「道の駅 にしお岡ノ山」愛知県西尾市にある道の駅に立ち寄ってきた〜

先日、愛知県西尾市一色町にある鰻屋「うなぎの兼光」にて、そちらで養殖されている新鮮な絶品鰻を堪能してきた訳ですが、そこから名古屋方面に向かった場所にある「道の駅 にしお岡ノ山」にもお邪魔してきました。

三河一色産の鰻を大人気店「うなぎの兼光」で喰らう!^^

場所は「西尾市小島町岡ノ山」という地名にあります。名古屋方面から向かった場合には、岡崎バイパス小島江原IC出口から直接流入できます。下り線(名古屋方面行)の場合には、県道を通って入ることになります。(詳しくは「道の駅 にしお岡ノ山」アクセスをご覧下さい)

前には広い駐車場があり、大きなトイレなども完備。向かって左側の建物が「道の駅 にしお岡ノ山」になります。

スポンサーリンク

こちらが施設入り口付近です。本当は外の荷台にも野菜などが沢山販売されているバズなのですが、帰り道に立ち寄った事もありもう既に16:30を過ぎていたんです。さすがに外の販売はもう終了といった感じになっていました。

それでもまだ中ではこのように「野菜」の販売がされていたので、幾つかの野菜を購入してきました。手前の茄子も購入しましたが、1袋に大きいのが4本程入っていて、なんと「100円」。新鮮でとても美味しかったです。最近はとくに野菜が高めなので、ほんとこういうのは有り難いですよね。

その他にも「子供ピーマン」「葱」「ししとう」なども購入。「葱」は2束大きのが入って80円。「子供ピーマン」も1袋80円。「ししとう」は1袋100円でした。ちょっと面白かったのが、子供ピーマンの袋を見ると、そこには「きゅうり」との表記がw。きっと生産者の方がシールを貼り間違えたのでしょうが、こういうのって如何にも手作りらしくて微笑ましかったです。どれも新鮮シャキシャキで美味しかったです。(こちらみな写真を撮るのを忘れて既に食べてしまいましたw)

道の駅の入り口にはこうして販売店があり、色んな食べ物が売られています。「抹茶アイスクリーム」がとても美味しそうだったのですが、ここまでに色々と食べてきた後だったので、さすがに断念。また今度立ち寄る機会があったなら、もう少し早めに立ち寄って色々と味わってみたいですね。

また道の駅の中には、野菜などの地元産直品の他にも、お抹茶などの特産品も販売されています。また売店や焼きたてパンのコーナーも。そして「いっぷく亭」というお食事処もあります。自分達が到着した時には、もうこちらのお店は閉まっていたのですが、「一色産うなぎ丼」や「三河産豚肉 生姜焼き定食」なども頂けるみたいです。今度はこちらで食事もしてみたいです。

こちらが購入してきた「ししとう」をコンロで焼いた「ししとう焼き」です。岩塩を振りかけて焼いただけのシンプルなもの。この量で1袋の半分なので、結構入っていますよね。半分という事はこれで50円、いやいや道の駅素晴らしい!生姜醤油につけて頂きます。

口の中に入れると、すぐにししとう独特のちょっと苦い風味が、ぶわっと広がります。やはり新鮮なだけあって、香りが強くてとても美味しいです。たまにとっても辛いのがあったりして、それもまた楽しいです。これは麦酒のおつまみに最高!ほんと手が止まらなくなりました。

道の駅 にしお岡ノ山」岡崎バイパス沿いにあるので、名古屋からお越しの方は立ち寄りやすい道の駅。野菜などの地元産直品も沢山の種類が販売されているので、ちょっと休憩のついでに立ち寄ってみるもいいかもしれません。今度また立ち寄る機会があったなら、もう少し早めに立ち寄って色々と味わってみたいと思います。(^_-)-☆

道の駅 にしお岡ノ山

コメントは受け付けていません。