三つ巴の「定額制音楽聴き放題サービス」いったいどのサービスを選ぶべきか?検証!^^

Apple Music」「AWA」「LINE MUSIC」まさに三つ巴状態の定額制音楽聴き放題サービス。無料お試し期間もそろそろ各社終了になり、「どのサービスを有料利用しようか?」とお悩みの方も多い事でしょう。

そんな自分も各社サービス開始当初から「無料お試し」を開始し、「AWA」と「LINE MUSIC」は既に無料期間が終了してしまいました。という事で自分の利用環境や希望に一番合った「定額制音楽聴き放題サービス」はどれなのか?検証してみたいと思います。

まずこちらが「Apple Music」のWebサイト。現在、自分も3ヶ月の無料トライアル中です。まず結論から申し上げますと、自分の場合には最終的にこちらの「Apple Music」を選択する事にしました。上記3つのサービスをそれぞれに利用してみて、色々と比較した上で自分の利用環境や希望に一番合ったサービスであったからです。

まずはそれぞれのサービスでの「利用可◯」「利用可能ながら制限あり△」「利用不可☓」をチェックしながら検討してみたいと思います。(Apple Music=AM、AWA=AW、LINE MUSIC=LMと略して記載。状況は随時変化する可能性あり)

まずは「自分が選ぶ時に外せない項目」から上げてみますと…

1. PCとスマホ両方で利用出来る(AM◯、AW☓、LM◯)
2. オフライン環境で利用できる[制限なし](AM◯、AW◯、LM△)
3. 洋楽の楽曲数が圧倒的に豊富である(AM◯、AW☓、LM☓)

この3条件を全て満たしているのが、現時点でApple Musicだけなのです。自分の場合には、PCで作業しながら音楽を流している事が多いので「1」はまず必須。そしてせっかく音楽聴き放題なのだから外でも音楽を聴きたいという事で「2」も重要項目に。そして「3」は完全に自分の好みでもあるのですが、この点でもApple Musicは圧倒的に有利でした。

スポンサーリンク

こちらが自分のiTunes、既にこんな感じに沢山のアルバムを「プレイリスト」に登録しています。Apple Musicの凄いところは「洋楽の楽曲数が圧倒的に豊富である」というところ。「えっこんな曲まであるの?」っていう楽曲まで見つかるんですよね。

例えばこちらで開いている「STARZ スターズ」というバンド。70年代半ばに登場、あのキッスやエアロスミスをプロデュースしたジャック・ダグラスがプロデュースしてデビューした米国のハードロックバンド。このバンド音源をずっと探していたのですが、なかなか見つからなかったんですよね。(中古価格でも高値が付いているほど)それがApple Musicに音源があるじゃないですか!驚きましたよ。(ΦωΦ)それに今聴いても格好いいんです。いいバンドなのに、なんで消えてしまったんだろう…。

そしてその右側のアルバムが「ANGEL エンジェル」。こちらも70年代半ばに登場。グラムロックの影響を感じさせる風貌、音もメロハーな魅力が一杯です。ローリー寺西とかも影響を受けているみたい。このバンドも人知れず消えてしまいました…。

そして極めつけが左下に見える「New England ニューイングランド」。1979年にデビューした米国のバンド。KISSのポール・スタンレーがプロデューサーとして参加したデビュー・アルバム「失われし魂 Don’t Ever Wanna Lose Ya」がこちら。このアルバム、凄くクオリティーが高くて素晴らしいんです。メロハー好きの方なら絶対気に入ると思います。ちなみにその後、キーボードとベースのメンバーは、あの「Alcatrazz アルカトラス」に参加する事になります。

という事で長々と書いてしまいましたが、洋楽に関してはかなりマニアックな音源までもが揃っています。洋楽好きな方ならば、もう「Apple Music」一択にしてもいいんじゃないでしょうか。

こちらは「AWA」アプリサイト。こちらは先日「無料お試し期間」が終了してしまいました。AWAの場合には、洋楽と邦楽のバランスがいいんですよね。「洋楽と邦楽半々のバランスで聴きたい」という方に、とくにお薦め出来るサービス。

こちらもオフライン環境に対応しましたし、価格も「スタンダード 月960円」とお値打ちになりました。FREEでも「月60分間」試聴出来るのはいいですね。これでPC(Webサイト)にも対応してくれていたのなら選択肢に入ったかもしれないのですが、PCメインで聴きたい自分としては外すという選択になりました。

こちらは「LINE MUSIC」。こちらも少し前に無料お試し期間が終了してしまいました。こちらはWebサイトですが、PC(Webサイト)から聴くことも出来ます。FREEでは「楽曲30秒間のみ試聴」となります。またLINE MUSICは「邦楽がとても充実している」イメージを持ちました。邦楽中心で音楽を聴きたい方は、こちらのサービスがいいかもしれませんね。

アプリを開きますと、「さらに30日間無料キャンペーン」との文字が登場しました。30日分の料金で60日間使用出来るみたいです。こちらLINE MUSICの大きな特徴は「チケット制」というもので、自分の使いたい時間だけをチケットで購入して使用する事が出来ます。「毎日は聴かないけど、旅先などでたまに使用したい」という方にとっては、とてもいいサービスですね。

という事で、三つ巴の「定額制音楽聴き放題サービス」いったいどのサービスを選ぶべきか?検証してきましたが、いかがだったでしょうか。こちらの内容に関してですが、あくまでも自分の利用環境や希望に一番合ったサービスを選んだという事で、決してどのサービスが一番という優劣を付けたものではありませんので、悪しからず。

何かしら皆様のご参考になれば幸いです。(^_-)-☆

Apple Music
AWA
LINE MUSIC

コメントは受け付けていません。