CASE LOGIC「サイズ、収納性、デザイン、価格」と全てが揃ったバックパックをやっと見つけた!^^

自分は自転車に乗っての移動が多いので、普段から「バックパック」は欠かせないアイテム。夏場はちょっと暑いので斜めがけバックが多いですが、荷物が多い時などにはやはりバックパックが便利なんですよね。何といっても両手が使えるし、ちょっと重たい荷物でも背中に背負えばそんなに苦にならないんです。

という事でこれまで長年使用してきたバックパックが随分ヘタれてきたので(NIKE製)気に入ったバックパックをずっと探していたんです。でもなかなか自分の気に入った物って見つからないんですよねー。自分はブランドには拘らないので、とにかく「サイズ、収納性、デザイン、価格」の4拍子が揃ったものを探していたんです。

そしてやっとネットにて自分の好みのデイパックを見つける事が出来ました!という事でご紹介してみたいと思います。こちらのバックパックは「CASE LOGIC」という名前のメーカーのバックパック。米国USAの企業みたいですが、自分も知りませんでした。欧米で絶大な支持を誇るアメリカ生まれのブランドとのこと。価格もお値打ちながら、とても素晴らしい作りとデザインなんです。

こちらが全体を正面から見たところ。ブラックを基調にしており、ポリエステル素材、見るからに頑丈な作りに仕上がっています。所々に「赤」をポイントカラーにあしらっており、デザインも秀逸です。

サイズは「幅16x横34x縦43.9cm」重量「576g」となっています。バックパック自体も軽いので、とても扱いやすいです。またサイズ感が自分にとっては調度良いサイズで、これもこのバックパックを選んだ大きな要素の1つです。(普段使いしたかったので、大きすぎるのはパス)

スポンサーリンク

裏側はこんな感じ。バックパックのショルダーストラップ部分もクッション性に優れていて、背負いやすい構造になっています。またストラップ下が巻き取り式になっていて、ベルクロで収納出来るようになっています。ここでも「赤」を上手に使っていてお洒落。

そして何よりも気に入ったのが「収納箇所の多さ」です。前面、サイド、中にも幾つもの小分けされた収納口があり、個々にチャックなども付いています。こちらは前面の一番手前の収納口。チャックを開けるとこんな感じになっています。

チャックの開閉もとてもスムーズ。中は手前に「ポケット2つ」と「ペン差し3つ」があり、その手前にも物が入ります。また奥にはチャックの付いた深めのポケットも。こちらも「赤」がポイントになっています。

その上にももう1つチャックの付いたポケットがあります。こちらは浅めのポケットですが、一番上にあるので日常使う物を入れておくと取り出しやすくて重宝しそうです。こちらも「赤」がポイントに。

そして左右のサイド側にも、チャックの付いたポケットがあります。このサイズのバックパックにしては本当に収納口が多くて、まさに自分の理想的な形、いやいや素晴らしいです。ちょっとした小物や鍵などを入れておくと、背負ったまま取り出せて便利に使えそうです。

こちらがメインの一番大きな収納口です。チャックも両サイドに開きます。「13~15インチのMacBook, MacBook Pro対応」と記載してあるだけあって、背中側のクッションにそのままノートパソコンやiPadなどを入れて持ち運ぶ事が出来ます。インナーにはちゃんとしたクッション素材が使われているので、耐久性も安心です。

手前側にノートパソコンやタブレットを入れても、中央にまだまだアイテムが色々と入りそうです。普段使いの「持ち物」から「ミラーレス一眼」などもこちらに入れて持ち歩きたいと思っています。どんな感じで収納出来るのか、どのくらい入りそうなのかは、また次回色々と試してみたいと思っています。

こちらがショルダーのストラップ部分。サイズを調整した後には、ベルクロで巻取り収納が出来る仕様になっています。ここにワンポイントで赤を持ってくるのも、なかなか素晴らしいではないですか。

こちらがストラップをベルクロから外してみたところ。まずは適当なところで長めにストラップを引っ張り出しておきます。左右とも同程度の長さにストラップを伸ばしたまま、一度バックパックを背負います。そこで程良い長さにストラップを再調整。余ったストラップは、くるくると手前に巻き取っていき、ベルクロで巻いてやれば調整完了です。

「CASE LOGIC」バックパック、実物を見てみて、増々気に入りました!まさに「サイズ、収納性、デザイン、価格」と4拍子揃っています。この質感と機能性ながら、Amazonでの現価格「3.536円(税送料込)」は本当に驚きです。

次回は、実際に自分の愛用している「持ち物」や「ガジェット」類をこちらのバックパックに入れてみて、どんな感じに収納が出来るのか?色々と試していきたいと思います。(^_-)-☆

CASE LOGIC

↓続きはこちらから。↓
「サイズ、収納性、デザイン、価格」と全てが揃ったバックパックをやっと見つけた〜ガジェット収納編!


コメントは受け付けていません。