ガラス液晶保護フィルム」を貼り付けてみた!^^

我が家に「iPhone6sローズゴールド」が到着してから2週間以上が過ぎ、とくに不具合もなく、日々その快適さに満足度は高まるばかりです。ある程度使い込んでから総括としての感想を書いてみたいと思っていますが、やはりその「スピード」と「美しさ(外観、写真含)」では、多々あるスマホの中でも群を抜いているといってもいいんじゃないでしょうか。

こちらの「Anker iPhone 6 4.7インチ用 強化ガラス液晶保護フィルム」随分前に購入していたのですが、なかなか貼り付ける機会がなく、先日ようやくiPhone6sに貼り付けてみたので、その状況や感想を含め書いていきたいと思います。

外観はこんな感じです。モバイル機器でも有名な「Anker」から販売されています。こちらは基本iPhone 6 4.7インチ用なのですが、「3D Touch対応」との記述もあり、お値打ちだった事もあり購入してみました。

スポンサーリンク

こんな感じのしっかりとしたパッケージに梱包されています。

中には「強化ガラス液晶保護フィルム」「取扱説明書」「アルコール拭き」「マイクロファイバークロス」「ホコリ除去用シール」「気泡除去用カード」が入っています。

それでは早速液晶画面に貼り付けていきましょう。まずは手持ちの「ブロアー」にて埃を吹き飛ばします。ブロアーはカメラからスマホまで色んな場面で使えるので、一つあるととても重宝します。

「ブロアー」ダイソー百均にて、エアーで汚れを落とすブロアーを購入してみました〜

まずはiPhone6sの裏面上下に「ホコリ除去用シール」を貼り付けて、表側に「強化ガラス液晶保護フィルム」を「Back」と書かれた方を下にして乗せます。この時のガラスフィルムの位置が、最終的に貼り付ける位置となるので、慎重に調整して乗せましょう。液晶画面に乗せ終えたら、先のホコリ除去用シールを前面に持ってきて固定します。

もう一枚の「ホコリ除去用シール」を左端中央に貼り付けて、こんな感じに手前に開きます。そうしましたら「アルコール拭き」を使って、画面を綺麗にします。この時、一緒にブロアーも使うようにしましょう。

「強化ガラス液晶保護フィルム」裏側についたフィルムを「Back」と書かれたタグから剥がして、液晶側に戻していきます。この時に気泡が残った場合には「マイクロファイバークロス」や「気泡除去用カード」を上手に使って気泡を取り除いていきましょう。ガラスフィルムなので、気泡は結構簡単に取り除けます。

「ホコリ除去用シール」を取り外し完成です!どうでしょう、なかなか綺麗に貼り付ける事が出来ました。

電源を入れてみました。iPhone 6 4.7インチ用とありますが違和感は感じません。

こちらを購入された方のコメントを拝見すると「四つ角が2,3mm浮いている」とコメントされている方もみえるみたいですが、自分の場合にはそんな事もなく綺麗に収まりました。(横から見ると浮いてみえますが、これはガラスフィルムの厚みです)たしかに前面サイズよりは小さめなので、液晶画面を覆うにはギリギリです。それでも上手に貼り付ければ、ほぼ液晶画面全体(黒画面)を覆えると思います。

こちら「3D Touch」も試してみましたが、何ら問題なく利用出来ます。指触りも非常にスムーズで、ガラスフィルム無しの時と操作感は殆ど変わりません。また透過率も高く、とても見やすいです。

iPhone6s前面を縁まで綺麗に覆いたいという方には向いていない商品かもしれませんが、液晶画面部分を保護できれば充分という方には、悪くない商品だと思います。タッチ時の反応もいいですし透過率も高いので、自分はとても気に入りました。コスパもなかなか良いのではないでしょうか。

Anker iPhone 6 4.7インチ用 強化ガラス液晶保護フィルム」これで増々iPhone6s活用が捗りそうです!(^_-)-☆

Anker


コメントは受け付けていません。